秋は体が冷えやすい!冷えに負けない体にするコツ

猛暑から解放され、ようやく過ごしやすい季節になりましたね♡ しかし秋になると、そろそろ気になり始めるのが体の冷え。 本格的な冬の訪れはまだまだ先ですが、夏の過ごし方次第では、じつは秋も体が冷えやすくなっているんです。 体の冷えに無自覚な秋こそ、じつは気をつけていただきたい季節です!

夏に多い「内臓冷え」は夏の置き土産!?



「疲れがとれない」「なんとなくだるい」と感じていらっしゃる方、その原因は「内臓冷え」かもしれません☆


夏のあいだに冷たい飲み物や食べ物を摂り過ぎてしまうと、内臓が直接冷やされ、これが胃腸などの不調を招く原因に。


腸が冷えると消化機能が低下し、便秘や下痢を引き起こします。
また、体の内側から冷えるため代謝や血行が悪くなり、肩こりやだるさ、むくみなどの原因にもなってしまいます。


夏は暑さのため、ついついファッションも肌を露出しがちですよね。
これも、秋に感じる体の不調の一因となっています!


「内臓冷え」には“あったか効果”で対策を



冷たい飲食物で冷えてしまった体には、体を温める飲食物がイチバンです♪
スープやココアといった温かい飲み物をはじめ、ショウガやニンニクなど体を温める食べ物も積極的に摂取すると良いですね。


また血行を促進するために、夜はゆっくりお風呂に浸かってリラックスしましょう。
体の深部体温を上げてくれるお風呂は、冷え性さんの強い味方です。


美容に良いと言われる炭酸風呂も、血行促進にはオススメ♡
お風呂上りには、ストレッチも忘れずに行いましょう。


体が温まっているお風呂上がりなら、ストレッチ効果も抜群です!


これから始まる「末端冷え」



冬の寒さとともに始まるのが、「末端冷え」です。

手先や足先が冷たくなって、ツライんですよね。


この「末端冷え」の一番の原因は、筋肉量が不足していること。
筋肉はそれ自体が熱を生み出しますし、心臓とともに血液を全身に運ぶ役割も果たしています♪


熱や栄養を運ぶ血液は、心臓から遠い体の末端部分ほど届きにくくなりますが、これを補うのが筋肉。
男性より女性の方が冷え性で悩む方が多いのも、一般的に女性の方が筋肉量が少ないためなんです☆


「末端冷え」は秋から対策を!



「末端冷え」がツラくなるのは冬ですが、対策は秋のうちから始めましょう。

本格的な冬が訪れる前に、冷えに負けない体を作っておきたいものですね♡


筋肉量の不足による「末端冷え」には、やはり運動がオススメです。
とくに心臓から一番遠い足の指先までしっかり血液を届けるためには、ふくらはぎの筋肉を鍛えることが重要です。


お手軽なふくらはぎのエクササイズとしては、かかとの上げ下げがイチバン☆
道具なども不要ですし、自宅でもオフィスでも空いた時間にいつでもできる、とっても手軽なエクササイズです。


せっかく筋肉を鍛えても、肝心の血液がドロドロでは効果も半減してしまいます。
玉ねぎや青魚など、血液サラサラ効果のある食材を摂取するのも大切です♪



一般的に、冷え性の人の血管は硬くなっていると言われます。

それってつまり、血管が老化しているということ。


血管の老化、イヤな言葉ですよね。
健康だけでなく美容にも悪影響を及ぼす「体の冷え」、この機会にぜひ克服してください!

関連記事

Writer : mio さん
温泉とカフェをこよなく愛する主婦。エステやスキンケアも大好きです

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly
--