簡単にできる♡”パッツン”フレンチネイル、基本の塗り方テクニック

フレンチネイルは、女性からも男性からも人気の王道ネイルですよね。今回ご紹介したいのは、フレンチネイルの中でも"パッツン"フレンチネイル♪どんなデザインか気になりますよね。そんなパッツンフレンチネイルも、自宅で簡単にセルフネイルできるんです♡セルフで簡単&きれいに仕上げるテクニックをご紹介しましょう。

パッツンフレンチネイルってどんなデザイン?



パッツンフレンチネイルとは、画像のように爪の先端部分を一直線に違うカラーにするデザインのこと。


10本の爪全てを同じラインで揃えるのは難しく、きれいなパッツンフレンチネイルを作るには技術が必要です。 プロのネイリストさんでも、完璧に作れるようになるために、かなりの練習をするようですよ。


そんな、シンプルなのに美しいパッツンフレンチネイルをセルフで簡単&きれいにつくるテクニックがあるんです。


セルフで簡単にパッツンフレンチネイルを作るテクニックとは?



簡単にパッツンフレンチネイルを作るために、マスキングテープを使います。


マスキングテープを使えば、ラインがガタガタにならず、ラインをきれいに揃えることができるんです♡ それでは、マスキングテープを使った基本テクニックをご紹介しましょう。


<基本テクニック>

1. ベースカラーを塗ります。


2. マスキングテープを用意し、手の甲などに一度貼って粘着力を少し落としておきましょう。


3. 爪先だけ残すようにマスキングテープを貼ります。

この時、マスキングテープはよれたり隙間ができたりしていてはきれいなフレンチにはなりません。爪の両脇までピシッときれに貼りましょう。


4. マスキングテープを貼らずに残した爪先に、ポリッシュを塗ります。


5. マスキングテープを剥がしたら完成!


マネしたい!セルフでできるパッツンフレンチネイル実例


パッツンフレンチネイルも、マスキングテープを使えば簡単にセルフネイルできることが分かりましたよね。 では、さっそく試してみましょう!参考になるデザインをご紹介します。



ベースはクリア、爪先だけにカラーをオン。 薬指のみシルバーラメのフレンチネイルにし、ストーンもプラスすることでアクセントになっています。


清潔感のあるパッツンフレンチネイルですね。



ダークなコーデが増える秋から冬にマネしたいのがこちらのデザイン。


パープル×シルバーは、大人らしいおしゃれな組み合わせ♡

パープル一色よりも断然おしゃれ度がアップするので、おすすめですよ。



柔らかい女性らしいトーンが好きな方は、こちらのパッツンフレンチネイルはいかがですか?


ベージュやピンクはもう飽き気味…そんな方もいるかもしれません。こちらのように柔らかいグレー×ゴールドでも、女性らしいニュアンスを作ることができますよ♡



大人っぽい指先に仕上がるカラーと言えばネイビー。

抜け感もプラスしながらネイビーを使いたいなら、パッツンフレンチネイルがピッタリです。


全ての指には使わず、シルバーラメも組み合わせてランダムに取り入れましょう♡



ミラーネイルも同じく、爪の全面に使うにはインパクトが強すぎますよね。


柔らかいダスティピンクと組み合わせることで垢抜けた印象になりますよ♡

この組み合わせ、好きな方も多いのでは?



グレージュ×オフホワイトの上品パッツンフレンチ。


マスキングテープを使って挑戦しても、ライン部分が多少よれることもあります。

そんな時は、こちらのようにカラーが切り替わる部分にラメでラインを引いたり、ストーンを並べることでごまかすというテクも♡



いかがでしょうか?パッツンフレンチネイルを試したことはあるけど、きれいにできなかったという方。マスキングテープを使えば簡単&きれいに仕上げることができますよ。カラーの組み合わせなど、マンネリ化していたという方もデザインを参考にしてみて下さいね♡

関連記事

Writer : seshika さん
コスメとヘアアレンジ、インテリア雑貨が大好きな3児のママです♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking