CMでよく見るスマートスピーカー。あれってどこが便利なの?

最近テレビCMなどでもよく見聞きする話題の「スマートスピーカー」。どうやら話しかけることで色々なことがみたいだけど、実際のところ活用していく方法がいまいちよくわからないという声も。そこで今回は、スマートスピーカーについて徹底解説していきたいと思います。

スマートスピーカーとは?



スマートスピーカー(AIスピーカー)とは、音声操作に対応したAIアシスタントを利用することができるスピーカーです。


天気予報やニュースを聞いたり、音楽や映画の再生や家電の操作などができ、日常生活をより便利に効率よくしてくれるとして普及率も上がってきています。


「Amazon Echo」「Google Home」「Line Clova」が相次いで発売され、普及率もどんどん上がってきています。


どう便利なの?



iPhoneやスマートフォンでのAIアシスタント機能を使用したことがあるという方も少なくはないはず。だけど実際活用しているかと聞かれると、あまりそうでもないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。


こうなるとスマートスピーカーは日常生活に浸透させることはできるのかという心配がありますよね。スマートスピーカーの便利な点を見ていきたいと思います。


スマホを見る時間が減る


話しかけるだけで天気予報やニュース、気になることを調べたり、メモやスケジュールの管理、音楽や映画の再々をしてくれるスマートスピーカー。


それらをスマートフォンを使って管理しているという場合は、まずスマホのロックを解除し検索画面やアプリを開いてテキストを入力するなどと必要なアクションが多いですが、それを口頭で伝えるだけで良いというのは思っている以上に便利で楽なもの。


スマートスピーカーユーザーはスマートフォンの利用頻度が減っているという調査結果があるようです。


料理中やPCをタイピングしているときなど手が離せないときにも便利ですし、家事や仕事の効率化にも繋がりますよね。


リモコンとしても使える


接続や設定が必要ですが、スマートスピーカーは対応している家電の操作をすることも可能です。


スマートスピーカーに対応していない家電であっても、専用の製品を仲介することでスマート家電としてスマートスピーカーと連動させることも◎


※ Line のClova WAVEは赤外線家電操作機能が付属しています。


各スマートスピーカーを比較



Amazon Echoでできること


Amazon Echoに搭載されたAIアシスタント「Alexa(アレクサ)」では、価格と用途に合わせて機種を選択することができます。


スマートスピーカーは音楽の再生や天気予報、ニュース、タイマー機能など聞きたいことやしてほしいことを伝えると対応をしてくれるという共通点がありますが、「スキル」と呼ばれるアプリを使ってでできることを増やしていくことが可能です。


スマートフォンと同じですよね。


Amazon Echoは他社製品と比べて拡張機能が多いということが強みの1つのようです。


Google Homeでできること


AIにGoogleアシスタントを搭載した「Google Home」。

Googleの検索技術やWEBサービスと連携しており、なによりも日本語認識性能が高いという点で優っているのがGoogle Homeです。


普段からなじみ深いYouTubeやGメール、Google カレンダーやKeepなどのWEBサービスと、androidOS、Googleピクセル端末で補間できるサービスがあるというのも魅力的ですね。


Line Clovaでできること


Line Clovaには「Clova WAVE」と「「Clova Friends」、そして「Clova Friends mini」という3つのデバイスがあります。


なんといってもその強みはLINEとの連携ではないでしょうか。 メッセージの送受信や読み上げ、Clova FriendsではLINEの無料通話の受発信ができるので、まだスマホを持てないお子さんがいらっしゃるという方も利用しやすいです。


またClova WAVEは赤外線リモコン操作が搭載されているので、専用の製品を用意しなくても家電の操作が可能というところも嬉しいポイントですね。



いかがでしたでしょうか?どんどん普及率が上がってきているスマートスピーカー。今後どんどん機能が追加されていき進化を遂げるであろうスマートスピーカーが生活に欠かせない家電になっているのもそう遠くはないかもしれません。

関連記事

Writer : yoyo さん
元ネイリストの主婦です♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking