【2018秋】プチプラのケイトがオトナ女子向けに♡ケイト新作アイシャドウ全色レビュー

ケイトのアイシャドウってギラギララメで、若い子向け…という印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか?2018秋のケイトの新作のアイシャドウ、「ヴィンテージモードアイズ」は、上品なラメや上質な粉質から、大人女子に人気なんですよ!今話題のプチプラアイシャドウを、全色レビューしてみました。あなたにぴったりのアイシャドウを見つけてみてくださいね!

2018秋 ケイトが提案する囲み目アイメイク



<商品>

ケイト ヴィンテージモードアイズ /1,200円 (税抜・編集部調べ)


魅惑的囲み目アイメイクが作れる素敵なアイシャドウ。

それは、ケイトの「ヴィンテージモードアイズ」。マットな質感のアイシャドウで、全5種のラインナップです。


ケイトというと、ギラッとしたラメで若い子向け…と思う方も多いかもしれません。

しかし、このヴィンテージモードアイズは、上品な程よいラメ感、まぶたにしっかりフィットする粉質、自然にでか目に見せてくれる色合い、発色の良さから、若い方だけでなく、20代後半以上の女性でも人気を呼んでいます。


その証拠に、口コミサイトでも高評価を獲得。この2018秋で注目したいプチプラアイシャドウです。

特に、イエベさん向けのカラーが多いので、イエベさんは注目してみてください。


プチプラなので、お好みのカラーを選ぶのも良し、新しくチャレンジしてみたいカラーを選んでも、アイメイクを楽しむことができます。


全5色を詳しくご紹介!


ヴィンテージモードアイズ

簡単に囲み目アイメイクが作れ、粉質も絶妙なことから人気を呼んでいる、ヴィンテージモードアイズ。

それぞれの色を詳しくご紹介してきます。


●RD-1


RD-1

くすんだようなピンク系レッド。

真ん中のアクセントカラーを使わないと、ナチュラルなアイメイクが完成します。

アクセントカラーは、じゅわっとしたような血色のピンク系レッド。

肌に馴染みやすいので、赤っぽいアイシャドウを避けていた人にも挑戦してもらいたい、色合いです。


誰にでも似合う色合いですが、特にイエベの方におすすめ。

イエベ春やイエベ秋の方に人気のようですよ。


●BR-1


BR-1

王道のブラウン。

オレンジゴールドがアクセントカラーとなっています。


アクセントカラー無しだと、自然なでか目が作れるグラデーションアイが作れます。

アクセントカラーを乗せると、秋っぽいオレンジベージュメイクが完成します。


こちらも特に、イエベの方におすすめ。イエベ春やイエベ秋の方に人気です。


●BR-2


BR-2

先ほどのBR-1よりトーンが明るい、ブラウンのアイシャドウ。

ナチュラルに仕上がるので、オフィスメイクにもぴったりなアイシャドウです。


ゴールドよりのアクセントカラーですが、程よい細かめのラメなので、ギラギラしすぎません。

涙袋に入れてもよし、まぶたの中央に入れてもよし、囲み目に使用してもよし。

色をあまり強調したくない、ナチュラルに仕上げたい方におすすめです。


こちらもイエベの方におすすめカラーです。


●PU-1


PU-1

こちらは、今流行りのモーヴカラーアイシャドウ。

モーヴカラーとは、薄く灰色がかった紫色のことで、この秋冬トレンドになると言われている色味です。


このアイシャドウもモーヴカラーの色味ですが、かなりグレーがかっているので、スモーキーなアイメイクが完成します。

パープルのラメが入っているので、グレーよりでも重くなりすぎずに、大人っぽいアイメイクが完成します。


こちらはブルベの方におすすめ。似合う似合わないが別れるカラーなので、事前にテスターなどでお試しできるといいですね。


●BU-1


BU-1

発色の良いブルー。

アクセントカラー無しだと、オフィスでもOKな涼しげ目元に。

アクセントカラーは、鮮やかなターコイズブルーに発色します。

パレットの色そのままに発色しますが、透け感もあるので、派手になりすぎません。


ほんのり上まぶたに載せてもOK、下まぶた1/3にアクセントとして載せてもOK、囲み目にしてもOK。どんなメイクでも楽しむことができます。


こちらはブルベの方はもちろん、似合うブルーを探すのが大変なイエベの方にもおすすめです。



いかがでしたでしょうか?

ケイトのアイシャドウは若い子向け…と避けていた方でも、試したくなる優秀アイシャドウ。

ヴィンテージモードアイズで、魅惑的な目元が似合う印象に残る女性になりましょう!ぜひ参考にしてみてください♡

関連記事

Writer : tamana さん
好奇心旺盛なフリーライターです♪♪
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly