秋にぴったりの"こっくりカラー"テラコッタメイクでおしゃれ顔に♡

今年の秋はふんわり柔らか、こっくり深みのあるテラコッタカラーメイクが人気らしい♡テラコッタって一体何色?使えばどんな雰囲気に仕上がるの?今年の秋のトレンドカラーを使ったメイク法を一足先にお勉強しましょう♪

テラコッタカラーって何色?



秋になると、コスメ雑誌だけでなく、ファッション雑誌にもよく踊る「テラコッタ」の文字。

そもそもテラコッタとはどんな色なのでしょうか?


テラコッタとはイタリア語で「土を焼いた」という意味があります。

陶芸用の素焼きの植木鉢やレンガをご覧になったことおありでしょうか?オレンジ色、朱色、茶色が混ざったような温かみのある色です。


あれこそ「テラコッタカラー」。

山の葉が紅葉し、全体的にオレンジから茶色に変わっていく秋の時期には、この自然体のテラコッタカラーがよく似合います。


テラコッタカラーで旬の顔になる♡その魅力とは?



1.ナチュラルで温かい雰囲気に仕上がる

ここ数年のトレンドはいかにも化粧をしている厚化粧風ではなく、素肌美人、すっぴん美人といったナチュラルテイストです。


夏はアクセントカラーになるカラーメイクが流行りますが、秋は肌の色に溶け込むテラコッタカラーで自然体に仕上げましょう。


2.血色を良く見せられる

暖色系のテラコッタカラーを目元、頬、リップに入れると、血色のいい健康的な顔色になります。


3.目元に立体感を出し、奥行きを出せる

肌色に近いテラコッタカラーを重ね塗りでグラデーションを作ったり、色の近いブラウンを合わせることで、目元に奥行がでて大きく見せることが出来ます。


4.ツヤ感をだしてちょっぴり色気をプラス

パステルカラーはふんわり感、ビビットカラーは快活感を表現するとすれば、テラコッタカラーは落ち着いた影のある女性の感じを表現できます。


こっくり深い、落ち着いた大人なカラーに、ブラウンやワインレッドなど秋カラーをプラスすればアンニュイでちょっと色気のある雰囲気にも。


テラコッタカラーを取り入れたメイク法


※写真はイメージです


ここからはテラコッタカラーを使ったメイク法の例を一つご紹介します。

使用するコスメはこちらの4つ。


●テラコッタカラーのアイシャドウ

●バーガンディーカラーのアイシャドウ

●オレンジカラーチーク

●バーガンディーリップ


1.アイメイク

テラコッタカラーのアイシャドウを上まぶた全体に指の腹を使ってのせ、ポンポンと伸ばしていきます。目尻はくの字になるようテラコッタアイシャドウを入れて下さい。


奥行きを出したい際はバーガンディーを目尻に入れて境目をぼかします。肌馴染みが良いのでブラウン以外試したことがないという慎重派の方も大丈夫。


2.チーク

オレンジカラーのチークをさりげなく入れましょう。ポンポンと頬を強調するようなチークはNG。今回はフェミニンで甘い感じは封印しましょう。


大き目のブラシで頬骨から目の下、耳元までシャープにチークを入れていきます。


3.リップ

リップは秋カラーの定番バーガンディーがいいかも♡

ワインレッドのような深みのある色で大人の魅力を引き出しましょう。



いつも快活で明るく、カラフルな雰囲気を身にまとっていますか?今年の秋はしっとり大人の魅力を引き出すメイクをして、生まれ変わったあなたを表現してみましょう。温かさと柔らかさ、素朴さを兼ね備えたテラコッタカラーと、色気を放つワインレッドやバーガンディーカラーの組み合わせは最強です。親しみのある色合いに、ちょっぴりスパイスを入れた、この秋の垢抜けメイクで流行を先取りしちゃいましょう♡

関連記事

Writer : moli さん
海外と日本を行き来する生活中の主婦です。海外旅行に行けば必ず現地のマッサージを体験します♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking