秋らしさ感じる♪深みカラーのお洋服にも合うヘアカラー特集

秋と言えばこっくり深いカラーの洋服が流行ります。ワインレッドやカーキ、インディゴ、ショコラブラウンなど。洋服は旬を先取りしておちついた色をチョイスしたのに、ヘアカラーはまだ夏のまま?おしゃれ女子ならファッションとヘアカラーも併せるくらい徹底しないと!今回は秋に似合うヘアカラーをご紹介します。

秋に取り入れたいヘアカラーとファッションカラーは?


秋になると落ち着いたダークカラー、寒色系(アッシュ、ブルー、グリーン)などをベースにしたカラーが流行します。

寒色系は暖色系の髪色に合わせることで、お互いの良さを引き出すことが出来ます。


寒色系の魅力…艶、透明感がでる。髪の赤みを消して上品さが増す
暖色系の魅力…柔らかさ、温かさがでる。女性らしさが演出できる


この二つのカラーを合わせることで明るすぎず落ち着いた雰囲気を残しつつ、重くなりすぎないフェミニンな雰囲気も表現できます。

このヘアカラーに合わせたいのが2018年トレンドカラーの洋服です。


今年秋のファッショントレンドカラーはインディゴグレーローズゴールドペールカラーなど。

秋にぴったりなしっとりこっくりヘアカラーをご紹介しましょう。


ブルーベースでクール美人に


透明感、艶感を併せ持つ、大人っぽい女性を演出したいならブルーがおすすめ。

ブルーベースに仕上げると真っ黒とは違い、光が当たるとツヤっぽく輝きます。

会社や学校でも染めやすいカラーです。


ロングヘアーでも重くなりすぎず、知的でクールな女性のようになれます。

ブルー、またブルーにベージュを合わせたブルージュは、グレーの洋服と合わせると上品さが増しますよ。


カーキベースで艶のある優しい雰囲気に


赤の反対色である緑をヘアカラーに取り入れると、光に当たった時に痛んでみえる赤みを打ち消してくれ、コクのあるおちついた髪に仕上げてくれます。


カーキベースのブラウンならまるで外国人かハーフのような柔らかい雰囲気になります。

暖色系だけではなかなか出ない、程よい重みを出して、品ある雰囲気を演出できます。


オリーブ色は毎秋に流行するインディゴに良く合います。

お互いのカラーが良さを引きだしていますね。


グレージュベースで透明感のある上品美人に


長く人気が続くグレージュ。

グレーとベージュの間のカラーで、くすみがかった感じがぬけ感を演出する、おしゃれ上級者カラーです。


ベースカラーによって差が出やすいのがグレージュですが、グレーの色味を強めにすると落ち着いた灰色のような色になり、透明感が増します。


日本人の髪によく見られる赤みを寒色系カラーで打ち消すことで肌も美しく見せてくれます。

ブルーなど寒色系の洋服によく映えるカラーです。


マロンアッシュベースでふんわり甘い雰囲気に


秋色にはマロンはかかせませんね。栗の皮のような深みのある茶色がベースになったカラーです。

最近はそこにくすみを加えるアッシュを入れて甘すぎないよう調整するのも流行っています。


光が当たるとキラキラ光って透けるかのような柔らかさが美しいカラーです。

洋服が黒だと、ますますマロンアッシュのツヤ感が際立ちますよ。


アッシュブラウンベースで優しい大人美人に


安定の人気を誇るアッシュブラウンもおすすめです。

灰色とブラウンを合わせることで深みと温かみを両方兼ね備えることが出来ます。


アッシュを入れると、通常のブラウンよりも濡れ感がでます。

今流行っているウェッティでマットな感じに仕上げたいならアッシュ系がおすすめです。


ふんわりやわらかい雰囲気のアッシュブラウン、ゆるふわボブには紅葉のようなえんじ色の洋服がよく似合います。



お気に入りカラーは見つかりそうですか?明るく元気な夏カラーから、おちついて品のある秋カラーへシフトしていきましょう。

ヘアカラーに合わせて洋服やマスカラ、リップカラーをコーディネートし、全身で季節を感じて下さいね♡

関連記事

Writer : moli さん
海外と日本を行き来する生活中の主婦です。海外旅行に行けば必ず現地のマッサージを体験します♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking