いつものハンドケア&ネイルケアに少しプラスで女子力アップ!

乾燥はお肌と爪の天敵!寒い冬は皮膚が乾燥してしまいがちですが、洗い物の後やお風呂上がりにも皮膚は乾燥してしまいます。手の皮膚や爪が乾燥してしまうと、爪に立て筋が入る原因や、ささくれの原因にも。健康で美しい手元を保てるお手軽ケア方法を紹介します。

キューティクルオイルをこまめに塗る



出典:www.rmkrmk.com


ネイルサロンでの施術後にキューティクルオイルを塗ってもらった経験がある方は多いと思います。

プロが使うものという印象もあるかもしれませんが普段から塗ることが綺麗な爪を保つポイントです。


ジェルネイルやアクリルネイルのモチを良くする効果があるのはもちろん、塗布する際にマッサージ効果で爪周りの血行が良くなり、爪に栄養分が行き渡りやすくなります。

結果として爪が丈夫になり二枚爪や爪が欠けるのを防いでくれます。


洗い物をした後や寝る前、または気がついたときなどいつでもいいのでこまめに塗りましょう。

ペンタイプの物だとポーチの中に忍ばせても漏れる心配も無く、外出時にもお手軽に塗ることができるのでオススメです。


ハンドクリームを工夫して使う。



出典:www.jillstuart-beauty.com


ハンドクリームは定番のハンドケアアイテムなのでお手軽に使うことができて便利ですよね。

でもただ塗るだけのハンドケアよりももっと効果的な方法があるのをご存知ですか?


いつもの洗い物の時間をハンドエステの時間に変身させてしまうスペシャルケアです。

用意するものはビニール製の使い捨て手袋、家事をする際に使用するゴム手袋、それからお気に入りのハンドクリームのたった3点です。

まずお気に入りのハンドクリームをいつもより少したっぷりめに塗って下さい。

その後ビニール製の手袋を着けて、その上からゴム手袋を着けます。

それから熱めのお湯を使っていつも通り洗い物をしてください。


たったそれだけで、洗い物が終わった後は手がしっとりすべすべになります。

これはお湯で温められることによりハンドクリームの浸透が良くなるからです。

お家で効率よくハンドエステができちゃうなんて最高ですね。


ベースコートで爪を保護する



出典:www.opijapan.com


マニキュアを塗ると少しずつ先端から剥げてきますよね。

それだけ爪には日々負担がかかっているということ。

職業柄ネイルカラーを楽しめない方でも爪の健康の為にはベースコートだけでも塗っておいた方が自爪を保護することができます。


「マニキュアは爪を傷めるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、本来マニキュアで爪が痛む理由はオフする際に使う除光液のせいなのです。

除光液の中にはアセトンという成分が入っているものが多く、アセトンは激しく爪を乾燥させてしまいます。

ベースコートだけで爪を保護しておく場合は、ベースコートが剥げてきたらその上からまたベースコートを塗るだけで大丈夫です。


除光液で毎回落とす必要はありません。



いつも何気なくしているケアに少しプラスするだけで周りに差をつけることができちゃいます。

年齢は手に現れるとよく言われますが早いうちからきちんとしたケアをするかしないかで今後のあなたの見た目年齢を左右します。


是非以上3点を実践してみてくださいね。

Writer : myreco 編集部
myreco公式アカウントです。 コスメ・ネイル・ヘアスタイルなど女子が気になる美容情報や、ライフスタイル・スポットなどの記事も発信していきます♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking