夏だけでなく秋も気になる毛穴ケア。毛穴の悩みを解消するコツ5つ

肌悩みの中でも毛穴に悩んでいる人は特に多いのではないでしょうか? 一言で毛穴といってもタイプは様々で、黒ずみや毛穴開き、過剰な皮脂分泌、たるみなどがあります。 毛穴のダメージは汗をかく夏場だけではなく、季節の変わり目である秋にも影響を受けているのです。 スベスベでなめらかな毛穴レスの肌を手に入れる為に、正しい毛穴ケアを解説します♪

黒ずみには酵素洗顔がおすすめ



毛穴の黒ずみの原因は、老廃物や汚れが混ざった角栓が酸化することによって起きます。
角栓の酸化を防ぐ為には、適切な洗顔を心がけることがポイントです。


洗顔には酵素パウダーを使い、優しく角栓を取り除いて毛穴の中まで綺麗にしましょう。
酵素洗顔は毎日使用すると、肌に必要な皮脂まで取ってしまうので、週に2回程の使用がおすすめと言われています。


開き毛穴は保冷剤で引き締める



洗顔をしたあとは、たっぷりの化粧水で水分を補ってあげましょう。
その後に毛穴をキュっと引き締めてくれるのが保冷剤です。


生地が薄いハンカチなどに包み、毛穴が気になる場所やTゾーンなどに数秒ずつ当てて行きましょう。
毎日行うことで少しずつ毛穴が目立たなくなっていきますよ。


保湿をして乾燥を防ぐ



乾燥が厳しい秋には特に保湿ケアが大切です。
乾燥は毛穴だけでなく、シミや炎症など肌に様々なストレスを与えます。


夏に浴びた紫外線のダメージが、秋には肌の老化となってしまいます。
肌のたるみ、トラブルを防ぐ為に十分に保湿をし、皮脂をきちんとコントロールしてあげましょう。


メイクした日は必ずクレンジングでオフ



女性にとって毎日のメイクアップは欠かせないですよね。
疲れて帰ってきた時は、メイクを落とすのが億劫になってしまう事もあるかと思います。


しかし、メイクをしたまま次の日を迎えてしまうと、肌の老化は3倍の速さで進むと言われています。
メイクをした日はその日中に落として、毛穴の中に汚れを残さずに綺麗な状態にしておきましょう。


毛穴ケアに最適!優秀な収斂化粧水の使い方



毛穴ケアに欠かせないのが収斂と言われる肌を“引き締める”化粧水です。
収斂化粧水は汗や皮脂を抑え、肌を整えてくれるので毛穴開きが気になる夏に使っている人はいるのではないでしょうか。


アルコール成分が他に比べて多く含まれていて使用感がサッパリしているので、夏場にはぴったりの化粧水ですね。


毛穴が開いた状態だと肌が凸凹になりやすいですが、収斂化粧水を使うことでキメが細かくなり綺麗な肌へサポートします。


収斂化粧水の使用順


一般的な化粧水は洗顔をしたあとすぐに使用されますが、収斂化粧水の場合、肌への刺激が心配される為、洗顔後最初に使うことはおすすめされていません。


【化粧水→美容液→乳液→収斂化粧水→クリーム】
【化粧水→美容液→乳液またはクリーム→収斂化粧水】


化粧品メーカーにもよりますが、だいたいがこの流れをおすすめしています。


収斂化粧水の使い方


手でももちろん付けられますが、衛生面が心配な方はコットンを使って付けることをおすすめします。
コットンの裏側までたっぷり染み込ませて、優しくトントンと叩きながら付けましょう。


清涼感のある成分で肌がヒンヤリとしてきます。
皮脂が気になるところは重ねて付けると、さらに引き締まります。



いかがだったでしょうか。
毛穴は季節を問わず、悩みの種になっています。


夏に受けた肌ダメージは秋になっても消えるわけではありません。

保湿や洗顔をもう一度見直して、収斂化粧水の効果を皆さんの肌で実感してみてくださいね♪

関連記事

Writer : nanamis2 さん
美容とスタバがだいすき。 化粧品検定2級を持っています**

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking