肌タイプ別!自分にぴったりのクレンジング・メイク落としアイテムを見つけてお肌を守ろ♡

クレンジングジプシーの方、いませんか?自分のお肌にはどのクレンジングが合っているのか分からず、次々と新しいものに手を出してしまう… 早くお気に入りの1本を見つけたいと思っているなら、選び方から考えるといいかもしれません♡

クレンジングは何を基準に選べばいいの?


自分にピッタリのクレンジングを見つけられない理由は、クレンジングを選ぶ基準を知らないからかもしれませんよ。
いつもは何を基準に購入していますか?


人気だから、価格が手ごろだからという理由だけでは自分にピッタリのクレンジングは見つけられません。
クレンジング料やメイク落としを選ぶ際には、自分の肌タイプを基準に選ぶといいですよ。



あなたはどのタイプ?肌タイプ別クレンジング料の選び方


お肌のタイプは人それぞれ。肌のタイプ別に悩みも違いますよね。

自分の肌タイプをしっかり把握しておきましょう。


・乾燥肌の方


乾燥肌の方は、ていねいにクレンジングをしても肌がつっぱることありませんか?

しっかかりとメイクを落とそうと何度もこすっているうちに肌にはどんどん負担がかかってしまいます。
乾燥肌が悩みの方は、何度もこすらなくても肌にすぐ馴染み、すぐにメイクを落とせるクレンジング料がおすすめです。


お肌が弱いから…とマイルドなクレンジング料を選んでいたという方もいるかもしれませんね。

洗浄力の高いクレンジング料はオイルタイプ。

オイルは苦手という方はクリームタイプもおすすめです。
いずれにしても、さっと落ちるものを選ぶのがポイント。


・敏感肌の方


少しの刺激でも反応してしまい、肌トラブルを起こしてしまう敏感肌。

肌に直接触れるものには気をつかいますよね。
そんな敏感肌の方におすすめのクレンジング料は、お肌をいたわりながらしっかりとメイクを落としてくれるもの。


鉱物油や石油系界面活性剤などが無添加のものを選びましょう。

トライアル商品を販売しているクレンジング料もたくさんあるので、まずはお肌に合うか試してみるといいですね。


・脂性肌の方


顔全体が脂っぽく、ニキビや吹き出物ができやすい脂性肌。

皮脂分泌量が過剰な状態で、オイリー肌とも呼ばれていますね。


ニキビができないようにと、ゴシゴシ擦りながらクレンジングしていませんか?

擦ることでニキビを刺激し、ニキビが炎症を起こして悪化する可能性があります。
シートタイプは肌を擦ってメイクを落とすので、脂性肌の方には向いていないかもしれませんね。


そこで、脂性肌の方におすすめのクレンジング料はクリームタイプやジェルタイプ。

クリームタイプとジェルタイプは比較的クッション性があるので、肌への摩擦が少なくすみます。


アイメイクは別に落とすと考えて


お肌のタイプを考えず、「アイメイクもしっかりと落とせるクレンジング料」という基準で選んでいませんか?


これではお肌を守ることはできません。

アイメイクにはポイントリムーバーを使い、お肌には肌タイプに合ったクレンジング料を選ぶこと。
お肌を守りながらメイクをしっかりと落とす大切なポイントです。




自分にピッタリのクレンジング選びは、お肌を守る大切な一歩。
スキンケア用品やメイクグッズだけではお肌は守れないので、クレンジング料もしっかりと選びたいですね♡

関連記事

Writer : seshika さん
コスメとヘアアレンジ、インテリア雑貨が大好きな3児のママです♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking