可愛くてハマっちゃう!DIYブレスレットにトライしよう♡

近頃話題になっているDIY。Do It Yourselfの略で、「自分でやろう」「自分で作ろう」という意味です。テーブルでも椅子でも、自分で材料を買ってきて自分好みで作れてしまうのですごく人気なんです♡ハンドメイドならではの温かみも魅力のひとつ。自分で作ったものなら、愛着もひとしおですよね。今回は、手作りでできるブレスレットをご紹介します。

出典:tayloranddemolish.tumblr.com


1.スエード&チェーン織りブレスレット



出典:happydiylife.com


大人っぽい、爽やかなコーディネートとぜひ合わせたいブレスレットがこれ。

スエードのひもとチェーンがあればできちゃいます♪


必要なもの

・喜平チェーン(約18cm)

・スエード(約1.8m)

・ビーズ大穴付き (2個)

※あくまで例ですので、ご自身の腕のサイズにあわせて長さは調節してください。


作り方


出典:happydiylife.com


1:スエードひもの1.8mを半分(90cmずつ)にカットします。

片方のひもをチェーンの頂点の穴に通します。

両端を約60cmと約30cmの不均一にして結び目を作ります。


2:チェーンブレスレットの右側に短い方のスエードひもを並べます。

そして長いほうのスエードひもを前から後ろに通して、右側のチェーンと短いスエードひものまわりを巻きます。


3:そして、同様にそれぞれの穴に通していきます。


4:終わりまで続けます。


5:終わりまで来たら、結び目を作っておきます


また、後半の半分は、2通りのやり方があります。

ちがう表情になるので、お好みに応じて選んでくださいね♪


出典:happydiylife.com


ブレスレットを上下逆さまに回し、作業する側を再び右側に持ってきます。

最初に使わなかった半分のスエードひもを、初めに結んだように最初の部分を結びます。


1:山型のパターンにするなら

最初に行った編み方を鏡のようにひもを編みます。

つまり、最初前から後ろにひもを通していた場合、今度は後ろから前にひもを編みます。


2.斜めのパターンにするなら

最初に行った編み方と同じように編んでいきます。


これで完成です。

ここでは大きな穴のビーズに通し、すべてのひもをまとめていますが、簡単に両端を結ぶだけでもOKです。


2.リボン&パール織りブレスレット



出典:happydiylife.com


次にご紹介するのが、ガーリーでクラシカルなリボンとパールを使ったブレスレット。

お友達の結婚式などでも使えそう!


必要なもの

・リボン (約50cm)※手首に三回ほど巻いた長さが妥当です。

・パールもしくはビーズいくつか

・ストレッチコードまたは糸

・針


作り方


出典:happydiylife.com


1:針にストレッチコード(または糸)を通し、(ストレッチコードのサイズに応じて、より大きな穴の針を必要とするかもしれません)リボンの折り目を通して縫います。


2:針に糸を通してビーズを通します。


3:その後、別の折り目を通します。


4:ビーズが無くなるまでステップ2~3を繰り返します。


5:コードの両端を留めるために結び目を作り、終了です。

リボンを結んで取り付けます。


3.材料は100円ショップでもゲットできちゃう!



出典:weboo.link


今は、DIY用に100円ショップに行けばいろんな材料を買うことができるんです。

ほかにも、インターネットでブレスレットをつくるためのチャームも販売していますので、既製品を買うよりもずっと思い出に残るし、安上がりですよね!


こちらは100円ショップで販売しているスエード紐。

いろんな色を買ってみて、重ねづけしても可愛いですよね。

シーズンごとに色を変えても◎。


出典:matome.naver.jp


リボンとパールのブレスレットも100円ショップの材料で簡単に作れちゃいます!パッションピンクがインパクト大ですよね♡



いかがでしたか?

同じようなものを色違いで作ったり、また時計と重ねづけしたりして、あなたもDIYを楽しんでくださいね♪

Writer : Momo. さん
美容と音楽が大好きな専業主婦です

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking