1日の食事で最低2回!健康と美容のための大豆生活♪

ここ最近、さまざまなメディアで「大豆製品は体にいい!」という話をよく耳にするようになりました。 大豆製品が好きな女性なら継続して食べていけると思いますが、そうでもない女性なら途中で飽きてしまったりして、続けて食べることってなかなか難しいですよね。 そこで、1日最低2回食べたい健康と美容のための大豆生活をご紹介していきます。 健康と美容に興味津々のみなさんが、毎日、大豆生活を送れるように素敵なメリットをまとめてみました♡

出典:dietbook.biz


1.どんな大豆製品がおすすめ?



出典:imajoshi.jp


大豆をそのまま食べても大豆の加工品を食べても、もちろんOKです。

ただ一般的には、大豆の加工食品である豆腐や納豆、豆乳などの方が、大豆よりも吸収率が高いと言われています☆


2.理想的な大豆製品の摂取タイミングは?



出典:www.mexce.net


大豆の重要な栄養素である大豆イソフラボンは、体内に入ると約6時間~約8時間で半減すると言われています。

そのため、1日2回摂取する場合は朝食&夕食がおすすめです。

なるべく長い間、大豆イソフラボンを体内に留めておきましょう。

そして、飽きずに1日2回以上に分けて摂取することが大事ですね♪


3.大豆製品の1日の摂取量は?



出典:arasastyle.biz


大豆製品は、過剰に摂りすぎても良くないと言われています。

内閣府食品安全委員会で、1日の摂取量の上限値が70mg~75mgと設定されています。

あくまでも目安にはなりますが、豆腐なら約300g/日、納豆なら約100g/日、無調整豆乳なら約200ml/日になります。

たとえば、朝食で無調整豆乳100mlを飲んで夕食で納豆1パック(約50g)ぐらいが1日の摂取量の目安です♡


4.なぜ大豆は健康にいいの?



出典:www.excite.co.jp


大豆が健康にいいワケ、気になりますよね。女性に嬉しい3つのポイントをピックアップしてみました☆


・栄養バランスがいい♪


出典:matsuda-risako.hatenablog.com


大豆は良質なたんぱく質、ミネラル、食物繊維、ビタミンB群などが豊富で、「畑のお肉」とも言われています。

健康にいい自然の栄養バランス食品なんですね♪


・骨が丈夫になる♪


出典:www.dena-ec.com


若い女性にも骨密度の低下が心配されている今日では、大豆の持つ効果に注目したいです。

なぜなら、大豆イソフラボンは、女性ホルモンの低下などが原因で骨からカルシウムが溶け出すのを防いで、骨密度の低下を防止する効果があるからです♪


・メタボ予防♪


出典:xfarcade.mobi


近年では、メタボ予防の声が高まっています。

大豆の栄養素であるたんぱく質は、血液中の余分なコレステロールと中性脂肪を抑える嬉しい効果があります。

そして、大豆特有の成分である大豆サポニンは余分な脂肪や糖分を排出する効果があるので、メタボ予防や動脈硬化予防、健康的なダイエットにも有効なんです♪


5.なぜ大豆は美容にいいの?



出典:www.madameriri.com


理想的な大豆生活を送ると、健康になれるので美容効果もUPします。

健康と美容は、深い繋がりがあるんですね。

3つの美容効果をピックアップしてみました♡


・便秘解消による美肌効果☆


出典:netallica.yahoo.co.jp


便秘がちな女性にとって、便秘によるニキビや肌荒れ、くすみ、ツヤがない、ハリがない、顔色が悪いなどの肌トラブルは深刻です。

便秘が解消されれば、このような肌トラブルから解放されて、内側からキレイになれる美肌効果が出てきます☆


・アンチエイジング効果☆


出典:suppleconcier.com


大豆イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)と構造がよく似ています。

女性ホルモン(エストロゲン)は、コラーゲンの生成を助ける働きをしていますが、大豆イソフラボンも似た働きをする効果があると言われています。


コラーゲンの生成が十分に働けば、お肌のハリや弾力、潤いがUPします。

若々しく美しい肌になれる効果がある大豆は、女性に優しい食品ですね☆


・もちもち美肌効果☆


出典:caphe3d.com


大豆には、お肌に必要な栄養素の宝庫です。

たんぱく質は皮膚の形成に、ビタミンB群は肌の再生に不可欠なので、理想的な大豆生活を送るともちもちっとした弾力のある美肌を目指せますよ☆



いかがでしたでしょうか?

1日の大豆摂取量は、それほど多くありません。

朝食&夕食に大豆を摂ることをルーティーン化できるといいですよね。

ぜひ参考にしてみてください♡

Writer : tamana さん
好奇心旺盛なフリーライターです♪♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking