条件は完璧なのに!? 高嶺の花すぎて男性から恋愛対象外扱いされてしまう女性の特徴4つ

仕事も趣味も、さらにはボランティア活動まで…誰の目からみても完璧な女性。でも完璧すぎても男性ウケがよくなくなるのかも。 どこか一つでも隙をつくらないと「俺が守ってあげなきゃ」とはなりません。条件は一通りそろっているはずなのに、なぜか恋愛対象にされないなら、そろそろ軌道修正の必要あり!? 今回は、高嶺の花すぎて男性から恋愛対象外扱いされてしまう女性の特徴4つをご紹介します。

仕事と趣味で生活が満たされている人



自分では高値の花と思っていなくても、なぜか男性から声がかかりにくい人がいます。


きっと男性からみたときに、あまりにも仕事と趣味だけで満たされているのが分かると「俺が一緒にいる必要ってある?」と思ってしまうもの。


たとえば、こんな人がいたとします。


バリバリ働いて、趣味は海外に一人旅。

現地でもヨガをしたり、帰ってきてからも旅で感じたことをブログで発信していたりと、どこまでもアクティブ。


よほどお相手の男性もアクティブになおかつ上を目指すようなタイプではない限り、二人のパワーバランスが安定しません。


いくら本人が「優しければいいのに」と公言しても、自分以上にアクティブに過ごす女性に対して声はかけにくいでしょう。


仕事も趣味も楽しみすぎて、いつの間にか自分自身でハードルを上げすぎないように。


男性を寄せつけないオーラを出している人



ただ行動的に過ごすだけではなく、自分に対しストイックに過ごしている人のオーラは、他の女性とはなかなか被らない輝きを解き放っています。


完璧すぎて、男性からも声がかかりにくい状態に。


男性上に男勝りで、後ろ姿から男勝りな性格がみえる人も、どちらかというと男性からは声がかかりにくいかも……。

あくまでも、通常通り結婚をして子どもを産みたいならもう少しだけハードルを下げる必要があります。


男性脳っぽかったり、性格が男勝りな部分があったりすると、どうしても服装がメンズライクになりますが、もう少しだけ女性らしさを意識してみては?


苦手なスカートを月に二回だけ履くというのも女性らしさを取り戻す大切な習慣。

少しずつ完璧すぎるオーラをプラスの意味で崩しましょう。


美容をはじめ女子力が高すぎる人



ただでさえハードに働いているのに、束の間のお休みは自分磨き。

エステに行き、ネイルに行ってさらにはヘアケアまで……。


本人は努力しているつもりがなくても、男性からしてみれば、それだけのエネルギーを美容にかけられるのがすごいと思うはず。


そもそも男性の力を借りなくても自分だけの力で美容代を捻出できている時点で自立している証でもあります。

誰の目からみても美人さんでしかも自分以上にハードに働き、美容にもこだわりがあると聞けばそう簡単には声がかからないでしょう。


美容に投資するとしても、男性の目にしないところでこっそりと自分磨きを続けるくらいでいいかも……。


ブランド重視な人



一緒にデートしている人の持ち物がすべてブランドで揃っていたら、男性はどう思うでしょう?


女性側と同じくらい、もしくは女性以上に稼いでいて自立した生活をしている人なら何も感じなかったとしても、真面目にコツコツと働き貯金重視の生活をしている男性なら両手を挙げて「すごい!」とは喜べないはず。


どちらかというと「この人と結婚をするとお金がかかりそう」と思われる可能性が高いです。

あくまでも堅実な人と付き合い結婚したいのであれば、ブランドものはこっそりと楽しむか、買う頻度を少しおさえるなどして、男性から声がかかりやすい雰囲気をつくりましょう。



高嶺の花すぎても、恋愛対象外に。

完璧を目指さず、ほどよいゆるさも大事です。


たまには弱さをみせることで、男性との距離も縮まります。

ハードルを少し下げて、運命の王子様が来られるスペースをつくってあげて♡

(PR)
いかがでしたでしょうか。
恋愛の悩みは占い師に打ち明けることで悩みが解決するかもしれません。
LINE トーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に相談できるサービスです。

チャットは1分100円~、電話は1分130円~、と業界最安値級です。
LINEアプリだけで簡単に利用できます。さらに初回10分無料(最大2,800円相当)! ぜひこの機会に利用してみてください!
※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。
line-talk-advertising

関連記事

Writer : ericaaa811 さん
恋愛コラムニストとして月間300記事以上を執筆中。モットーは瞬間を生きる。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking