花火大会・夏祭りで使える♪ドキッとさせる浴衣テクニック♡  

ほんのり薄暗い中、花火の光で二人の顔が艶やかに見えて…♡ドンドンのいう大きな音で心臓のドキドキも大きくなるみたい。花火祭りはカップルの距離をぐっと縮めてくれる絶好の機会です。浴衣だからこそできるモテテクをご紹介します。

浴衣を味方に彼との関係を縮めて♡



夏に楽しみなのが花火大会♪彼とのデートの約束はお済ですか?もしかしたらこの日に告白しようと計画されているかもしれません。花火大会での告白成功率は普段の時よりもアップします。


その理由は非日常感と、いつもと違う彼女の浴衣姿にグッとくるから。 洋装では見られない女性らしい色っぽい姿に彼もドキドキするはずです。


和装には和装ならではのマナーがあります。いつもと同じように振る舞っていると和装効果も半減!花火デートの前に覚えておきたい、あなたをもっと魅力的にするポイントをまとめて見ました。


これで彼もイチコロ♡浴衣姿がもっと綺麗になる6つのテク


浴衣のすそをチョコっと持って



人ごみではぐれてしまいそうな時は、彼の浴衣のたもとをちょっと抓むように持って後ろからついて行きましょう。浴衣は無条件に女性のか弱さや上品さが表れるもの。


袖のすそを持って後ろから懸命についてくる彼女の姿に、「守ってあげたい」という気持ちが溢れるはず!


短くても頑張ってアップスタイルに



浴衣の色っぽさを最大限に出すためにはアップスタイルが必須!特にうなじを見せると色気がグッと上がります。普段アップにしない場合は、そのギャップに彼氏も惚れ惚れしてしまうはず。


短いボブやミディアムヘアでも編み込んだりシニョンスタイルにすれば後れ毛を気にせずお団子ヘアが楽しめます。短いからと言って諦めないで!


クロスの法則をつかう

 


浴衣は女性らしい曲線美が際立つ服装です。そこにモテテクで有名な「クロスの法則」を取り入れておしとやかな女性を演出しましょう。


クロスの法則とは、あえて手足を交差させる仕草のことです。例えば右足元にハンカチを落としたら、あえて左手で取ったり、左の髪を掻き上げるのに右手を使うというもの。


こんなのことで色気があがるの?と思ってしまいますが、男性が本来しない動き、仕草ですので、一層女性らしく見えるようです。


ジメッと暑い祭りの夜は、右手でハンカチを持って左ほほをポンポン。これで彼もキュンとするはず♡


浴衣のマナーを守って品よく振る舞って



いつもとは違う和装に慣れないこともあり、がさつに手を伸ばしてしまい、たもとにケチャップが!せっかくのデートに浴衣が汚れてしまったらテンションが下がりますね。


屋台で食べ物を選ぶ際、食事する際、浴衣のたもとには注意しましょう。手を伸ばす際は片方の手でたもとを押さえます。 こうすることでたもとは汚れず、二の腕が見えて下品になることもありません。


しっかり作法をわきまえることて彼にいつもと違うあなたを見てもらいましょう。


襟元を押さえる



和装は着崩れて露出しすぎると下品な印象になってしまいます。見せる所は見せて閉める所は閉める。このバランスが大事です。


特に徐々に帯がゆるんでくると襟物が開いてきてしまいます。こまめに襟物をチョンチョンと引き寄せ、はだけてしまわないようにしましょう。 屈む際も襟元に手を添えると美しく見えますよ。


小股の内股で美しく歩いて



大股で歩いて浴衣のすそから足が見えるのはNG。膝を合わせ、膝から下を外から内になるよう一歩ずつ小股で歩きます


こうすることで裾が波打つように揺れ、すねが見えることはありません。美しい歩き方は浴衣姿をより美しくみせてくれますよ。



いかがでしたか?心得ているだけで試せられる簡単テクばかり。これはモテるだけでなく和装を着る女性としてのたしなみでもあります。覚えておいて損はない!おしとやかで上品なふるまいを意識して女性力をさらに高めましょう。

(PR)
いかがでしたでしょうか。
恋愛の悩みは占い師に打ち明けることで悩みが解決するかもしれません。
LINE トーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に相談できるサービスです。

チャットは1分100円~、電話は1分130円~、と業界最安値級です。
LINEアプリだけで簡単に利用できます。さらに初回10分無料(最大2,800円相当)! ぜひこの機会に利用してみてください!
※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。
line-talk-advertising

関連記事

Writer : moli さん
海外と日本を行き来する生活中の主婦です。海外旅行に行けば必ず現地のマッサージを体験します♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking