40代の顔の印象は眉毛一つでこんなに変わる!大人の魅力を引上げよう♪

40代になっても、20代、30代のときと同じように眉メイクを済ませていませんか? 慣れた方法を手放すのは名残惜しいけど、40代に似合う眉メイクにアップデートしましょう!今回は、40代の大人女性が目指すべき眉毛と眉メイクのコツをご紹介します。

40代が目指すべき眉毛のポイント


ポイントその1. フォルムはふわっと柔らかく



40代でピンっと張ったようなつり上り眉や、シャープすぎる眉はちょっと違和感。 若作りに見えて、逆に老けた印象の顔立ちになってしまいます。


理想はふんわり柔らかフォルム。 上は淡く、下は少し濃い色でラインを引くと、簡単に柔らかフォルムの40代向け眉に。


ポイントその2. 自然な毛流れが存在すること



ちょっと前に20代に流行したハーフのようなボサボサ太眉は、40代には不向き。 手入れしていないような印象を持たせてしまいます。


だからと言って、必要以上に眉毛をカットしてしまうのもNG。 眉毛が足りない部分は、リキッドアイブロウを使って毛を描くように足し、自然な毛流れを演出しましょう


ポイントその3. 色は透明感を感じさせる色



濃淡を感じさせない全体を濃い色でまとめた眉毛は古臭いイメージ。 眉毛の自毛が濃い人は、眉マスカラを使って透明感をプラス。 抜け感もでき、毛流れも整います。


老け見えしない!40代の眉メイクのコツ


眉は描くのではなく埋める



眉毛の一部分が思いっきり足りない部分は、描くよりも埋めた方が自然な仕上がりになります。 ペンシルやリキッドで少しずつ埋めるように描き足しても良いですが、パウダーアイブロウを使うと簡単


眉下を整えることを意識する



パウダーで眉下のラインを描くと、ふんわり柔らかなフォルムでも、ぼやけた仕上がりになりません。


全体をつり上がったようなシャープなフォルムにしなくても、眉下をパウダーでラインを作って整えるだけで、キリッと知的な印象に


抜きすぎ厳禁!眉は描いてから整える



眉毛を整えるとき、若い時の癖でつい抜きすぎ、切りすぎてしまうという方。 眉毛を一度描いてから、余分な部分だけをカット、または抜きましょう


眉毛を埋めるように描いて、完成したフォルムから外れた部分に生えている毛は処理してスッキリ。


40代の眉メイクにオススメ!大人眉を作るコスメ


ペンシルは柔らかい芯のものを使おう

 


<商品>

オルビス ペンシルアイブロウ /1,200円(税抜)

        

オルビスのペンシルアイブロウは、芯が柔らかいからソフトタッチでしっかりと眉毛の足りない部分を埋められます。 芯が楕円型なので、太めラインも細めラインも描きやすい!


スクリューブラシとセットで、仕上げにぼかすとナチュラル。


ひと塗りでこなれ眉毛になる眉マスカラ♪



<商品>

シュウウエムラ アイブロウマニキュア /3,000円(税抜)


どんな眉毛にも色がぴったりフィットする、シュウウエムラのアイブロウマスカラ。 眉毛を保護する成分配合で、生えにくくなってくる40代眉毛をケアします

   

自眉が濃い人も、手軽に眉カラーリングができてこなれた眉毛に仕上がるでしょう♪

  

3役ワンセットのマルチコスメ

   

  

<商品>

インテグレート ビューティートリックアイブロウ /1,000円(税抜)

  

アイブロウ、ハイライト、ノーズシャドウの3役ワンセットのマルチコスメ。 ロングラスティング処方で色落ちしにくいから、眉尻が消えていつのまにか眉毛が行方不明!ということになりません

   

自分で好みの色に調整できるのも魅力です。

  

   

40代向け眉メイクは、ふんわり柔らかフォルム、透明感のある発色、そして毛流れを感じるナチュラルさ。 シャープな釣り上げ眉毛は卒業して、ナチュラルで上品な表情を引き出す大人の眉毛にアップデートしましょう♪

関連記事

Writer : りな@美容マニア さん
コスメマニア、美容テクネタ大好きです♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking