美肌に近づく♡抗酸パワーのアスタキサンチンが含まれる食材で肌ケア♪

ビタミンCやコエンザイムQ10など、抗酸化作用が強く美肌に良い栄養素はたくさんあります。 その中で、最近注目を集めているのがアスタキサンチン。 鮭など赤色の食材に多く含まれるアスタキサンチンですが、どのような美肌効果が期待できるのでしょうか。

美肌にいいアスタキサンチンとは


・抗酸化作用が強力



シワやたるみなど、肌の弾力を奪うのは活性酸素。

活性酸素は体内で生成されるもので、生活習慣の乱れや食生活、ストレス、加齢など様々な原因で増えます。

活性酸素は体内の細胞を攻撃して、細胞を老化させる働きがあり、肌の細胞がダメージを受けてシワやたるみへと繋がるのです。


アスタキサンチンは、自然界に存在する天然の赤い色素。活性酸素の働きを抑える抗酸化作用が強く、その力はビタミンCの6000倍と言われています。


アスタキサンチンの抗酸化作用は、CoQ10の800倍、ビタミンCの6000倍と言われています。肌の老化は、紫外線などによって発生する活性酸素が原因。老化を加速させないために、アスタキサンチンの抗酸化作用に大きな期待が寄せられているのです。

astaxanthin-lab.com

・アスタキサンチンの美肌効果



アスタキサンチンの美肌効果は、シワやたるみなどのエイジングトラブル予防に限りません。

研究によると、肌のキメを整える、シミを薄くする、肌の脂浮きを減らすなど、様々な美肌効果が期待できることが解明されています。


活性酸素を強力に消去する「アスタキサンチン」は、 肌表面、表皮、真皮などの皮膚のあらゆる部分に作用することで様々なトラプルから守り、健康で美しい肌に導きます。

shinyo.pro

エイジングトラブルなどの肌トラブルを体内からケアしてくれる、アスタキサンチン。

では、アスタキサンチンはどのような食材に含まれるのでしょうか。


アスタキサンチンを含む食材


・鮭



アスタキサンチンをダントツで豊富に含むのが、私たち日本人の食卓に馴染み深い鮭。

鮭は元々は白身魚ですが、産卵のために故郷の川へ戻る際に、体にかかるダメージを防ぐために、エビやカニを食べてアスタキサンチンをたっぷり溜め込みます。

鮭の鮮やかなオレンジ色は、アスタキサンチンによるものなんですね。


鮭ならスーパーで手軽に購入できる食材なので、安い時にたくさん買ってストックしておけば、塩鮭、ムニエル、味噌焼きなど様々なレシピで味わえるでしょう。


・いくら



いくらの鮮やかな赤色も、アスタキサンチンによるもの。

いくらには、アスタキサンチンのほか、DHAやEPAなど良質な脂質も含まれています。

高カロリーと思われがちですが、100グラムあたりのカロリーは豚ロース肉や牛バラ肉よりも低い271kcal。


・エビやカニ



加熱をすると赤くなるエビやカニは、身にも甲羅にもアスタキサンチンを豊富に含んでいます。

アスタキサンチンは脂溶性の栄養素なので、油を使った調理がベスト。

エビなら甲羅のまま高温の油でカラッと揚げれば、アスタキサンチンを無駄なく美味しく摂取できます。


サプリと食材、アスタキサンチンはどっちで摂るべき?


・アスタキサンチンを含む食材+サプリメントがベスト



アスタキサンチンの美肌効果を実感するためには、1日6mgのアスタキサンチンを摂取すると良いと言われています。

でも、鮭やいくら、エビなどから6mgのアスタキサンチンを毎日摂取するのは難しいことなんです。


食材からの摂取だけでは、アスタキサンチンを毎日摂り続けるのは大変なので、サプリメントで不足分を補いましょう。

献立にアスタキサンチンを豊富に含む食材を使いながら、サプリメントも摂取すれば、無理なくアスタキサンチンの美肌効果を受けられます。


・サプリメントはいつ摂る?



アスタキサンチンのサプリメントに限らず、美容や健康のためにサプリメントを摂取するなら食後がベスト。

食後は栄養が吸収しやすくなっているので、無駄なくサプリメントの栄養を摂取できます。

1日1回摂取のサプリメントなら、より栄養を吸収しやすい夜間の食後がオススメです。



抗酸化作用が強く、美肌効果が高く期待できるアスタキサンチン。

普段の食生活ではアスタキサンチンを豊富に含む食材を意識して、サプリメントも取り入れて無理なくアスタキサンチン生活を続けましょう♪

関連記事

Writer : りな@美容マニア さん
コスメマニア、美容テクネタ大好きです♡

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking