良いオイルが潤い肌を作る♪食生活のオイル選びはとっても大切!

油は健康にも悪いし太るのでなるべく摂らない!これは一昔前の常識です。上質な油を適量とることはむしろ健康を促進し、美容にも効果があります。毎日使う食用油を見直すことも美肌作りの大切な一歩です。

いい油の摂取は体を美しくするって本当?



ダイエットの敵ともされている「油」。しかし近年スプーン一杯分のバージンココナッツオイルを美容と健康のために飲む女性が増えています。これって矛盾しているように思えますが、上質な油を、正しい方法で摂りいれることはむしろ体に益となるということを示しています。


以下は一例ですが、例えば油によってもたらされる益にはこのようなものがあります。


●お通じをスムーズにし、便秘を改善

●代謝をアップし、デトックスを促進

●肌や髪にハリや艶が出てくる

●脳の動きを活発にする

●血流を良くし、動脈硬化を予防する


特に美容にも効果的と言われているものには、「エクストラバージンココナッツオイル」「アルガンオイル」「アーモンドオイル」などです。


エクストラバージンココナッツオイルの魅力



●すばやくエネルギーにかわり太りにくい

植物性あぶらのココナッツオイルは、エネルギー源として消費スピードの高いラウリル酸が含まれています。そのため体脂肪をためにくい特徴があると注目を浴びています。ダイエットの際も使用しやすい油です。


●お通じをよくする

それだけでなく、ココナッツオイルに含まれる中佐脂肪酸は腸の運動を活発にし、お通じを良くしてくれます。デトックス効果があがるとその分肌も健康になり、便秘やアレルギーによる肌荒れも改善されます。


●免疫力を高める

含まれるラウリン酸が免疫力をアップし、強い体にしてくれます。


アルガンオイルの魅力



アルガンオイルとはアルガンの木になる実の種子から採られるオイルです。近年コンディショナーや美容オイルに含まれているオイルですね。ビタミンEやポリフェノールがたくさん含まれているので美容効果が高いことで注目を浴びているオイルです。


酸化しにくく、調理しやすいので毎日の料理にも使えます。


●抗酸化作用がある

ビタミンEは活性酸素を抑制する働きを持っています。そのため体内、肌のエイジング効果が期待できます。


●美肌効果

含まれるトコトリエノールはビタミンEの一種で肌を老化、紫外線から守る効果があると言われています。またガンマ‐トコフェノールはシミの原因となるシロチナーゼの働きを抑制するという研究結果もあります。


アーモンドオイルの魅力



アーモンドの種からとられたアーモンドオイルもアルガンオイル同様、オレイン酸豊富なオメガ9系オイルです。熱に強く、味もキツイ特徴はないので調理に向いています。


肌の再生を促すビタミンB2や、臓器を正常に働かせたり肌の再生などに使われるミネラルも豊富に含まれています。 食用と美容用があり、お肌に直接塗ってケアすることもできます。


質のいい油の選び方は?



どの油も体に良いというわけではありません。粗悪品も出回っているので目利きを働かせ、いいものを選ぶようにしましょう。


●オーガニックのものを選ぶ

遺伝子組み換えや農薬などが使われていないものを使いましょう。


●コールドプレスで採れたものを使う

高温にさらされればその分油の酸化が早まります。低温で丁寧に絞って作られた低温圧搾法で作られたもの、特に一番搾りものを使いましょう。高価ですが品質が良く、安全です。


●色つきの瓶やアルミ缶に入っているものは安心

プラスチックの容器に入っていると、容器の化学物質が混ざり込んでしまうと言われています。光を受けて酸化しないように緑などの色つきの瓶かアルミ缶に入っているものが安心です。


●いい油は高価の場合が多い

本来油とは手間暇かけて少量しか取れない貴重なものです。オーガニックで一つ一つ丁寧に絞られて作られた物は当然価格が上がります。スーパーマーケットなどで数百円で買える油を使っておられる方は、もう一度油を見直してみられると良いかも知れません。



今日食べたものが未来の自分の体になります。油は料理に不可欠なものですのでこだわりたい所ですね。いくら良い食材を使っていても使用している油が粗悪だと体の中から美しさを作ることは難しいでしょう。将来の自分の体のために今できること、今食べるものを見直してみるのはいかがですか?

関連記事

Writer : moli さん
海外と日本を行き来する生活中の主婦です。海外旅行に行けば必ず現地のマッサージを体験します♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking