最後まで仲良く♡彼との夏デートを快適に楽しむコツ4つ

梅雨が明けて、いよいよ夏到来。 早くも暑さが厳しくなり、夏バテに近い症状があらわれている人も多いはず。 彼とのデートも暑さの影響により、喧嘩続きになっていませんか? お互いに暑くてイライラしているなら、もっとデートを工夫する必要があるかも。 今回は、彼との夏デートを快適に楽しむコツ4つをご紹介します。

待ち合わせは涼しい場所に



デートは最初が肝心。

待ち合わせ場所で、すでにイライラしていたら喧嘩するのも当然です。

なぜか早く到着した日に限って、彼は遅れてくるもの。遅刻してくる彼に対し、ただでさえイライラするのに、暑さとも闘わなくてはならず、すでにパンクモード。

きっと彼が到着したときには、不機嫌の状態に…。


彼が一生懸命フォローしてくれても、なぜ暑さの中待たされなければいけなかったのか、納得できずにイライラするでしょう。できれば待ち合わせ場所は、涼しい環境を選び指定するといいかも。


たとえば駅の改札ではなく、商業施設の中あるいは書店で待ち合わせると暑さを気にせず、ゆっくり待てます。どうしてものどが渇いて我慢できないなら、先にカフェに入っておくのもあり。

暑さが苦手で彼に対してイライラしそうなら、最初から喧嘩の原因を回避すればいいのです。


体調が万全ではないなら室内デート



女性は生理周期に合わせて、体調が不安定に。

とくに生理前は身体がだるくなり、思うように動けなくなります。

でも彼とはデートがしたい。

彼を想っているからこそ無理やり待ち合わせ場所に来たのに、結局喧嘩することに…。


体調が万全ではないなら、無理をしないのが一番です。彼がなんと言おうと室内デートを指定しましょう。

どうしても外出が厳しければ、おうちデートだけでも十分。二人が楽しめるなら、問題ありません。

おうちでは気分転換ができないなら、デパートのように涼しい場所でブラブラするといいかも。

疲れてもすぐに座れる場所もあって、涼しい中買い物も楽しめます。


暑さが厳しいときは、無理をしない。

海やプールもいいですが、体調と相談してみて無理そうなら彼に遠慮なく伝えて。


付き合い立てなら海やプールよりも水族館



付き合ってばかりだと、思ったことをそのまま口にできない場合も。

それは彼に問題があるというよりも、お互いに遠慮しすぎて何も言えないだけ。

きっと交際年数が経てば何も問題はありませんが、今はどうしても相手に対して気を遣う状態です。


海やプールに行きたいところですが、暑さが苦手なら今はぐっと我慢。

暑さが厳しい場所よりも「水族館」のように涼しいレジャー施設を選ぶと、デートっぽい雰囲気を楽しめるでしょう。


多少疲れても、カフェやベンチがあっていつでも座れるから安心。

ちょっとしたおそろいのお土産も買えて、楽しい一時になるはず。


彼の分まで飲み物を用意して待ち合わせ場所に向かう



彼との夏デートを快適に楽しむコツは、彼に対して「気を遣ってください」と求めるだけではなく、自分からも相手に配慮してあげる心構えが大切です。

特に夏の場合は暑さが厳しく、どうしてもお互いにイライラした状態に。


暑さが厳しいなりにも、お互いに配慮してあげられたら喧嘩だってしなくていいはずです。

まずは待ち合わせ場所に早く着いたら、彼の分まで飲み物を買っておきましょう。

お水でもお茶でも構いません。できれば甘い飲み物よりも、シャキッと水分補給ができる飲み物がおすすめ。


更にまだがんばれるなら、ペットボトルが冷えないように専用のケースに入れて、持ち歩いてあげると彼から喜ばれます。彼に対して多少イライラしても「これだけ気を遣ってもらっているし」と、彼も喧嘩をしないように配慮してくれます。



夏デートは、暑さとの戦いです。

最後の最後まで仲良く過ごすためには、暑いなりにも相手に対して気を遣ってあげること。

暑さを理由に八つ当たりしていたら、それこそ嫌われてしまいます。

夏デートをより快適に過ごせるように、彼とも相談しながら工夫してみてください♡

(PR)
いかがでしたでしょうか。
恋愛の悩みは占い師に打ち明けることで悩みが解決するかもしれません。
LINE トーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に相談できるサービスです。

チャットは1分100円~、電話は1分130円~、と業界最安値級です。
LINEアプリだけで簡単に利用できます。さらに初回10分無料(最大2,800円相当)! ぜひこの機会に利用してみてください!
※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。
line-talk-advertising
Writer : ericaaa811 さん
恋愛コラムニストとして月間300記事以上を執筆中。モットーは瞬間を生きる。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking