脂肪燃焼を助ける1番の方法は有酸素運動+◯◯!?誰でも簡単に効果を倍増できる!

体重は落とせても体脂肪がなかなか減らない。こんな経験がある人も多いのではないでしょうか。脂肪を効率的に燃焼させたいなら有酸素運動に○○を加えると良いんです!いつものアレがダイエットに最適だった!脂肪燃焼を助ける○○についてご紹介します!

1.脂肪燃焼を助けるものの正体は?



いくら運動してもなかなか体重が減らない・体脂肪が落ちない。

いくらやってもダイエット効果が出ないという経験、あなたにもあるのではないでしょうか。

それなら運動前に「コーヒー」を飲んでみてください。


コーヒーはダイエットに最適なサポートドリンク。

脂肪の燃焼を加速させ、効率的なダイエットを実践します。


2.なぜ「コーヒー」で痩せることができるの?



コーヒーでダイエットができる理由。

それはコーヒーに含まれるポリフェノールやカフェインが関係しているんです。


コーヒー1杯には、約300mgのポリフェノールが配合されています。

これは、ポリフェノールが多いと言われる赤ワインとほぼ同じ。

ポリフェノールには、胃液の分泌量を増やして、食べ物の消化を助ける役割や、アンチエイジング効果を期待することができます。


また、コーヒーに含まれるカフェインには「脂肪燃焼・利尿作用・脳の覚醒作用」があり、カフェインを摂取することで、消化酵素リパーゼが活発になり、脂肪細胞を刺激。脂肪を分解し、体外に放出していきます。

この働きが「脂肪燃焼」です。利尿作用によってむくみも改善できるため、ダイエットの大敵である脂肪とむくみを一気に解消することができるんです。


3.おすすめの飲み方は?



コーヒーでのダイエット効果・脂肪燃焼効果を高めるために、より効率的な飲み方をマスターしていきましょう。
まず、コーヒーは「ホット」で飲むのが基本です。

アイスコーヒーは、身体を冷やしてしまうので要注意。

夏でもホットでのみ、1日3杯を目安に取り入れていきましょう。

カフェインの過剰摂取は、胃や腸に刺激を与えることがあります。摂取目安は必ず守ってくださいね。


コーヒー1杯あたりのカロリーは約10キロカロリーです。

ブラックで飲む方法が一番低カロリーですが、無理にブラックを飲まなくてもOKです。

ミルクや牛乳を加えた方が飲みやすいという人は、お好みで加えてみてください。

ただし、砂糖はティースプーン1杯あたりプラス20キロカロリーが加わります。

砂糖の入れ過ぎはダイエットの妨げになりますので、できればミルク・牛乳・豆乳などで留めておきましょう。



コーヒーを飲むタイミングは有酸素運動をする10分~15分前がベストです。

運動前にコーヒーを飲み、脂肪燃焼効果を高めていきましょう!

Writer : ta_sa さん
2人の娘をもつママです! ママでもいつまでもキレイでいられるように、日々努力しています!

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking