おしゃれな人はやってる!海外セレブ風ハイライトカラーカタログ♡

ハイライトカラー、オシャレに敏感な人なら一度は聞いたことがありますよね? 今話題の外国人風ヘアカラーなんです。 実はハイライトカラーは、髪が黒くて硬い特徴がある日本人にはピッタリのヘアカラー。 今回は、そんなハイライトカラーの効果とヘアカラーの実際をご紹介します。

ハイライトカラーとは?



ハイライトカラーとは、ベースである色に対してブリーチやカラー剤で部分的に明るくし、髪自体に立体感を持たせることが出来るヘアカラーです。

部分的で良いので髪全てが傷むことがありません。

また極端に明るくならず、職場の規則が厳しい方でも簡単に外国人風ヘアスタイルになるため、とっても人気なんですよ。


ハイライトカラーの効果



次はハイライトカラーの効果について紹介します。


髪を立体的に見せることが出来る



ハイライトカラーは部分的に明るくするので、3D効果がうまれ、髪を立体的に見せることが出来ます。

ヘアアレンジやコテで巻いた時にチラッと見えるハイライトが、とてもオシャレですよ。


髪が傷まない



先程も説明した通り、ハイライトは部分的にカラーするので、髪全体を傷めずにヘアカラーを楽しむことが出来ます。


色落ちも楽しみのひとつ



ハイライトカラーのひとつの醍醐味として、色落ちがあります。

普通のカラーでも室内と室外で色の見た目が変わるように、ハイライトカラーは色が抜けるとこれまでと違ったカラーになります。

1度のカラーで2度楽しむことが出来ますよ。


おすすめのハイライトカラーカタログ



ここからは筆者がイチオシするハイライトカラースタイルを紹介します。

お気に入りのカラーをぜひ見つけてくださいね。


ブラウンベージュ×ハイライト



ブラウンベージュにハイライトは定番のカラーです。

ところどころ明るくなるため、見た目が重くならず暗いカラーでも軽やかに見えますよね。


ラベンダーアッシュ×ハイライト



まさに外国人風のヘアカラーです。

ボブでもスタイリング剤でゆるさを出し、ハイライトを入れている部分をわざと見えるようにセットすることで一段とオシャレに見えますよ。


グラデーション×ハイライト



ベースをグラデーションにして毛先を明るくした後にハイライトを入れると、一気にオシャレ上級者です。

透き通る透明色がダークトーンを引き立て、日本人特有の暗い髪色がよく活かされています。


アッシュベージュ×ハイライト



ハイライトの本数や太さでも印象が全然違います。


筆者のおすすめは細い束にすることです。

そうすることによって、より軽やかさが出て華やかな雰囲気になりますよ。



いかがでしたか。

ハイライトカラー、本当にかわいいですよね。

ハイライトを入れるだけで外国人風ヘアスタイルが簡単にでき、オシャレ最先端になれますよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

Writer : value11 さん
幅広い記事を書いていきたいです! よろしくお願いします!
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking