圏外から本命にジャンプ!手広く使える「惚れさせギャップ」

「惚れさせるにはギャップを演出しろ」と言われます。 料理ができる、字がきれい、部屋がきれいなどの王道パターンは誰でも一定以上に評価してもらえるポイントですが、それはある程度親しい男性にしか見せられない部分でもあります。 […]


■ 「ただの同僚」→「俺のことが好きかも?」


仕事上の相手など、ふだんドライに接している相手に効くのがこのギャップ。

ある女子が、何気なくその場にいない同僚のことを「あの人って地味だけどよく見ると顔は整ってるし背も高いし、優しいから結構モテると思いますよ」と褒めたら、それを人づてに聞いた彼は急に優しくなったのだとか。

その後、ランチに誘われ、飲みに誘われ、最終的には告白され、社内結婚に結びついたそう。


その同僚は仕事相手としての態度しか見ていなかった相手から意外な好意を感じ取り、急に女性として意識してしまったのでしょう。

男性にとっては「モテそう」は社交辞令ではなく「あなたは男性としてアリ」と聞こえるよう。

ふだんは淡白な態度のあのコが実は自分を男として見ている……?こんなギャップは男性にとっては嬉しいギャップ。


「ちょっといいかな」と思う男性への好意は適度に見せましょう。チラチラ見たり、誘ったりの面と向かってのアピールも悪くありませんが、のケースのように曖昧な褒め言葉を人づてに聞かせるのも「本当っぽい」と思わせるやりかた。

彼のほうにに好意がない場合も、スルーしても気まずくならないメリットもあり、おススメの方法です。


■ 「ハデ好きイケイケキラキラ女子」→「堅実で賢い」


女は年齢を重ねるごとに、男への要求が高くなっていくもの……。

なぜかそう思っている男性は少なくありません。

あなたのまわりのイケメン独身男性が若手女子にばかり流れてしまうのは、「女は若くないと!」という好みの問題ではなく「若い子は細かい要求が少ないし、ぶっちゃけ貧乏慣れしていて気楽だから」というのが原因でもあるんです。


「結婚相手は最低でも800万以上収入がなきゃ嫌」「妻を専業主婦にできないような男は頼りがいゼロ」女子全員がこう考えているわけではないのに、「アラサー女は男をこうして値踏みしてるんでしょ?」と、腰が引けている男性も多いのです。

「結婚したいけど給料が安いしね(笑)」「わかる、年収1000万以上ないと!とか言われたらキツいよね」という飲みの席での男性陣のグチを「そんなの女が働けばいいじゃーん!産休の時期だけ旦那さんが支えてくれたらそれでいいよ!」と笑い飛ばしたキラキラ女子の株が急上昇したケースがあります。

「いかにも贅沢好きそうなのに、堅実で見直した」「本命にはちょっと、と思っていたけど、一緒に支えあって生きていけそう」というのがその理由。


「現実を見ていると言いながら彼にばかり要求している」のはNGですが、「現実を見て自分にできる努力をしている」女はやはり人気なようです。

2つのギャップに共通するのは「彼女は意外と俺を受け入れてくれそう」という驚き。

年を取るたび傷つきやすく、気弱になるのは男性だって同じです。それを受け入れられる女だとアピールすることは、本命への近道かもしれません。(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)

presented by愛カツ (https://aikatu.jp
 

関連記事

・モテ女から学ぶ!男性の心に刺さる褒め方とは

・玉の輿も夢じゃない!育ちの良い彼を落とすテクニック3選

・さりげなくつぶやいて!男性がドキッとする「女子からのひと言」

・実は重要な「2回目」のデートのポイントとは

・女子がやっても効く!「人たらし男子」が教えるモテマニュアル

いかがでしたでしょうか。

みなさんそれぞれ悩みがあると思います。
一人で抱え込まずに、相談することで悩みが軽くなることもありますよね。
友達や家族への相談が難しい場合は、専門家の人に相談してみてはいかがでしょうか。

トークCAREはLINEが提供するサービスなので、LINEで簡単に利用ができます。

【初回10分無料】相談はこちらから
Writer : 愛カツ 編集部
クリスマス特集

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking