40代からのエイジングケアに特化したおすすめ美容液はコレ♡

40歳を超えてから肌の潤いやハリがなくなってきた…と感じ始めたみなさん。そろそろエイジングケア用の美容液を使ったお手入れが必要になってきた頃なのかもしれません。ただ、世の中にはたくさんの美容液があるので、なかなか選びきれない人も多いですよね。そこで今回は、40代の女性に注目されているエイジングケア美容液を5つ、ピックアップしてみました。一緒に見ていきましょう

POLAリンクルショット メディカル セラム



<商品>
POLA リンクルショット メディカル セラム /13,500円(税抜)


年齢を重ねると気になってくる肌の悩みといえば、シワ。

目尻の小じわやほうれい線が気になって、毎日鏡を覗き込んでいるという人も多いですよね。


そんな40代以上の女性から高い注目を得ている商品が、

POLAの「リンクルショット メディカル セラム」。

日本で初めて承認されたと話題の、シワ改善に特化した薬用美容液です。


普段通り洗顔をしたら化粧水をたっぷり塗り、

「リンクルショット メディカル セラム」をシワの気になる部分へ塗り込みましょう。

最後に乳液で保湿をしたら完了です。


塗り込むときは、下から上に向かって指を動かすことがポイント!

シワをストレッチできるため、より高い効果が期待できるでしょう。


アスタリフト イン・フォーカス セルアクティブセラム



<商品>
アスタリフト イン・フォーカス セルアクティブセラム /12,000円(税抜)


“どこ”が気になるというより、肌全体の潤いやハリの減少が気になるという女性には、

総合的なエイジングケアを目的に開発された、

アスタリフトの「イン・フォーカス セルアクティブセラム」がオススメ。


美容成分を配合したオイルを細かい粒子にしているコチラの商品は、

出した瞬間はジェル状であるものの、肌に乗せると体温で液状に変化。

そのまま顔に馴染ませると、肌の角質までしっとりと潤わせてくれます。


年齢を重ねて水分量の減った肌に、ピッタリの美容液。

ぜひ試してみてください。


アヤナス エッセンス コンセントレート



<商品>
アヤナス エッセンス コンセントレート /7,500円(税抜)


敏感肌で悩んでいる人にオススメのエイジングケア美容液は、

アヤナスの「エッセンス コンセントレート」。


トロトロとしたテクスチャーですが、肌の上に乗せるとスッと馴染みます。

抗炎症と抗糖化を兼ね備えた美容液なので、

気になるシワや肌のたるみ、くすみなどの対策にピッタリ。


徹底的にケアしたい人は、化粧水や乳液などをライン使いしても良さそうです♡


DHC Pアップ セラム



<商品>
DHC Pアップ セラム /3,500円(税抜)


次にオススメする、40代以上向けのエイジングケア美容液は、DHCの「Pアップ セラム」。

肌の乾燥やシワ、くすみやたるみなどにアタックしてくれる、

抗炎症・抗糖化成分が配合されていることで、今SNSを中心に注目を集めている商品です。


手のひらに出してすぐはトロっとしたジェル状ですが、

肌に馴染ませるとサラサラとしたテクスチャーに変化。

しっかりと潤っているのにべたつかない質感が魅力です♡


化粧水や乳液などの、基本的なお手入れがすべて終わってから、

最後の保湿として美容液を使ってみてください。


CLINIQUEフレッシュ プレスト C セブンデイ システム



<商品>
CLINIQUEフレッシュ プレスト C セブンデイ システム /4,900円(税抜)


最後にオススメする商品は、CLINIQUEの「フレッシュ プレスト C セブンデイ システム」。

ビタミンCの新鮮さを売りにしているコチラの商品は、

美容液にビタミンCパウダーを混ぜるという珍しい使い方を採用しています。


くすみや乾燥肌にしっかりとアタックしてくれるので、普段使いはもちろん、

結婚式やパーティーなどの特別な日に向けたお手入れにもピッタリです。


まずは7日間、徹底してビタミンCを肌に乗せていきましょう。

うれしい効果が期待できるかもしれません。



40代で取り入れておきたいエイジングケア美容液を5つ紹介してきました。

どれも年齢を重ねたお肌にピッタリな商品ばかりでしたね。


鏡で自分の肌を見て、「30代のときとは違うなぁ」と実感しても落ち込まないで!

今からエイジングケア美容液を取り入れると、数年後の自分の肌に変化が出るかもしれません。

よりよい形で年を重ねられるよう、年齢に合ったケアを心掛けたいですね♪

Writer : N.AMI さん
プチプラコスメ情報大好き! 趣味はSNSで最新コスメを漁ること。

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking

--