シーズン前からの対策が大事!今からできる花粉症対策とは?

春は待ち遠しいけど、憎っくき花粉症が訪れるのは憂鬱。そんな人も多いのでは?今は4人に1人が花粉症だと言われています。症状で仕事が手につかない!メイクが崩れて困る!そんな方はシーズン前からの対策が大事!今からできる簡単な花粉症対策を始めてみませんか?

出典:weheartit.com


花粉が飛ぶ前の初期療法



出典:www.canal-sign.jp


スギ花粉をはじめとする花粉は早いところでは1月下旬から飛び始めます。

花粉症であるという自覚がある人は花粉が飛び始める2週間ほど前から治療を開始することが大切です。

この治療を初期療法と言います。一般的に抗アレルギー薬での治療を行います。1月中旬頃から2月中旬ごろまで医療機関を受診しましょう。


あるいは、毎年決まった時期に発症する場合は2週間前にさかのぼってから受診しましょう。



初期療法ってどんな治療?



出典:weheartit.com

 

初期療法は大きく分けて3つあります。例年の症状や程度によって変わってきます。


抗アレルギー薬

くしゃみ、鼻水、鼻づまりに効果的。点鼻薬、点眼薬、飲み薬があります。飲み始めてから効果が出るまで約2週間かかります。副作用はほとんどないと言われています。


抗ヒスタミン剤

くしゃみや鼻水に効果的。鼻づまりにはあまり効きません。薬が効き始めるまで1~2日掛かります。即効性がありますが、持続性はないのが特徴。眠気やのどの渇きなどの副作用があると言われています。


抗ロイコトリエン薬

鼻づまりに効果的。鼻水やくしゃみも抑えることができます。薬が効き始めるまで1週間程度かかります。副作用はほとんどないと言われています。


初期療法と同時に!5つの生活習慣の改善



出典:weheartit.com


体の免疫力を下げてしまう5つの生活習慣はシーズン前から改善しましょう。


疲れやストレスを溜めこまない


花粉が飛び始める時期は年度末など仕事が忙しくなる時期。また、異動の時期とも重なることにより、ストレスも起こりやすい時期です。疲れている時は休憩する、休むなど休養を心がけましょう。


睡眠不足


花粉が飛び始める前から基礎体力をつけるためにも十分な睡眠を心がけましょう。また、シーズン中は花粉症の症状で体も疲れやすくなっています。いつもより多めの睡眠を取りたいですね。


出典:weheartit.com



適度な運動

運動不足では免疫力も低下してしまいます。花粉に負けないカラダづくりのために基礎体力を上げておきましょう。


食生活の見直し

野菜を中心にバランスの良い食生活を心がけましょう。油ものを多く摂りすぎる、不規則な時間に食べる、インスタント食品を多く摂るなどは注意が必要です。


飲酒や喫煙は控えめに

アルコールは鼻づまりの原因になると言われています。鼻の粘膜の血管を拡張させるので、鼻づまりに悩む人は控えることをおすすめします。タバコは鼻や喉の粘膜を刺激すると言われています。症状を悪化を防ぐためにも控えましょう。


いかがでしたか?

花粉は早いところでは既に飛んでいる可能性も。花粉症の自覚がある人は早めのケアが大切です。薬で症状を和らげるとともに、普段の生活でも出来ることから改善できるようにこころがけたいですね。

Writer : cyan さん
新しいことが大好き!気になる美容法やダイエットはすぐ試しちゃいます。

おすすめ記事

Ranking