春に向けて潤いのある素肌へ!加齢に負けないスキンケア

寒さが厳しく、肌の調子が悪い。春先はいつも肌環境が揺らぐ。そんな方も多いのでは?若い頃と違い、30代・40代はなかなか悩みも解決しません。加齢に負けない肌をつくるにはどうしたらいいの?という方のために春に向けてのスキンケア法をご紹介します。今から対策を行い、トラブルが出やすい春先を乗り切りましょう。

出典:www.brit.co

 


まずは水分補給がカギ!



出典:weheartit.com


年を重ねるたびに気になり始めるのがお肌の乾燥。

実は年齢が上がるにつれて、お肌のセラミドの成分が減っていくのが原因だと言われています。

セラミドとは肌内部の成分でお肌のバリア機能を保つ重要なものです。

外部からの刺激から肌を守り、水分をため込む重要な成分なので、セラミドが減ると肌が乾燥したり荒れやすくなります。


乾燥している肌が欲しいのはとにかく水分!

水分補給をカギと心得て、しっかり化粧水をつけましょう。

化粧水の後には美容液やクリームでしっかり蓋をすることもお忘れなく!

また、セラミドが含まれた化粧水やクリームも販売されています。

特に乾燥がひどい人はセラミド配合のものを選ぶと良いでしょう。


剥がす・入れる・守るも重要!



出典:www.brit.co

 

古い角質を剥がす

若い頃と違い、ターンオーバーが乱れがちなお肌は積極的なケアをしてあげることも重要です。

古い角質が溜まっていると感じたら、ピーリングやマッサージで古い角質を剥がしてあげましょう。

古い角質を除去すると、早く修復しようとして新しい細胞が上がってきますよ。


ビタミンCを入れる

ビタミンCは抗酸化作用を持ち、老化やシミ予防に効果的です。

ビタミンC誘導体配合のスキンケア商品を使ったり、ビタミンCを積極的に体内に取り入れるのも効果的です。

ビタミンCは紫外線による刺激に対する抵抗力をつけてくれます。


紫外線から肌を守る

春先に掛けて一番注意したいのが紫外線。特に3~5月は日差しの強さに関係なく、紫外線の量がかなり増えます。

紫外線は肌の奥の真皮まで届き、肌の弾力に影響するエラスチンやコラーゲンを変性させたり、メラノサイトを活性化させてメラニンを作ります。

弾力を失ったりシミが増えないよう、日焼け対策はしっかり行いましょう。


たるみ対策も始めよう



出典:weheartit.com


肌に弾力がなくなった、シワが気になりだしたという人も増えます。

また、たるみやシワが気にならないという人でも早めのケアは重要!

毛穴のたるみに始まり、目元やフェイスラインがたるんだり、ほうれい線が目立ってくると悲しいですよね?


年を重ねると肌のコラーゲンが減少し、支える力がなくなってきます。

真皮のコラーゲンを取り戻すにはレチノールが効果的!レチノールはビタミンAの一種です。

真皮のコラーゲンを強化してくれる働きがあるので、たるみが気になりだしたら、レチノール配合の化粧品を選びましょう。


また、表情筋を自ら鍛えてあげることも大切。

大きな口を開けながら「あ、い、う、え、お」と言い(声は出さなくても良い)、最低でも1日10回以上行うだけで、差が出てきます。



いかがでしたか?

年齢に負けない肌作りをするには、何事も早めのケアが必要です。

気づいたときには手遅れ!なんてことにならないように、日々の努力が肝心ですね。

Writer : cyan さん
新しいことが大好き!気になる美容法やダイエットはすぐ試しちゃいます。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking