頑固なくせ毛をどうにかしたい!みんなが実践してるくせ毛対策

頑固なくせ毛に悩んでいる方って多いですよね。 生まれつきの方も居れば、そういえば最近髪がまとまらないなと思う方も居られるのではないでしょうか。 しかしそのくせ毛、対策次第でキレイにまとめることが出来るんですよ。 そこで今回はくせ毛でお悩みの方に必見なくせ毛対策を紹介したいと思います。

くせ毛の原因は?



そもそも何故くせ毛になるのか、まずはその原因を紹介します。


遺伝



くせ毛の原因が遺伝という説はとても有力です。

お父さんかお母さんどちらかがくせ毛の場合は、子供にも遺伝しやすいと言われています。


ホルモンバランス、食生活の乱れ



ホルモンバランスの乱れでも、くせ毛になることがあります。

多くは、身体が大きく変化する思春期や出産前後、更年期に起こります。


また思春期には無理なダイエットなどで食生活が乱れがちになってしまうと、身体の末端まで栄養が届かず、くせ毛になることがあります。


毛穴の汚れ



その他に多いのが毛穴の汚れです。

毛穴に汚れが溜まると、真っ直ぐ生えるはずの毛が邪魔されてしまい、くせ毛になると言われています。

汚れの多くはシャンプーのすすぎ残しや皮脂です。


くせ毛の対策



先天的にも後天的にも起こりやすいくせ毛。その対策は意外にも簡単なことなんです。

日々の生活で続けられる対策を5つ紹介します。


質のいい睡眠をとる



休息、睡眠を意識して行っていくとホルモンバランスが整えられ、くせ毛の対策になります。

具体的には成人だと1日に7~8時間程は睡眠時間確保したいところですね。


さらに日頃からストレスを溜めないようにすることも大切です。


栄養バランスが整った食事をする



髪の主成分はタンパク質です。

タンパク質の一種にケラチンという物質があり、髪の99%はケラチンで構成されています。


そのためタンパク質が多く含まれている、納豆や卵、魚料理を摂取するようにするといいですね。


毛穴の汚れを取る



毛穴の汚れを取ってスッキリさせるには、弱酸性のアミノ酸系のシャンプーを使うことをおすすめします。

これは汗をかいて皮脂が詰まった毛穴も、アミノ酸で頭皮の余分な油を洗い流してくれる効果があるのです。


また熱いお湯だと頭皮が乾燥して汚れが出てしまうので、ぬるめのお湯で最低2分は洗い流すようにしてください。


根元から乾かす



 シャンプー後に乾かす時は必ずタオルドライをしてください。

タオルで髪を挟んで叩くように乾かすと、傷むことなくタオルドライが出来ます。


また、その後ドライヤーで乾かす時は根元から乾かします。髪の癖は根元から付いていることが多いです。そのため手でほぐしながら乾かしていきます。


乾かさずに濡れたまま寝てしまうと、寝具と髪の間で摩擦が起き、髪が傷むだけでなくくせ毛の原因となるので注意してください。


ストレートパーマ、縮毛矯正



対策とは少し違うかもしれませんが、思い切ってストレートパーマや縮毛矯正をする方法もあります。

少しお金はかかりますが、プロの美容師さんにお願いすることで最小限の刺激で済み、髪を傷まないように施術してもらえますよ。



いかがでしたか。

くせ毛は遺伝だけでなく、生活習慣も大きな原因になっています。

対策も日常生活で気を付けれることが多いので、簡単に始められると思います。

自分のできることから少しずつ始めて、くせ毛とはおさらばしましょう!

関連記事

Writer : value11 さん
幅広い記事を書いていきたいです! よろしくお願いします!
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking