知ってた?冷え性と低体温症の違いってどこにあるの?

女性に多い冷え性。冷え性というと「手足が冷たい」というイメージがありますよね。低体温症も体温が低いということだから、冷え性と同じなんじゃないの?と思う人も多いはず。しかし2つの症状は根本的に違うものなんです。今回は知っているようで知らない人が多い「冷え性」と「低体温症」の違いをご説明していきましょう。

出典:belta-cafe.jp


1.冷え症は全身の「末端」が冷えること



出典:www.supkomi.com


女性に多い冷え性は全身の末端が冷える症状です。

そのため、体温は正常なのに、手足だけ異常に冷たいという場合があります。

これは冷え性の典型的な例。

冷え性の人は冬に手足が冷たくなるだけでなく、夏でも比較的手足が冷たいという症状を抱えています。


冷え性の原因は血行不良がほとんど。

その他にもストレスが原因で冷え性になることもあるようです。


2.低体温症は全身の「中枢」部分が冷えること



出典:allabout.co.jp


低体温症は手足の冷たさはそれほどもないのですが、体温がとっても低いのが特徴です。

私たちの体温は本来36~37度程が適温。

内臓の温度は37度言われています。


しかし、低体温症の人では内臓の温度が35度以下になってしまうこともあるんだとか。

体温計で測る体温は、内臓の温度に比べ若干低めに計測されます。

そのため、常に34度代だという人は明らかな低体温症です。

35度の人でも低体温症の部類に含まれます。


低体温の原因は様々。

体温が34度代の人は明らかに病気である可能性が高く、自分で体温を上げることができない状況にあるかもしれません。

そういう場合は常に暖かい毛布などで全身をくるみ、体温を調節する必要があります。

また甲状腺機能低下症という病気が原因で起こることもあるそうです。


体温が35度代という場合は、病気だけでなく、生活習慣が関係してくることもあります。

朝食を食べない・運動をしない・日頃のストレスなど不規則な生活習慣が低体温を生む可能性もあります。


3.冷え性・低体温症を改善するには?



出典:mocow.jp


まず冷え性を改善するには、手足をよく動かし、血行不良を改善することから始めていきましょう。

こまめに動かすことで、血流は確実によくなります。

また、首・手首・足首・お腹を温めることも冷え性改善につながります。

手足を動かしながらよく温めてみてくださいね。

体を冷やさないよう温かい飲み物を飲むのもおすすめです。


低体温症を改善する方法ですが、34度代の体温の場合は病気の可能性が考えられますので、病院で調べてもらうことをおすすめします。

体温が35度代の場合は、生活習慣が関わっているかもしれません。

朝食はかならず摂り、運動不足の改善もした方がよいでしょう。

また日頃のストレスも溜めないよう、ストレス発散も上手に行っていってくださいね。



いかがでしたか?

冷え症や低体温症は体の機能を低下させてしまうため、太りやすくなったり、免疫が低下することも考えられます。

体の芯から温める習慣・規則正しい生活を心がけ、冷え性・低体温症を改善していってくださいね!

Writer : ta_sa さん
長女、次女、長男の3人の子をもつママです! ママでもいつまでもキレイでいられるように、日々努力しています!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking