とびきりおしゃれに楽しむ♡ちょっとお高めアフタヌーンティー事情

プレートやティースタンドに盛られたカラフルなスイーツや軽食を紅茶とともに楽しむアフタヌーンティー。見た目にも華やかでオシャレなので気分も上がりますよね♡そこで今回は、ホテルなどのちょっぴりお高めなアフタヌーンティーをご紹介していきたいと思います♪

アフタヌーンティーって?  



アフタヌーンティーとはイギリス発祥のお茶文化のことで、午後4時から5時くらいに紅茶と共にお菓子や軽食を楽しむお茶会です。 19世紀半ばに貴婦人の間で社交を目的として始まった文化とされています。


伝統的な3段のティースタンドが主流ですが、最近では和の要素を取り入れたものやワンプレートのものなど様々なアフタヌーンティーが登場しているようですよ!


特に、国内外の賓客をもてなす高級ホテルのアフタヌーンティーはどれも個性的でこだわりを感じさせてくれるものばかり! いつもとは少し違った優雅なひと時を過ごしてみてください。


憧れホテルで優雅なアフタヌーンティーを


◎グランド ハイアット 東京「フレンチ キッチン」



グランドハイアット東京のフレンチキッチンでは、月替わりのテーマに合わせたアフタヌーンティーを提供しています。


4月15日までは桜やイチゴを使ったアフタヌーンティーを、4月16日~5月31日まではラベンダーやジャスミン、ローズなどのパステルカラーに彩られたフローラルアフタヌーンティーを楽しむことができます。


時間:15:00~17:30

料金:平日3800円(税・サービス料別)  土日祝4200円(税・サービス料別)


◎マンダリンオリエンタル東京「オリエンタルラウンジ」  



ホテルの最上階38階に位置する「オリエンタルラウンジ」。 床から天井まである大きな窓から、東京を一望しながら優雅な午後を過ごせます。


伝統的な3段プレートで繊細なセイボリーとカラフルなプティフールが。

常に焼き立てを提供してくれる2種のスコーンはおかわりが自由です。


お昼から利用することができるので、ランチとしても◎


時間:12:00~17:30

料金:平日4500円(税・サービス料別) 土日祝4800円(税・サービス料別)


◎帝国ホテル東京「インペリアルラウンジアクア」



日比谷公園の緑を望む17階のインペリアルラウンジアクアでは、季節ごとに装いを変えるアフタヌーンティーを提供しています。


4月19日までは旬のイチゴを使った「アフタヌーンティーストロベリー」を、4月20日~5月31日まではハレクラニフェア開催に合わせ「ハレクラニ コラボレーション アフタヌーンティー」を楽しむことができます。


平日・土日祝問わず窓際席の予約をすることが可能なのも嬉しいポイントです。


時間:11:30~18:00

料金:アフタヌーンティーストロベリー 4989円(税・サービス料込) ハレクラニコラボレーションアフタヌーンティー 5346円(税・サービス料込)


◎インターコンチネンタル東京ベイ「ニューヨークラウンジ」



インターコンチネンタル東京ベイのニューヨークラウンジは、ニューヨークをイメージした店内にシャンデリアや鏡など煌びやかな調度品があしらわれたラグジュアリーな空間です。


伝統的なスタンドスタイルと和のお重スタイルを選ぶことができるという、国際色豊かなニューヨークラウンジならではのこだわりを感る事ができますよ。


時間:11:00~22:00

料金:平日3333円(税・サービス料別) 土日祝3833円(税・サービス料別)


アフタヌーンティーのマナーをチェック!  



憧れホテルのアフタヌーンティーに行くなら、マナーやお作法も身に着けておきたいところ。

最低限のマナーをおさらいしておきましょう。


◎料理について

料理の種類がたくさんあるアフタヌーンティー。

基本的には下から順番に食べていくのがマナーのようです。1口で食べきれないものはナイフとフォークを使って切り分けて、パンやスコーンは手でちぎって食べるようにしましょう。


また、キレイに並べられた料理は手で取るよりもナイフとフォークを使って取り分けたほうが美しいですね。


◎飲み物について

紅茶を飲むときはカップのみを持ち上げ、ソーサーはテーブルに置いたままにしましょう。テーブルとの間が空いてしまうときのみソーサーを持ち上げます。


紅茶のおかわりが欲しい時はスタッフの方に注いでもらうようにします。その際はソーサーごとではなくカップのみを渡すようにしましょう。


また、イギリス式ではティースプーンはカップの奥に置くのがマナーとされています。使わなかった場合もカップの奥に移動させておきましょう。



いかがでしたでしょうか?高級ホテルの優雅な雰囲気とともに、贅沢な午後を楽しんでみてください♪

Writer : yoyo さん
元ネイリストの主婦です♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking