ここまで来て!?彼との価値観の違いを乗り越える方法

せっかくここまで来たのに…。 大人になると、急に相手から「価値観が違う」とクレームをつけられることも。 二人でたくさん壁を乗り越えてきたからこそ、すぐには諦めたくないと思うのは当たり前。 ところが彼は頑なに価値観の違いを押し付けてきます。 二人で乗り越えていくためには、一体どうすればいい? 今回は、価値観の違いを乗り越える方法をご紹介します。

お金の価値観は「見せる部分と見せない部分を明確に」



価値観の違いといっても、どんな部分が違うのか。

それはカップルによっても異なります。


たとえば今は彼氏の方が、年収が低い場合も十分あり得ます。

彼女がいわゆるキャリアウーマンタイプでバリバリに働いている場合、やはり普段どんな場所にお金を遣うのかも変わります。


彼はお水さえも水筒で持ち歩くタイプだとします。

一方彼女は美味しいお水を求めて高級スーパーに行くようでは、二人の価値観はかなり大きくズレていることになります。

あくまでもお互いに相手が良いなら、見せる部分と見せない部分を明確にしながら、お付き合いする必要があるでしょう。


彼と一緒に買い物をするよりも、彼の見えないところでこっそりと買った方がお金に関して文句を言われなくて済むはず。

普段のお金の遣い方は彼に合わせつつ、買い物をするときは一人で楽しむことで、個人的なお金の使い道を見せなくて済みます。

そうやって、彼のご機嫌をとっていくしかありません。


趣味の価値観は「家庭に影響が出ない範囲で」



本格的に趣味をきわめている場合「趣味」という領域を超えて、ライフワークとなっている人もいます。

まるで二番目の仕事のように時間とお金を費やし、趣味を通して輝いている女性たちもたくさん。


ただし問題は、家庭とどう両立するかです。

最初から家庭を持つつもりがないなら一人のペースを貫くまでですが、あくまでも結婚や子育てを視野に入れているなら、家庭に影響が出ないやり方を覚えなくてはいきません。


ヨガや英会話のように、ある程度まとまった「修行」の時間が必要な場合、どうしても両立術が求められます。

今までの積み重ねを壊さないやり方は、自分で見つけるしかありません。

あまり趣味だけを追い求めすぎて、彼のご機嫌を斜めにしないように気をつけて。


仕事の価値観は「自分の意見を通してもらう分、どこかで彼の希望を叶える」



一番価値観がズレやすいのは、女性側の仕事に対する価値観です。

そして彼が女性側にどんな働き方を求めるかで、二人が結婚できるのか、できないのかの明暗が分かれます。


たとえば、彼としては女性に仕事と家庭の両立を求めていたとします。

しかし、肝心の彼女はキャリアの第一線で活躍していたいと考えていたら、少しだけピントがズレていますよね。

子どもを産むことを考えられないとなれば、おそらく彼としては想定外。


二人の価値観が埋められないとなると、どんなに長く交際していても、価値観のズレだけで別れる可能性も十分あります。

ある程度は、自分のキャリアプランを通してもらう以上、彼のライフプランに沿ったキャリアプランを再度、構築し直す必要があるでしょう。


「絶対に子どもを産まない」ではなく、子どもを産む方向でキャリアプランを考え直すだけでも、二人の溝が埋まるかもしれません。



価値観の違いは、夫婦となっても完璧には解決できないでしょう。

ただ、小さなズレが二人の修復を二度とできなくさせる場合も。

まだ話し合える状況なら、ゆっくり話し合い、二人にとっての妥協案を探してみて!

(PR)
いかがでしたでしょうか。

みなさんそれぞれ悩みがあると思います。
一人で抱え込まずに、相談することで悩みが軽くなることもありますよね。
友達や家族への相談が難しい場合は、専門家の人に相談してみてはいかがでしょうか。


トークCAREはLINEが提供するサービスなので、LINEで簡単に利用ができます。
Writer : 愛カツ 編集部

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking