和食はダイエットに最適!?健康的に美しく痩せよう♪

暖かくなってきたこともあり、「そろそろダイエットしなきゃ!」と思っている方、いますよね。 そんなあなたにおすすめしたいのが、無理なく行える、和食を取り入れたダイエット方法です。 世界的にも和食はダイエットに適していると注目を集めており、有名モデルやセレブの間でも人気で、取り入れている人が多いのだとか。 和食をダイエットに取り入れると、自然とバランスの良い食事になり、ダイエットに効果的ですよ! そこで今回は、ダイエットに和食を取り入れる方法をお話ししていきますので、参考にしてみてくださいね。

和食をダイエットに取り入れてみよう!



日本でも日本食離れが目立ち、食の欧米化が進んでいることで栄養バランスが崩れてきているといわれています。


そこで、再び見直されているのが和食の素晴らしさです。

和食には低カロリーな料理が多く、かつバランスよく栄養を摂取することができる、とても優れた食事です。


健康的に痩せることができるので、ダイエットを考えている方は、ぜひ日常生活に取り入れてみましょう。


和食ダイエットを行うには、1日3食きっちりと食べることが大切です!

朝食を抜いたりすると、夕食の食べ過ぎにつながり、翌日の朝もお腹が減らず朝食を食べないという悪循環に陥ってしまいます。


また、朝食をとることで、脳や臓器にしっかりと栄養がいきわたり、その日1日を元気よく過ごす事ができます。和食はダイエットにはもちろん、健康的な生活をするのにとても効果的ですよ!


またダイエットで和食を取り入れる場合は、食べ方にもポイントがあります。

野菜類や汁物を最初に食べ、その次にお肉や魚などのたんぱく質、最後にご飯などの炭水化物を食べるように心がけましょう。


この食べ方を取り入れることで、血糖値の上昇を抑え、脂肪をつきにくくしてくれますよ!


ダイエットに効果的な和食って!?



ダイエットに効果のある和食とは、どんな和食なのでしょうか。


まずは和食の基本である『一汁三菜』を意識しながら、献立を考えてみましょう。

『一汁三菜』とは、基本的な和食のスタイルで、ごはん・汁物・主菜1品・副菜2品の組み合わせのことをいいます。

この組み合わせを意識すると栄養素が偏らないと言われています。

この時、汁物・主菜・副菜には、それぞれ違う食材を使うよう心がけましょう。


また、ごはんを白米から玄米に変えると、より効果を実感することができるでしょう。


『まごわやさしい』という言葉を知っていますか?

これは、バランスのよい食事を考えるうえで役立つ言葉です。


『ま』は豆類、『ご』はごま、『わ』はわかめなどの海藻類、『や』は野菜、『さ』は魚、『し』はしいたけなどのきのこ類、『い』はイモ類です。


これらの食品を意識しておくと、栄養バランスが良い食事をすることができ、結果的にダイエットにつながっていきます。


和食ダイエットの注意点



和食をダイエットに取り入れる時には、いくつか注意点があります。

以下の点に気をつけながら、行っていきましょう!


まずは、塩分や糖分を取り過ぎないように、注意しましょう!

日本食の味付けをする時には、塩・しょうゆ・砂糖などをよく使うので、塩分や糖分を多く摂りがちです。

特に塩分は摂りすぎると、ダイエットの大敵となるむくみの原因となってしまいます。

味付けは、素材の味を大切にして、薄味にするといいでしょう。


また、炭水化物の取り過ぎにも注意が必要です。

人のエネルギーとなる必要な栄養素である炭水化物ですが、多く摂りすぎてしまうと中性脂肪となり、肥満の原因となってしまいます。

野菜を多めにしたり、朝はしっかり・夜は少なめにするなど量を調節したりするといいでしょう。


和食だからといって揚げ物や油の多い炒めものなどを積極的に食べることは、控えましょう。



いかがでしたか?

いつも食べている和食ですが、ちょっとしたポイントに気を配るだけで、ダイエットの効果が出てきます。

和食ダイエットの良いところは、食べながら痩せられるということです。

ぜひ、この機会に和食を取り入れて、無理なく健康的な美しいボディを手に入れてみてはいかがでしょうか。

Writer : 愛カツ 編集部

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking