華やかな春メイク♡お花見デートにぴったりのメイクはコレ!

満開の桜の下で、お花見が楽しめるシーズンの到来です♡可愛らしい桜のイメージに合う春メイクと言えば、テーマカラーは間違いなくピンクで決まり! ガーリーなピンクメイクで、お花見デートに出掛けませんか♪

まずはベースの肌作りから



くすみはオフし、下地でキラキラを忍ばせて


ピンクメイクをする時には、肌のくすみをしっかりカバーするのが鉄則です。

下地にピンク系やパープル系のコントロールカラーを使うと、肌の透明感がアップし、自然な肌の血色感を高めてくれますよ♪


ガーリーな可愛らしさを演出するなら、下地にパール入りのものを選んでみてください。肌の内側からのほのかなきらめき感が、肌を華やかに見せてくれます♡


リアルな素肌感が仕上がりのカギ


2018年春のベースメイクトレンドは作りこみすぎないリアルな肌質感がポイントです。厚ぼったくマットに作りこんでしまうと、春メイクにはやりすぎな印象になってしまいます。


肌との一体感の高い、セラムタイプのリキッドファンデーションや、軽い仕上がりのパウダーファンデーションで、透明感のある肌に仕上げましょう♪


まるで素肌そのものが美しいかのような肌質感と、自然に滲み出たような艶感は、ピンクメイクの華やかさを引き立ててくれますよ♡


パーツ別のピンクメイク



アイメイク


赤みのある色は膨張色なので、一重や奥二重の方はピンクの使い方に工夫しましょう。ピンクをまぶた全体に広げてしまうと腫れぼったくなり、目が小さく見えてしまうのです。


ピンクを使いながら、パッチリとした印象的な目元に見せるには、ダークな締め色と組み合わせることがコツです。


アイメイク全体はシックなブラウンなどを使い、目尻や下まぶたの目尻寄りの部分に、効かせカラーとしてピンクをのせるのがおすすめです。

ピンクがアクセントとなって、印象的な目元の表情になりますよ♡


お花見デートにぴったりの桜色メイクのやり方は、動画でも確認してみてくださいね♪


【お花見にぴったり♡桜色メイク】


また、上まぶたにピンクを使わなくても、普段のメイクにピンクの効果をプラスすることも出来ますよ♪


下まぶたの涙袋部分にピンクのアイカラーやチークをさっとのせてみましょう。

うるんだような瞳に見えて、女性らしい可愛い印象がアップしますよ♡


チーク





ピンクは発色が強すぎると子供っぽく幼い印象になってしまうので、パウダータイプのチークを大き目のブラシで取り、ふんわりとつけるのがおすすめです。


色白の方はピンク系のチークをそのままオンすればOKですが、イエローベースの肌の場合、ピンク色は肌から浮いてしまうように感じることも。


そんな時はピンクチークにコーラル系のチークを少し混ぜてみてくださいね♪肌色になじみやすいピンクに変化して、自然な血色のように見える仕上がりになりますよ。

 

リップ





とびきりキュートなピンクメイクにしたいなら、唇には濡れ感のあるジューシーなリップをオン♡ツヤツヤとした質感が、唇を魅力的に見せてくれますよ。


イエローベースの肌の人には、肌になじみやすいコーラルピンクのリップおすすめです。肌から色が浮きにくく、ナチュラルな印象になります。


注目のくすみピンクを選べば、少し大人っぽい印象に。アイカラーやチークとのバランスを取って、あえて落ち着いたピンクで抑えるのも良いですね♪


女の子らしいぽってりとした厚い唇を強調するなら、リップペンシルを使って、本来のリップラインよりも少しオーバー気味に輪郭を取りましょう。


口紅は指に取ってからポンポンと唇に色をのせるようにして塗ります。そのまま塗るよりも唇のぷっくり感をいかした仕上がりになりますよ♪


いかがでしたか?

春メイクと言えばやっぱりピンクが間違いなしの定番カラー!普段のメイクの時とは違った魅力が輝き出しますよ♪あなたにお似合いのピンクメイクを見つけて、お花見や春服コーディネートを楽しみまし

関連記事

Writer : itnail 編集部
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking