毎日続けてほうれい線とサヨナラ♪3つの方法

ほうれい線ってよく聞く言葉ですが、年齢を重ねるとできるシワだと思っていませんか? ほうれい線は、実はシワではありません。鼻の両側から唇の両側にかけてできる、頬との境界線なのです。ですから年齢に関係なく、ほうれい線ができやすい人、できにくい人がいるのです。 ここではほうれい線について原因とできやすい人、その対策についてまとめてみました。

 出典:woman.mynavi.jp

 

 

 

ほうれい線ってよく聞く言葉ですが、年齢を重ねるとできるシワだと思っていませんか?

ほうれい線は、実はシワではありません。鼻の両側から唇の両側にかけてできる、頬との境界線なのです。ですから年齢に関係なく、ほうれい線ができやすい人、できにくい人がいるのです。

ここではほうれい線について原因とできやすい人、その対策についてまとめてみました。

 

 

 

ほうれい線の原因


 出典:grandplasticsurgery.blogspot.jp

 

 

 

ほうれい線ができてしまう一番の原因は筋肉の衰えです。筋肉の働きが鈍くなると頬の脂肪が下に落ちてしまい、溝になってしまうのです。加齢や皮膚の乾燥などによってその溝は深くなってしまいます。上から保湿化粧水などをつけても、筋肉の衰えを防がないと無駄になってしまいます。

 

 

 

ほうれい線ができやすい人


 出典:nationtrendz.com

 

 

 

頬が柔らかい

顔が丸く頬の肉が柔らかい人は、基本的に顔の筋肉が少なく、皮膚がたるみやすいのでほうれい線ができやすいのです。顔が丸いからとダイエットを繰り返すと、皮下脂肪が落ちてしまい、ほうれい線がますますひどくなってしまいます。筋肉を落とさないようなダイエット方法を試しましょう。

頬が柔らかいのは水分が多いということもあります。水分量を失わないように乾燥には十分気をつけましょう。

 

 

 

肩コリ、猫背

肩コリがひどかったり、猫背の人は肩甲骨から背中にかけての筋肉がかたまっていることが多いのです。体の筋肉は全てにつながっているので、顔の表情筋も固くなっているはずです。つまり筋肉全体の柔軟性が失われているのです。表情筋が固いと、ほうれい線の溝が深くなる原因にもなります。

 

 

 

片方の歯で噛んでいる

食べ物を噛むときに片側しか使っていない人は、顔のバランスが崩れている可能性があります。片側だけで噛んでいるということは、使っていない方の表情筋は衰えてしまっているのです。筋肉のバランスが崩れ、片側だけほうれい線ができる原因になります。なるべく両側を使って噛むようにしましょう。

 

 

 

ほうれい線を作らないために


ほうれい線をつくらないために、できてしまっても、それ以上ひどくしないための方法を3つまとめてみました。

舌まわし体操

 出典:favim.com

 

 

 

口を閉じて唇と歯の間の粘膜をなめるような感じで、舌をぐるぐるまわします。ほうれい線ができやすい部分を内側から上下になぞったり、頬の内側をぐるぐると円をかくようにまわすのも効果的です。回数は20回ぐらいがいいのですが、あまり強くまわしすぎないように注意してください。

口をあけて上下左右に舌を出してもOK。血行が促され、唾液の量が増えることで免疫が上がったり、口臭予防の効果も期待できます。

 

 

 

オイルプリング

 出典:www.ayurvedicnaturalhomeremedies.com

 

 

 

オリーブオイル、ココナッツオイルなどを大さじ一杯、口にふくんで15分ほどクチュクチュします。口の中をゆすぐ感覚です。15分ゆすいだらオイルは吐き出し、水でうがいします。できれば朝に行うのが望ましいのですが、時間がなければ夜でもかまいません。オイルも植物油なら胡麻油などでも大丈夫です。ココナッツオイルはデトックス効果も期待できるのでオススメです。頬の筋肉を意識しながら行いましょう。

 

 

 

表情筋を鍛える

 出典:nubry.com

 

 

 

表情筋の老化を防ぐためにもエクササイズを行いましょう。口を大きく開き、舌を顎に向かって大きく出します。そして10秒ほどそのままにします。それから顔の筋肉の動きを意識しながら、「あいうえお」と口を大きく動かします。更に上を向き、首筋の動きを意識しつつ口角を上げて10秒そのままでいます。

これを1セットとして何回か行います。お風呂に入りながらだと保湿も期待できます。 

 

 

 

いかがでしたか?ほうれい線をつくらないための方法は1種類だけではなく、いくつか組み合わせたほうが効果が期待できます。顔の筋肉だけではなく、体全体の筋肉を鍛えたり血行をよくしたりするなど、併せて気をつけるようにすれば、ほうれい線もできにくくなります。普段から意識するようにしましょう。

 

 

Writer : myreco 編集部
myreco公式アカウントです。 コスメ・ネイル・ヘアスタイルなど女子が気になる美容情報や、ライフスタイル・スポットなどの記事も発信していきます♡

おすすめ記事

Ranking