体の芯からポカポカに♡生姜のチカラ

冬のさむ~い時期、代謝が鈍って正月太りが解消できない、風邪をひきやすくなった、生理が来ない…。 冷えは、女性の体に百害あって一利なし。 そんな冬を乗り切るには、生姜の力を借りるのが一番手っ取り早いのです! ここでは、オススメの生姜の使い方をご紹介しますね♡

出典:www.creaders.net


1.生姜の効能



出典:macaro-ni.jp


生姜が体にいいということはみなさんご存知のはず。

生姜の効能の中心となるのは、体を温め、脂肪や糖の代謝を高めてくれるショウガオールと、免疫力を高めてくれるジンゲロール。

ダイエットにも効果的で健康維持にも役立つという優れモノなのです。

それだけではなく、吐き気を抑制する効果もあるので、乗り物酔いの薬の成分にも含まれていたり、つわりの苦しい妊婦さんにもおすすめなんです。


2.おすすめ生姜レシピ



ハニージンジャーミルクティー


出典:tea-info.net


寒い冬の夜は、冷えて寝つきが悪くなってしまうもの。
寝つきが良くなると言われている牛乳と、体がホッと温まるはちみつと生姜のコラボで、安眠に役立つこと間違いなし♡

寝る前の気になるカフェインも、牛乳の力でカバーしてくれます。


作り方は簡単。

好きな茶葉で紅茶を作り、お好みの量ではちみつと生姜(チューブでもよい)を入れ、最後にミルクを入れたら出来上がり。


茶葉にこだわりたい人は、味が濃い目なアッサムや、香り高いアールグレイなどの茶葉を使うのがおすすめ。

ダージリンだと、せっかくの繊細な味と香りが潰れてしまうのでミルクティーには不向きです。


3.こんな使い方も!生姜風呂



出典:www.yazuya.com


美意識が高い女子は実行している半身浴。

なんといっても、体を温めることが健康維持の第一歩。

半身浴でなくても、湯船には必ず浸かるべきです。


そこでも生姜のパワーを借りて効果を高めましょう!

お風呂にも生姜です。

体を温めてくれる生姜は、リュウマチや冷え性の改善にも効果的なんですよ。


生姜風呂は、市販でも入浴剤が売られていますが、家庭でも簡単に作れます。

生の生姜1~2片を皮ごとすりおろし、ガーゼか布巾を袋状にしたものに包みます。

それを入浴する15分ほど前にお湯に浮かべておけば、入浴するころには生姜の成分が溶け出してちょうどよい頃合になっているでしょう。


生姜は殺菌成分もあるので、体の汚れを落としやすくしますが、肌が敏感な人には刺激が強すぎる可能性もあります。

最初は生姜の量を調節しながら試してみてくださいね。

ヒリヒリするようなら生姜を取り除いてから湯船に入るのもおすすめです。
 


いかがでしたか?

生姜は食べるだけではなく、様々な用途に使えます!

生姜を存分に使って、寒い冬を乗り切ってくださいね♪

Writer : Momo. さん
美容と音楽が大好きな専業主婦です

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking