涼しくなってきた秋におすすめ♪ウォーキングのコツ

年齢とともに代謝は落ちていくもの。 運動しなきゃと分かっていても、特に女性の皆さんは腰が重くなってしまいませんか? ジム通いを契約したのはいいものの、結局あまり通わなくなってお金だけもったいなかった…という話もよく聞きます。 でもウォーキングなら簡単に、いつでもどこでも始められます♪ 自力で歩ける限り、年齢問わずに出来るのも嬉しいところ。 ウォーキングはランニングと比べると、ダイエットとしてはあまり期待はできませんが、健康維持や代謝を上げるという意味では効果的です。 ところで、ウォーキングは朝に行うのと夜に行うのとでは効果が違うということをご存知ですか? 今回は、時間帯によってどのような効果の違いがあるのか調べてみました♪

1.ウォーキングの効果とは?



出典: lzf/Shutterstock.com


年齢とともに代謝は落ちていくもの。

運動しなきゃと分かっていても、特に女性の皆さんは腰が重くなってしまいませんか?

ジム通いを契約したのはいいものの、結局あまり通わなくなってお金だけもったいなかった…という話もよく聞きます。


でもウォーキングなら簡単に、いつでもどこでも始められます♪

自力で歩ける限り、年齢問わずに出来るのも嬉しいところ。

ウォーキングはランニングと比べると、ダイエットとしてはあまり期待はできませんが、健康維持や代謝を上げるという意味では効果的です。

それではより効果的なウォーキング方法を見ていきましょう♪


2.気持ちよい一日の始まりに!朝のウォーキング



出典:Odua Images/Shutterstock


早朝ウォーキングは、朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、自律神経が整うことで発汗や体温調節を促してくれます。

1日の始まりに血流をよくしておくと、代謝がよくなり消費カロリーが格段に違ってくるのです!

また、朝食をとるタイミングにも気をつけたいところ。

早朝の空腹時は血糖値が低いので、ウォーキングのためのエネルギーは脂肪から取り出されるため、脂肪燃焼率が高いと言われています。

だから朝食を取る前にウォーキングをするのがおすすめ!


ただし、朝は筋肉がまだ温まっていないので、怪我をする可能性もあります。

怪我を防ぐためにはウォーキング前にしっかりとストレッチを行ってくださいね。


3.心地よい眠りのために♪夜ウォーキング



出典:Skylines/Shutterstock.com


それでは夜のウォーキングの効果はどうなのでしょうか。

空腹時の方が脂肪燃焼率がいいことを考えれば、夕食後よりも夕食前に行う方が効果的だと言えるでしょう。

また1日活動してきて体が温まっているので代謝もよくなっているはずです。

夕食後のウォーキングでは、食後すぐは避け、食後1時間後ぐらいから就寝2時間前の間に行いましょう。


食べてすぐは胃腸が消化している時間帯ですし、就寝前に運動すると逆に脳が活性化されて寝つきが悪くなります。

運動から2時間ほど時間をあけて布団に入れば、心地よい疲れとともに、体内時計も「寝る」モードに切り替わるため、質のよい睡眠を促すことができるはずです。



いかがでしたか?

ダイエット効果を期待するなら、朝のウォーキングの方が効果が高いと言えるでしょう。

ただ、20分以上は歩くこと。

20分ほどの有酸素運動をして、ようやく脂肪が燃焼されはじめると言われています。

継続は力なり。

毎日の習慣にしていくことで、代謝を上げていってくださいね♪

Writer : Momo. さん
美容と音楽が大好きな専業主婦です

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking