ダイエットにも美姿勢にも☆背中を鍛えるメリット

皆さん、トレーニングするとしたら、一体どこを鍛えたら効果的だと思いますか? 「お腹」や「太もも」、「二の腕」という回答が一般的ですが、実は「背中」がとても効果的なんです! 今回はその「背中」を鍛える事によるメリットと簡単なトレーニング方法をご紹介していきます。 美しい姿勢を手に入れて、素敵な印象を与えましょう♪ ぽっこりお腹を何とかしたい女子も必見!是非ご一読下さい☆

出典:slism.jp


背中を鍛える事による大きなメリットとは?



1.脂肪燃焼がしやすくなり、ダイエットに効果的


出典:irorio.jp


これが最も大きなメリットともいえるポイントです。

脂肪を落とす時は体の筋肉を動かして脂肪を燃焼させていくわけですが、その時に筋肉の大きさが大きければ大きいほど脂肪を燃焼できる範囲が大きくなるのです。

30分間、同じようお腹と背中の筋肉を鍛えると、背中の方が圧倒的に脂肪が燃焼できていて、なおかつ効率的という比較結果がでています。

そして、筋肉をつければ脂肪燃焼が活発に行われるようになるので、太りにくい身体にすることもできます!


2.姿勢の改善


出典:belta-cafe.jp


デスクワークの方で、猫背の方や肩が内側に入ってしまい、姿勢の悪い方が増えていますね。

これも、背中の筋肉を鍛える事で改善する事が可能です。

肩が内側に入っているのはそもそも背中の筋肉が弱っている事が原因。

鍛えれば内側に入った肩を引っ張り、一気に綺麗な姿勢を保てます。

姿勢の悪さは疲れやすさやポッコリお腹の原因にもなりますので、しっかり鍛えたいですね☆


背中の筋肉は「広背筋」!ここをガッツリ鍛えよう!



背中の筋肉と言ってもどこを鍛えればいいの?となってしまうと思いますので、具体的な箇所をご紹介いたします。


出典:kin.mobi


主に鍛えるのはこの赤い部分で示された「広背筋」という部分です。

肩甲骨の下にある筋肉で、左右同じように付いています。

筋肉でもかなり広い部分に当たるのですが、場所の関係上なかなか意識してトレーニングする事は難しく、日常生活でも動かす事の少ない筋肉です。


だからこそ、しっかり意識してトレーニングする事が大切なんですね。

この広背筋を鍛えてあげれば

・太りにくい身体になり

・疲れにくくなり

・姿勢が良くなり、ポッコリお腹も凹む

のですから、やらない訳にはいきません。


それでは、早速トレーニングしていきましょう!


無理なく確実に☆背筋トレーニング



出典:slism.jp


背筋をトレーニングするとなると、どうしてもトレーニング用器具が必要なのでは…と感じてしまいますが、ちゃんと何も使わず、自宅でできる方法があります。

地道に1セット10回~25回程度、できれば1日2~3回の頻度でやってみましょう。


出典:kintorecamp.com


1.マットなどを敷いた床にうつ伏せに寝転がる

2.両手は頭の後ろで軽く組む

3.足を固定する

4.背中を意識したまま反動をつけずに反り、元の体勢に戻る

5.1セット10〜25回が目安。


この時のポイントは、背中に意識を持ったまま、反動をつけずにゆっくり反る事です。

もちろん、戻すときもゆっくり戻します。

地味ですが、やってみるとかなり辛いトレーニングです。

最初は身体に負担をかけない程度の回数から始めていきましょう。


出典:slism.jp


1.両手・両足を伸ばしてうつ伏せになります。

2.息を吐きながら対角線上にある手と足を同時に持ち上げ、3秒キープします。
(右手と左足、または左手と右足)

3.息を吸いながら、持ち上げた手足をゆっくりと下ろします。

4.反対の手足でも同様に行いましょう。



このトレーニングは、右手と左足、左手と右足を高く持ち上げるほど負荷が高くなり、効果的になります。

慣れてきたらできるだけ高く持ち上げてチャレンジしてみましょう。


3秒キープの時に息を止めてしまいがちですが、こういったトレーニングでは深呼吸は必須。

息は止めずに、しっかり呼吸を意識して行うと効果的ですよ。



いかがでしたでしょうか?

普段意識していない筋肉だからこそ、トレーニングを重ねると大きな効果が発揮されます。

ダイエットと合わせて挑戦してみて下さいね☆

美しいボディと姿勢をゲットして、周りに好印象を与えましょう♪

Writer : まこと さん
愛犬との時間を大切にするのんびり主婦ランサー。美容もネイルも大好きですが、一番好きなのはパンケーキ。スイーツとダイエットの両立が目標。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking