スーツに合うメイクって⁉インターンでも使えるスーツに浮かないメイク講座

就活を控える大学生はインターンでスーツを着る機会が増えたり、転職によってスーツを着ることが多くなったり。 そんな時、ビジネスシーンでのメイクって意外と迷ってしまいますよね。 まったくのメイク初挑戦という方もいれば、プライベート用の華やかメイクは得意だけど、身だしなみとしての社会人メイクが分からない!という方もいらっしゃると思います。 そんな方のために、スーツやオフィスの制服でも浮かない、メイクのポイントをご紹介したいと思います。

ベースメイクはナチュラルさと清潔さがポイント


社会人のメイクのポイントとしては、全体的に「清潔感」を重視したメイクを心がけましょう。

特にベースメイクは、その清潔感が問われる部分。

厚塗りや、逆にノーメイクで肌荒れが見える状態ではNG。

また、化粧崩れも「清潔感」の大敵です。


乾燥肌の方は、リキッドやクリームファンデーションを使い慣れているでしょうが、仕上がりのナチュラルさや、これからの季節にはパウダリーファンデーションがおすすめです。

化粧崩れ防止下地+パウダーファンデーションで、ナチュラル肌に仕上げましょう。


メイク直しに持ち歩きもできるので、普段はリキッド&粉という方も、パウダーファンデーションをひとつ持っておくと便利です。


眉は黄金バランスを守って


眉の描き方には、それぞれの好みもあると思いますが、社会人メイクでは黄金バランスと言われる基本の形を意識しましょう。


眉のスタートである眉頭は、目頭の延長線上から描きます。

カーブの一番高い位置となる眉山は、黒目の外側から目じりの間に。

眉尻は小鼻から目じりをつないだ延長線上がベストです。


すべて眉ペンシルで描くより、パウダーを使うと自然な仕上がりになります。

ペンシルで整えて、パウダーでぼかしましょう。

描いた後は、太さが不自然ではないか、左右対称になっているかを鏡でチェックしましょう。


力み過ぎないアイメイクでさりげない目力をプラス


目力が欲しくてアイメイクを濃くし過ぎると、近づき難い印象を与えてしまいます。

逆に、薄すぎても疲れた感じに見えてしまいます。


アイシャドウは、ベージュやブラウン系の肌なじみの良い色で目元に陰影をつける程度に入れましょう。

ビューラーで適度にまつ毛を上げマスカラをつけてもOKですが、マスカラがダマになると不潔に見えてしまうのでNG。

根元から丁寧につけましょう。


アイラインは、まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにナチュラルに。

真っ黒なリキッドライナーでぐるっと囲むメイクはNGです。


チークとリップで血色をプラス


チークやリップは、何もしない状態だと顔色が悪く見えたり、平たんな顔に見えてしまいます。

チークのカラーは、淡いピンク系がおすすめです。

こめかみから頬に向けてふんわり入れましょう。


リップもチーク同様、顔色を明るく血色よく見せるのが目的です。

チークもリップも、イエローベース肌の方はコーラルピンク、ブルーベースの肌の方はシュガーピンクやピーチ系と、自分の肌に合ったカラーを選ぶとなじみが良く自然です。



スーツの社会人メイクは、大人としての「身だしなみ」と「常識」、新人としての「清潔感」と「フレッシュさ」を意識したメイクで、周りにバッチリ好印象を与えましょう!

関連記事

Writer : choco さん
美容と料理が大好きなママです。 いくつになってもキレイでいれるよう日々努力中です!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking