シンプルに愛される”美彼女”になるための「心のデトックス法」3選

疲れた心を癒やす、心のデトックス法とは? 「最近心が疲れている…」そう感じたことはありませんか? 誰しも学校や仕事だけではなく、人間関係や恋愛、結婚、育児など、日頃の悩みは尽きないものです。 そこで今回は、疲れた心を癒せ […]

■ 疲れた心を癒やす、心のデトックス法とは?


「最近心が疲れている…」そう感じたことはありませんか?

誰しも学校や仕事だけではなく、人間関係や恋愛、結婚、育児など、日頃の悩みは尽きないものです。

そこで今回は、疲れた心を癒せる“心のデトックス法”を3つご紹介いたします。

疲れた心をキレイさっぱり洗い流し、愛される“美彼女”を目指しましょう!


美彼女


■ 1:大掃除で心もスッキリ!

ホコリを取り除いたり、掃除機をかけたり、物を整頓したり…必要最低限の掃除は誰でもしていますよね。

少し部屋がキレイになっただけで、なんとなく気持ちがスッキリしたと感じませんか?

そこで、さらに心をスッキリさせるため、いつものお掃除より、もう少し細かいところまで手を延ばしてみてください。

例えばお風呂掃除。

いつもなら浴槽や壁、床など、大まかなところをキレイに磨いてシャンプーボトルなどをキレイに整えて終了するところを、排水溝の中や換気扇、蛇口周りまで丁寧に磨きピカピカにする。

そうすると、浴室全体が明るくなり、空気も澄んだような気がしますよね。

普段しないところをお掃除することで、気持ちが晴れ晴れとし、ストレス解消に繋がるのです。

「お風呂とトイレと玄関と…」と、家全体を大掃除しようとすると1日では終わり切らず、「めんどくさい」という気持ちが前に出てしまいます。

そうなっては意味がないので、「今日はここ!」と、お掃除する場所を1か所だけ決めてから始めるのがオススメ。

家も心もキレイになり、一石二鳥ですね。


■ 2:声を出してスッキリ!

ストレス発散目的でカラオケに行くように、声を発することでモヤモヤした気持ちが晴れ、デトックス効果が見込めます。

最近ではスマートフォンの普及により、文字でのやり取りが増えていますよね。

便利な半面、声を出さないことでストレスが溜まりやすくなっているのかもしれません。

心がモヤモヤする、ストレスが溜まっていると感じたら、メールやLINEなどの文字のやり取りは控え、電話や直接会って話すなど、なるべく声を出すようにしてみましょう。

誰かと話したい気分じゃないというときは、ひとりカラオケもオススメです。

ひとりで行くことで好きな歌を好きなだけ、思い切り大きな声で歌うことが出来るので、デトックス効果は絶大!

カラオケ店を出るときには、心が軽くなっていることでしょう。


■ 3:思い切り笑ってスッキリ!

最近、お腹がよじれるほど笑ったという人はどれくらいいるのでしょうか。

“笑うこと”は、心身をリラックスさせるだけではなく、体内の免疫効果を高め、病気の原因を取り除いてくれると、医学的にも証明されています。

「最近笑ってないな…」と感じるあなた、どんな方法でもいいので、とにかく笑うことを考えましょう。

友だちとの会話で笑う、テレビを見て笑う、マンガを読んで笑う…笑う方法は、わたし達の周りのいたるところに落ちています。

もし、笑えるようなことがない時は、口角を上げるのを心がけるだけでもOK!

急に「お腹がよじれるほど笑う!」というのはムリかもしれませんが、口角を上げているだけなら、どのような状況下にいても実践できますよね。

いかがでしたか?

今のストレス社会を生き抜くためには、上手にストレスを発散し、心をキレイに、気持ちを整える必要がありますよね。

「自分にとって、どのような方法が適しているのかわからない」という人も、1度だけ、上記のデトックス法を試してみてください。

あなたに合ったデトックス法を見つけるヒントになるかもしれませんよ(きえお/ライター)

(愛カツ編集部)

presented by愛カツ (https://aikatu.jp
 

関連記事

・笑顔のタイミングをマスターして愛され女子になろう!

・「顔が美人」より断然モテる!「表情美人」になるためには

・恋愛が上手くいかない時に息抜きをする方法5つ

・パジャマをペアでこんなに仲良く! マンネリカップルにおススメ

・男性は笑顔に弱い!無垢な笑顔を利用したモテテクニックとは?

(PR)
いかがでしたでしょうか。

みなさんそれぞれ悩みがあると思います。
一人で抱え込まずに、相談することで悩みが軽くなることもありますよね。
友達や家族への相談が難しい場合は、専門家の人に相談してみてはいかがでしょうか。


トークCAREはLINEが提供するサービスなので、LINEで簡単に利用ができます。
Writer : 愛カツ 編集部

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking