マスクの湿気で前髪が決まらない…こんな時どうすればいい!?

今年も辛い花粉の季節がやってきました。花粉症ではないという方も、季節の変わり目で体調を崩して風邪をひいてしまったり、また予防のために、マスクを使用する方が増える季節です。 マスク着用の際、メイク落ちや耳の痛みなど様々な悩みがありますが、湿気で前髪が崩れてしまうという悩みを持つ方も、特に女性には多いのではないでしょうか。 そんな悩みを少しでも解消するために、マスクの湿気で前髪が崩れてしまった時の対策や、崩れないための防止策をいくつかピックアップしてみました。

メガネ用マスクで湿気をストップ



マスクで前髪に湿気を与えてしまう原因は、マスク内で溜まった呼吸の水蒸気が、隙間から上がってくること。


つまりマスクをするとメガネが曇ってしまう原因と同じです。

メガネの曇り防止マスクは、鼻の部分のフィッターの形が崩れにくいため、呼吸が上に抜けるのを防ぎ前髪が湿気てしまうリスクが軽減されます!


さっそくドラッグストアで探してみましょう!


前髪を上げて湿気も気にしないスタイルに



1日中前髪が気になって仕方ないという方は、思い切って前髪をアップにしてしまえばマスクの湿気も前髪の崩れも気にする必要はありません。


「今日はちょっと雰囲気変えたいな」という時のイメージチェンジにもなりますので、前髪を上げて、メイクも変えて楽しんでしまうのもひとつの手です!


鼻呼吸を意識する



鼻の調子が悪い時などついやりがちですが、口呼吸は鼻呼吸に比べ湿気を含みやすいので前髪が崩れてしまう原因のひとつにもなります。


また、口呼吸は、歯並びや顔の筋肉に悪い影響を与えたり、口臭の原因になるともいわれます。

前髪の湿気防止だけでなく、美容と健康のためにも、少しづつ鼻呼吸を意識することをおすすめします。


裏技!ベビーパウダーで湿気を除去



前髪の湿気に悩んだ時の裏技として、ベビーパウダーの使用があります。

クシにベビーパウダーをつけて、前髪を裏側から梳かす。


パウダーが湿気を吸うので、前髪の湿気がとれてがサラッとなります。

応急処置に使えますが、つけすぎるとフケのように見えてしまうので、量に注意!


前髪のカールキープは朝のブローが重要



マスクの湿気で、せっかく巻いた前髪のカールがとれてしまう方。

前髪のカールを長持ちさせるには、朝のブローが肝心です。


毛先だけでなく、しっかり根元から濡らしてブローをすることをおすすめします。

また、スタイリング剤でカールをキープするのは重要ですが、広範囲や量の付けすぎはNG。


重みが出て前髪が下がってしまうリスクが増えます。

必要な部分のみに使用するようにしましょう。


縮毛が気になる方は矯正やアイロンに頼る方法も



カールとは逆に前髪をストレートに決めたのに、マスクの湿気で縮れてしまうという悩みの方も多いかもしれません。


お昼休憩に直しができるように、小さめのヘアアイロンを持ち歩くという手もあります。

また、なにをやってもダメ!という場合の最終手段は、前髪だけの縮毛矯正をかけてしまう方法も。


朝のセットからかなり楽になります。



ただでさえ花粉や体調不良で弱っている時に悩みを増やしたくないですね。


マスクを利用することが増える季節、前髪問題をすっきり解決して、少しでも楽に、そしていつだって“可愛く”いれるようにしましょう!

関連記事

Writer : choco さん
美容と料理が大好きなママです。 いくつになってもキレイでいれるよう日々努力中です!
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly