秋冬限定、男子が萌えちゃうマフモコ♡可愛くマフモコする秘訣♪

「マフモコ」って知ってますか? 秋冬に登場するマフモコガール。 髪の毛がマフラーの下に入ってモコっと膨れている様子がとっても可愛いと話題になっているんです♡ 冬にしかできない「マフモコ」をさりげなく取り入れちゃいましょう♪ 「マフモコ」を可愛く取り入れる秘訣を詳しくご紹介していきます。 さりげない「マフモコ」で気になる彼のハートをこの秋冬でGETしちゃいましょう!

まずは「マフモコ」をおさらい



「マフモコ」とはロングヘアの女の子がマフラーを巻いたときにできる、マフラーの上に髪の毛がモコっと膨れた様子のこと♡

マフラー+モコっで「マフモコ」と命名されました。


このモコっとした様子が自然で隙があると男性に大人気に!

後頭部なので隙があるように見えて萌え♡となる男性が多いようです。


マフラーを巻くだけで出来てしまう簡単モテテク。

これは取り入れるしかないですね!


あくまで自然なのがポイント



隙のある感じが良いと人気の「マフモコ」。

本人が気づいてないうちに後ろ姿が萌え♡になっているのが良いとのことなので、あくまで自然なのが重要のようです。


モテテクだからといって意識しすぎてあざとくなってしまっては効果は0に!

ここは気をつけたいポイントですね。


とはいえ気になる彼の前で自然に「マフモコ」の状態になるのを待ってはいられません。

さりげなく「マフモコ」を取り入れるコツを身につけちゃいましょう♡


まずはミディアム、またはロングヘアに!


まず大切なのは髪の毛が肩より下にあること!

マフラーを巻いたときに毛先が中に入っている必要があるので、それなりの長さが必要です。


ミディアムヘア、またはロングヘアの方はすぐに「マフモコ」を手に入れてしまいましょう♪


ロングマフラーを選ぶこと!



髪の毛がモコっとなるには、マフラーと髪の毛の間にある程度のゆとりがあることが必須です。

短いマフラーでは、きつくなってしまってモコっとなるための隙間がつくれません。


モコっとなる余裕をつくるために、マフラーが長めのものを選びましょう。

ゆるく巻きながらもマフモコになっていることで首まわにゆとりができて、首が細く見える効果もありますよ。


ロングマフラーでマフモコだけでなく小顔効果も狙っちゃいましょう♡


厚手の生地が◎



ロングマフラーの中でも気をつけて選びたいのが生地です。

髪の毛を少し持ち上げるようにモコっと膨らませてくれるには生地の硬さも必要。


あまり薄手で柔らかいものだと髪の毛の重さに負けてしまいます。

髪の毛を持ち上げられるくらい固めの生地や、厚手のものを選びましょう。


髪の毛はサラサラにまとめておいて


マフラーを選んだら早速巻いていきましょう!

マフラーを巻く前に大切なのは髪の毛を整えておくこと。

自然なヘアスタイルがさりへないマフモコに必要ですが、やっぱり女の子はサラサラヘアでいてほしいもの。


マフラーを巻く時のヘアスタイルは毛先ではなくトップを丁寧にケアするのがポイントです。

寝癖のないようしっかりと根元からブローして、サラサラヘアになるようまとめていきます。


手ぐしではなくブラシを使いながらブローしていくのが◎です。

ブローができたら手で簡単にまとめるだけでOKです。


やさしくかけるように



マフラーを巻く時は、きつく巻き過ぎないのがポイントです。

キュっときつく巻いたマフラーからモコっとするとバランスが悪くなってしまうので気をつけましょう。


ふんわり巻いたマフラーから髪の毛がモコっと膨らんでいるのが可愛いポイントです!

後ろからマフラーをそっとかけるように、やさしく巻いていきましょう。


髪の毛の膨らみと巻いたマフラーのバランスを意識して仕上げてください★


出てくる髪の毛はご愛嬌


完成したマフモコ。

よく見ると短い髪の毛がピョコピョコ飛び出しています。


キレイにしまわないと!と気になるかと思いますが、男性から見ると飛び出している髪の毛も可愛いポイントなのだとか。

自然な感じを出すのにも飛び出している髪の毛は大切なので、あまり気にしすぎなくてOKです。


モコっとしている膨らみ具合とマフラーのバランスだけ見て、さっそく出かけましょう!


定期的にゆとりを確認して



マフモコを作っていざデートへ♡

動いていると少しずつマフラーがひっぱられキツく巻いたようになってくるので気をつけてくださいね。


キツくなってくるとモコっとした膨らみもぎゅっ締め付けられて、膨らみどころの髪の毛が飛び出しているようになってしまい、可愛さが半減してしまいます。

(シイタケヘアと呼ばれてしまうのだとか…)


動き回ってマフラーがキツくなりすぎていないか、たまにチェックして、いつでもゆるく可愛いマフモコを意識してくださいね♪



いかがでしたか?

「マフモコ」についてご紹介しました。

あくまで自然なのが可愛いので意識しすぎてはいけませんが、せっかくなら可愛くなりたいもの♡

ポイントを気をつけながら可愛い「マフモコ」を取り入れてみてはいかがですか?

関連記事

Writer : chebee さん
ネイルや可愛いものが大好き♡毎日に小さなHAPPYが増えるような素敵なモノを見つけていきたいです。

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking

--