工夫次第で日々の食事が楽しくなる♪素敵でオシャレな食卓の作り方を公開します!

忙しい毎日の中で、最も時間を取られたくないものに「食事」という時間を上げる方も多くなってきています。ある有名な科学者は、食事の時間がもったいないと、レトルトカレーにストローをさして飲んでいるような生活を送っているとか。やる事が多ければ多いほど、日常生活に最も近いものが置き去りにされがちになってしまいます。 そこで、今回はちょっとした工夫やアレンジで「食卓」そのものを楽しむポイントを公開!オススメアイテムの使い方もご紹介していきます! 是非最後までご一読いただき、参考にしてみて下さいね。

いつもの食卓より「素敵な食卓」へ♡オシャレな食卓のポイント


1.テーブルセッティングの「基本」を再度チェック!


Andrey_Kuzmin/Shutterstock.com

「美しく食卓を彩る=テーブルセッティング」というイメージが定着してきてしまいましたが、実際の意味は全く違うもの。正式な意味は「食事の動作を邪魔しない、機能的な食器やカトラリー(フォークやスプーン等)の置き方、又は配膳方法」となります。

つまり、快適に食事を楽しむための「基本」がテーブルセッティングである、ともいえますね。


まず洋食。

最もお手本になるのはフランス料理です。

正面にお皿、左側にフォーク、右側にナイフの刃を内側に向けて置いておきます。

基本はこれだけでOKです。


ちなみに、ナイフの刃を外側に置くことは最も無礼に当たります。

刃を外側に向けるのは、他者に敵意を持っていると見なされ、最悪なマナー違反の一つ。

並べる時はもちろん、使う時に一旦ナイフを置く時も注意しておきたいですね。


和食は馴染み深いため、それほど意識して行わないものの、実は知らない・・・という部分も多いでしょう。

お箸はテーブルの最も手前に置き、持ち手は右側、箸先は左側。

これを逆にするだけでも無礼に当たります。

一汁三菜をベースに、もう一度チェックしてみるのもいいかもしれませんね。



2.食器やカトラリーに統一感を持たせてみる


FWStudio/Shutterstock.com

1ができたら、今度はこの「食器とカトラリーの統一感」にこだわってみましょう。

これは、色味や素材を統一させることで見た目がゴチャゴチャした印象になり、どこに何があるかわからない・・・という状態を避けるためと、食材や料理の色を華やかに魅せるため。

これだけでもグッと食卓に変化が現れます。


できるだけ木製のものやブラック、ホワイトのようなカラーリングがオススメ。

少し慣れてきたら、季節感が出るものを徐々に揃えていってみましょう。

今の季節なら桜。

新緑が目立つようになってくれば紫陽花・・・という風に変化させていくと、さらに食卓への快適さと楽しさがわきたってきますよ。



3.「色」に大きなこだわりとテクニックを駆使する


Vadym Pastukh/Shutterstock.com

最後に食卓を彩る「色」。

最も大きな色はテーブル全体を覆うクロスカラーとなるはず。

まずはこのクロスカラーを決めてから、アクセントカラー的に、ランチョンマットやナプキンを並べていくとかなりまとまりが良くなります。


もちろん、食器やカトラリーと同じく、季節感のある配色もオススメ。

春ならメイクやファッションにも使われるパステルカラー、冬はクリスマスのレッドとグリーンといった風に、単純かつ思うがままに並べていった方が意外とキレイに落ち着きます。

是非とも楽しんでみて下さい。


「もう一声」で食卓はこんなに変化する!ガラスアイテムのススメ


1.グラス


Africa Studio/Shutterstock.com

マグカップや落としても割れないプラスチック製コップ、保温や保冷に優れたグラスも便利ですが、ここはあえて「ガラス」にしてみましょう!

透明感あふれるグラスは、飲み物を注ぐ時だけではなく、食卓の光をしっかり受け止めて明るく照らしてくれます。


個々の飲み物の残り具合を確認するためにも、ガラス製のグラスは便利。

これも「機能的な配膳」の一つといえますね。



2.小鉢やデザート


funkyfrogstock/Shutterstock.com

基本的に、小鉢やデザートの類いには色が豊富。

小鉢には大体野菜が添えられ、デザートには果物が加えられます。

その色味を最大限に引き立てる役として、ガラスアイテムは大きな力となってくれます。


ちょっとオシャレなガラス製の小さな器に、バニラのアイスクリーム。

その上に乗せられた真っ赤なストロベリー・・・

これだけでも美味しそうに見えてしまうのが、ガラス製アイテムのメリットです。



3.花瓶


Africa Studio/Shutterstock.com

まだまだ食卓に「生花を置く」という習慣まではいかず、毅然と、料理の見た目と味だけで勝負するのが日本人であり日本の料理。

でも、ここはちょっとだけ譲歩して、小さなガラスの花瓶に花を生け、テーブルに置いてみて下さい。


テーブル全体を明るく華やかにしてくれるのは、自然に咲き誇る花の美しい色。

ほんの小さな小瓶の一輪挿しも食卓の素敵なアクセントになりますよ。


「食べる」は「生きる全て」に繋がっている!食卓を楽しく彩ってみよう


Victoria Romanchenko/Shutterstock.com

近年「食育」という単語が生まれるほど、食事の大切さが重要視されるようになってきました。

身体の健康面や栄養面、女性にとっては美容にも影響を与えるものですが、何よりも、日々の忙しさに追われてただ空腹を満たすためだけに食べる食事では、身体の面で満たされても心が満たされず、バランスを保てなくなってしまうのです。


「食べる」を「楽しむ」一つとして始めたい、オシャレで素敵な食卓作り。

もう一度、「食べる」から「暮らし」までを見直してみたいですね。



いかがでしたでしょうか?

ほんの少しの工夫で、毎日の食卓に、素敵で大きな変化が生まれます。

是非参考にしていただき、楽しくてオシャレな食卓作りを心がけてみて下さいね。

Writer : まこと さん
愛犬との時間を大切にするのんびり主婦ランサー。美容もネイルも大好きですが、一番好きなのはパンケーキ。スイーツとダイエットの両立が目標。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking