デートにも女子会にも♡たっぷり楽しめる「リボンネイル」をセルフで楽しむポイント

女性の楽しみでもあり、今やファッションの一つともなったネイルデザイン。今までも多くのデザインを目にして、自分の指にもあしらってきた方も多いのではないでしょうか。 今年の春夏も多くのネイルデザインが流行の兆しを見せていますが、今回は定番ネイルデザインの一つ「リボンネイル」を特集!セルフでデザインするポイントや、素敵なネイルデザインのサンプルもご紹介していきます。 是非最後までご一読いただき、参考にしてみて下さいね。

やっぱり可愛い♡「女子の象徴」リボンネイルが今年も人気です


hetarekatyan @hetarekatyan

毎年色々なデザインが流行するネイル業界。


通年で流行するデザインは「フレンチ」や「ハート」、最近ではマーガレットや桜に代表される「フラワー」のデザインネイルが定番ですが、もう一つ定番をあげるとすれば、「リボン」。


女性の象徴であり、ファッションやアクセサリー、小物にも取り入れられているデザインは、愛用している女性も多いようですね。


身近にある可愛らしいデザインなら、やはりネイルにも応用は可能!しかも、汎用性が高いため、メインデザインとしても、他のデザインと組み合わせても使えるのが、リボンネイルの大きなメリット。


プロにデザインしてもらうのも素敵ですが、セルフで楽しめればもっと色々なデザインやカラー、オリジナルネイルが楽しめちゃいます♪


次の項目からは、セルフで楽しむ時のちょっとしたコツやポイントをしっかりチェックしていきましょう!


セルフでもっと楽しもう!リボンネイルをデザインするポイント



【三角リボンネイル】リボンの「バランス」を取ればキレイに!

託児付きネイルサロンMereMer @meremer_nail

「三角リボンネイル」は文字通り、三角を二つ描き、中心にストーンや点(ドット)を置くだけの簡単リボンネイル。リボンネイル初心者さんにもオススメできるデザインです。


このリボンネイルの大きなポイントは、しっかりと「左右対称」になることと、「バランスを重視」すること。

特に左右対称の部分は、三角の大きさや角度をしっかり調節しないと、形の崩れたリボンになってしまいます。


目印となるよう、小さな点や簡単なシール等を使ってキレイに描けるように頑張ってみましょう。


次の「バランス」ですが、リボンだけで終わらせてしまうとちょっと寂しくなり、リボンの中心部分でも使ったドットやストーン、ラメ等をちりばめたくなってしまいがち。


この時、ネイルの全体的なバランスを見ながら置いていかないと「うるさい」印象になってしまいます。


統一性を持たせたり、ある程度の「空白」があった方が、キレイに見えるもの。少し控え目がオススメです。



【リボンフレンチ】フレンチカラーの色とリボンカラーは「同系色」に

nailist kossi @merlotte.nail

フレンチとクリアカラー(地爪の部分)の間にリボンを挟むリボンフレンチ。こちらも可愛くてオシャレ♪デートの時や女子会ネイルにも愛用できそうですね。


一見あまり大きな縛りが無いように感じるリボンフレンチですが、やはり「色」だけはある程度合わせていかないとちぐはぐな印象になってしまいます。


最も肌馴染みがよく、なおかつキレイにデザインの中に組み込むなら「同系色」で組み合わせればほぼ失敗はありません。ピンクのフレンチにレッドのリボン、スカイブルーのフレンチにネイビーのリボン。ライトベージュのフレンチにブラウンのリボン・・・といった風に考えていけばOKです。


唯一「どんなカラーでも大丈夫」なのはホワイト。ゴールドのリボンやストーンをあしらって、リボンそのものを強調したいながら、ホワイトのフレンチカラー+ゴージャスなリボンネイルを作ってみましょう。



【リボンシールネイル】「うっかり取れる」に注意!トップコートで対策を

ワンダーライン @nail.wonder.line

多彩なデザインはあっても、やっぱりお手軽にネイルを楽しみたい!時短ネイルでオススメできるのはやはり「ネイルシール」。


最近のネイルシールは多彩かつ優秀で、素敵なデザインが安価で手に入るようになっています。ベースカラーを塗って乾かした後、シールを貼るだけという手軽さは、やはりセルフ派さんにとって心強い味方。


ただし、どうしてもシールですので、ちょっとした動作や引っかかりで「取れる」トラブルが出てきてしまいます。特にカバンの開け閉めで使うファスナーや服の引っかかり。何気ない日常生活で取れてしまい、ふと見てがっかりしてしまう・・・というのが、ネイルシールのデメリット。


このデメリットをカバーするには、トップコートの「二度塗り」がオススメ。

トップコートでしっかりとシールの上を厚く補強することで、この「引っかかり」にも耐えられる強度を保てます。その際、二度目に塗るトップコートは一度目をしっかり乾かしてから上塗りしていきましょう。


中途半端に乾いた状態で塗り始めると、今度はシールやベースカラーがよれてしまう可能性があります。乾いたのを確かめてから、明日のために二度塗り。こんな時間も、なかなかおつなものですよ♪


まだまだたっぷりご紹介!無限大のリボンネイルは楽しい♡


nailist kossi @merlotte.nail

通称「ティファニーブルー」と呼ばれるカラーで彩られたリボンネイル。


近年ではブライダルネイルとしても高評価を得ています。上品なデザインとなっていますね。

ワンダーライン @nail.wonder.line

定番のホワイトフレンチにこっそり忍ばせたリボンネイル。


「大人の女性」ならではの秀逸デザインです。

Nails CK @cknailsck

こっくりボルドーにオパールストーンで作られたリボンが色っぽい♡


両手に1つずつ、というのもバランスの良さと品性を感じます。ホワイトとのバイカラー(2色使い)も素敵です。



いかがでしたでしょうか?

女性の特権、リボンデザイン。そのメリットを最大限生かしたリボンネイルは、これからも多くの女性に愛されていきそうですね。是非参考にしていただき、素敵なリボンネイルを楽しんでみて下さいね。

Writer : まこと さん
愛犬との時間を大切にするのんびり主婦ランサー。美容もネイルも大好きですが、一番好きなのはパンケーキ。スイーツとダイエットの両立が目標。

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly
--