2018年02月12日

美容と健康に良いと話題沸騰!「ヘルシーラーメン」と普通のラーメン、どう違うの?

美容やダイエットに関心のある女性が「実はラーメン好き」なんて話題はよく耳にしますよね。でも、ラーメンなんて最も美容やダイエットからは遠い食べ物!美味しいけど太るし、塩分も強くて健康にも良くない・・・そんなイメージを覆す流行が、今巻き起こっています。 それが「ヘルシーラーメン」と呼ばれる美容と健康、低カロリーを意識したラーメン。口コミでどんどんと人気が広がり、お店も増えてきています。バリエーションも多彩! そんなヘルシーラーメンは、普通のラーメンと一体何が違うの?という疑問にお応えするべく、今回はヘルシーラーメンの特徴や自宅でヘルシーラーメンを作る際のポイントをご紹介していきます! 是非最後までご一読いただき、参考にしてみて下さいね。

美容と健康を考えたラーメン?!話題の「ヘルシーラーメン」の特徴は?


 

1.カロリーを抑えながらも食べ応え抜群に!

Andrey Starostin/Shutterstock.com

ラーメンと聞くと、何よりも気になるのが「カロリー量」。

 

中華麺だけなら336kcalとそれほど気にならないものの、これにタレ・スープやバター、煮卵、チャーシュー、メンマ等々を組み合わせていくと、あっという間に850kcal前後まで上昇!

 

有名店のラーメンやつけ麺になると具材や量にもこだわりがあるため、1200kcalという数字にまで跳ね上がります。

 

一般的に成人女性の合計カロリー目安量は2000kcalだといわれています。これをたったラーメン1杯だけで3分の2近くを摂取してしまうと考えると、ちょっと尻込みしてしまいますよね。

 

その点、ヘルシーラーメンは「どうやってカロリーを減らすか」に大きな重きが置かれています。

 

例えば、一般的な中華麺の中にコンニャクを混ぜ込む、またはイタリアン風な味付けにして油分を出来るだけ抜く、つけ麺なら野菜を多用して見た目の彩りを良くし、舌だけではなく目でも満足してもらう…。

 

女性に喜ばれるヘルシーラーメンは、様々な工夫と視点から未だに試行錯誤が続いています。

 

 

2.栄養満点の具材たっぷり♪美容と健康もしっかり考えられている!

Tobin C/Shutterstock.com

「ヘルシーラーメン」とはいうものの、カロリー面だけを考慮している訳ではありません。

 

女性であれば、カロリーの他にも美容や健康といった部分も気にしたいところ。その辺りも、ヘルシーラーメンはしっかりツボを抑えているようです。

 

ラーメンでありながら麺からスープ、トッピングにまで全てに野菜を使用し、化学調味料を一切使わず、天然素材の旨みだけで作られた身体に優しいスープを用いたラーメンが特徴です。

 

さらにはヴィーガン(完全菜食主義者。酪農製品も食べないため、ベジタリアンとは区別されている)のためのラーメンも誕生!

 

野菜だけでトンコツの味を再現したり、ヴィーガンでは食べてOKな天然魚介類を使用したラーメンも密かな人気となっています。

 

ヴィーガニストだけではなく、美容や健康を重視し、大きな可能性を秘めているからこそ、「ヘルシーラーメン」は多くの女性から支持されているのかもしれませんね。

 

自宅でも簡単ヘルシーラーメン!工夫すればカロリーダウンに


 

1.ラーメンの汁を捨てて「汁なし麺」として調理する

Pavinee Chareonpanich/Shutterstock.com

実はラーメンのカロリーにおいて、大半を占めているのが「スープ」。塩分や油分の面からも残した方がいいという情報を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

特に油分の多いこってりしたラーメンは、1000kcal近くあるうち、半分以上の600kcalがスープ!

そう考えると、まずは「スープを飲まない」または「スープを抜いたラーメンを作る」というのも選択肢の一つとして入りますよね。

 

自宅で作る場合は、麺を茹でた後ザルで湯切りし、直接調味料を足していきます。付属のスープの素を使うとかなり塩辛いため、別の味付けを考えるのがいいでしょう。

 

これだけで、300~400kcalのダウンが見込めます。あなどれない「汁無しラーメン」です。

 

 

2.コンニャクや木綿豆腐で麺を「かさ増し」する

Ekaterina Kondratova/Shutterstock.com

「スープの無いラーメンなんて」と思うのなら、麺やトッピングに工夫を加えてみましょう。

 

トッピングを寂しくしてしまうと、やはりラーメン「らしさ」は失われてしまうため、ここは麺に一工夫。中華麺を半分、もう半分をコンニャクにすれば食感も大きく損なわれず、カロリーダウンが期待できます。

 

もう一つのかさ増しテクニックはズバリ「豆腐」。

サイコロ状に切った豆腐を中華麺と一緒に混ぜ込んでおきます。豆腐そのものには強い味や癖が無く、スープの風味もしっかり染みこんで美味しくいただけますよ♪

 

また、豆腐はカロリーが少ないことでも有名ですね。木綿豆腐であれば、1丁(300g)使っても216kcal。お腹いっぱいラーメンと、ラーメン風味の豆腐を楽しめてオススメです。

 

イタリアン風、担々麺風・・・「ヘルシーラーメン」の可能性は無限!


Nawadoln/Shutterstock.com

今までラーメン=高カロリーで不健康、でも食べると美味しくて止められない料理、というイメージがありました。しかし、ここ数年の強い健康志向で、その概念も着々と変化しつつあるようです。

 

自宅でのヘルシーラーメン作りはもちろん、お店でも様々な創意工夫をこらした「ヘルシーラーメン」が続々と話題になっています。

 

イタリアン風にアレンジして、トマトスープと細麺、色とりどりの野菜で目から楽しませたり、挽肉の代用として大豆ミートを使い、味とヘルシーさ、健康志向を損なわないように作られた担々麺等、ラーメンが大好きな女性達の間で話題になっているヘルシーラーメンは多種多様に広がっています。

 

これからの時代は、美味しく、でも健康にラーメンを食べられる!ダイエットしながらでも、好きなラーメンを楽しめるようになっていくのかもしれませんね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

話題のヘルシーラーメン、想像以上のアイディアと工夫で多くの男女が楽しんでいるようですね。

是非参考にしていただき、ヘルシーラーメンを食べに行ったり、または自家製でもチャレンジしてみて下さいね。

自動保存しました

この記事をみんなに共有する

出典: Kei Shooting/Shutterstock.com

あなたにオススメ

MyRecoトップ > ボディ・ヘルスケア > 美容と健康に良いと話題沸騰!「ヘルシーラーメン」と普通のラーメン、どう違うの?