唇をプルプルにしてキスしたくなる女子に!リップメイク法

乾燥は女子の大敵です。そんな乾燥が表れてがっかりしてしまう部位といえば、リップです。カサカサの唇を魅力的と思う男性はとても少ないです。唇が乾燥していると、だらしない、ケアが十分でない、女性らしくないなどのマイナスイメージを与えてしまうものです。やはり唇はプルプルであるほうがいいのです。そこでここではプルプルリップを作る上で役立つメイク法をご紹介します。乾燥のシーズンだけでなく普段からケアすることで、魅力の唇を作ってみてくださいね。


乾燥は女子の大敵です。そんな乾燥が表れてがっかりしてしまう部位といえば、リップです。カサカサの唇を魅力的と思う男性はとても少ないです。唇が乾燥していると、だらしない、ケアが十分でない、女性らしくないなどのマイナスイメージを与えてしまうものです。やはり唇はプルプルであるほうがいいのです。そこでここではプルプルリップを作る上で役立つメイク法をご紹介します。乾燥のシーズンだけでなく普段からケアすることで、魅力の唇を作ってみてくださいね。


前準備



唇をプルプルにするメイクの前に、唇の場合は前準備があります。いくらプルプルになるメイクをしても下地がカサカサであれば、プルプル唇には絶対になりません。まずは唇の質を向上させるところから始めましょう。そこで唇のお手入れ方法について詳しく調べていきましょう。



唇のケアのポイント

リップパックやリップバームをするときには、唇だけではなく全体の輪郭も含めて大き目に塗るのがポイントです。すっぽり覆うようにつけると、きれいな唇に仕上がります。唇の溝はたくさん入っており、思っている以上に深いものです。ぷるぷる&ツヤツヤ唇のためには、多めの量でケアすることと、ケアが終わったらしっかりとなじませることがポイントになります。縦ラインに唇のシワが入っていますので、それを意識してなじませるようにしましょう。



おすすめのリップケア


1:ハチミツでパック



ハチミツは、ビタミン、ミネラル、ポリフェノールなど高い栄養素が含まれています。またはちみつは非常に保湿作用が強いために、皮膚のうるおいにはとてもいいものなのです。食べ物であるので、皮膚あれの心配などもないので安心して使えます。またキッチンにあるもので、特別に購入する必要がないために安いケア方法となります。


<やり方>



お風呂に入るときに唇にたっぷりのはちみつを塗ります。そのまま15分ほど置きパックする、またはラップに穴をあけて呼吸する穴を作ってパックすることができます。最後にははちみつを十分に指でなじませて洗い流します。


2:コットンパック


 出典:www.flickr.com


化粧水でコットンパックというのは、お肌にとてもいいものとして実践している人も多いのではないでしょうか?唇もお肌と基本的に皮膚であることには変わりありません。唇にも化粧水でうるおいを与えるようにしましょう。


<やり方>

コットンに化粧水をしみこませ、コットンパックをします。与えたうるおいを逃がさないためにも、しっかりとクリームでふたをします。


立体的に仕上げる



出典:weheartit.com

 

どんな唇が魅力的ですか?それはプルプルであるながらも立体感のある唇ではないでしょうか?立体感を与えるために必要なことは、唇のカーブです。このカーブがきちんと出ていなければ、立体感は出ないのです。つまり輪郭がしっかりと出ることで、立体感も出すことができるのです。

立体感を出すために必要なアイテムがリップペンシルやリップライナーです。これらのアイテムでしっかりと輪郭を整えることで唇は、きちんと感や清潔感を出すことができるとともに、見た目もきれいに仕上がり、落ちにくいリップになります。


<やり方>



まずは鏡で自分の唇に合う理想的な立体感を出すための輪郭を考えます。ここで注目したいのが、横からのチェックです。立体的に見えるためには唇のトップとへこんでいるところの差が大きくあればいいのです。

唇の大きさにももちろんよりますが、唇の中央の輪郭をもともとのサイズよりも大き目に描きます。そうすることで、高低差が大きくなりより立体的になります。


ブラシでリップは塗る



出典:weheartit.com


最近はリップを直接唇に塗って、無造作な感じを出すメイク法もありますね。確かに無造作な感じにしたい時には、ラフさが出る有効な方法です。でも、プルプルリップにしたいのであればリップブラシでしっかりと塗るのがおすすめです。ポイントは、この時点ではあくまで発色を良くするために色を付ける程度のものであるということです。発色がきれいでなければプルプルには見えません。少しでも色が長続きするように、丁寧に色を入れ込んでください。


プルプルリップの肝!グロス





ありがちなNGなメイク法が、潤ったリップにしようとして唇全体にたっぷりとグロスを付けてしまうことです。これでは唇全体に光が当たってしまい、なんとなくぼやけた唇になってしまいます。これでは立体感が出ずにNGです。プルプルでなおかつ立体感があるようにするためには、唇の上下共に中央だけグロスを乗せるのです。中央に目が行くようになり、立体効果が出ます。また唇がぷっくりとして見えます。中央だけですので、発色の良いリップグロスを使用しましょう。若い人であれば、ラメ入りのものでもOKです。オフィスではラメなしのものがベターです。

グロスの選び方は、ハケ付きのものが使いやすいです。自在に自分の思う範囲に塗りやすいからです。透明感のあるグロスを付けると、そこまで重い唇にならずに済みます。

Writer : myreco 編集部
myreco公式アカウントです。 コスメ・ネイル・ヘアスタイルなど女子が気になる美容情報や、ライフスタイル・スポットなどの記事も発信していきます♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking