メイクのマンネリ解消!遊び心はアイラインで取り入れて♡

あなたは相手のどこをみて「この人優しそう」「この人気がきつそう」「この人しっかりしてそう」などを決めていますか?相手の言動から性格を知る前の段階で、私たちは相手の目を見てその人の雰囲気を判断する傾向があります。つまり目元を変えれば、ガラッと雰囲気を変えることが出来るという事♪アイラインはメイクに簡単に遊び心を入れられるオススメコスメ。あなたを妹キャラに、はたまたお姉さんキャラに、出来る女キャラなど毎日違ったあなたを作れるんです!マンネリ気味になってきたらアイライン法から変えてみて!

脱マンネリメイクはアイラインから!


Non @pipi.n1230

毎日ルーティンワークのようにメイクをされている方、案外多いのではないでしょうか?


まるで流れ作業のように、下地クリームを塗ってファンデーションをつけて、チークにアイシャドウ…。特に無難でウケのいいカラーのシャドウやチークを見つけると、色も大きく変化つけることなく、長年同じようなメイクを続けておられるかもしれません。


ちょっぴりこのメイクに飽きてきた…、というメイクマンネリ気味の方にオススメしたいのが、「アイライン」を使って顔の印象を変える方法です。


アイラインの引き方によって目を大きく見せられたり、たれ目や釣り目、切れ長の目や丸く甘い目などに変化させることができます。


顔の印象の8割を決定づけるのが「目元」。この目に変化つけることで、毎日雰囲気の違う「あなた」を作ることが出来るんです!


アイラインで作る7つの目元


ななぴ @__nanapgram__

ここから7種類のアイラインの引き方を見ていきましょう。ちょっと長さや角度が変わるだけで、ガラッと印象がかわることに気付くはず!



●可愛い×セクシーなキャッツアイ

@09xsorax06

目尻からぴょんと跳ね上がったラインが可愛い「キャッツアイ」。目を大きく見せる効果と、小悪魔的なあざとさや大人な色気がミックスされた、人気のアイラインです。


長さをほどほどにすれば、オフィスワークにも使えます。



●妖艶な三角アイライン

Non @pipi.n1230

上まぶたの目のふちにアイラインを引くと同時に、二重線の目尻がわに3ミリほどラインを入れるのが流行中。


目を開けると二重のキャッツラインがとっても妖艶で、まるでマンガにでてくる女の子のよう♡



●たれ目アイライン

HAZUKI @hazuki.cosme

彼氏ウケ抜群、これこそ愛される鉄板メイクの「たれ目アイライン」。目じりを跳ねさせるとキュートで元気な女の子になりますが、たれ目にさせると守ってあげたい優しいお嬢様メイクに。


リキッドアイライナーを目の湾曲に合わせて目尻から少し長めに伸ばすのがポイントです。



●オルチャン風アイライン

ずぅ @xxizumiiixx

今流行のオルチャン風メイクにしたければ、目じりのアイラインを少し太目にするのがいいでしょう。


垂れすぎず、跳ねすぎず、目じりでキュッとまとめる感じ。こうすると韓国美人顔に♡



●スイートなピンクアイライン

Non @pipi.n1230

黒だけでなく、ブラウンやピンクなどの暖色系のアイライナーでラインを引くと、肌馴染みもよく、柔らかく甘い雰囲気に仕上げることが出来ます。


いつもとは変わったメイクを試したい場合は、カラーアイライナーを取り入れて見ては?



●目じりくの字アイライン

ななぴ @__nanapgram__

上まぶただけではなく、下まぶたの目尻にもアイラインを少し加えて、くの字にすることで快活でキュートな妹キャラのような雰囲気に。


オレンジのチークやアイシャドウを合わせて、アクティブな女の子を演出して。



●ペンシルで目チカラアイライン

Mari @mari_loves_beauty

目尻を長く伸ばすのではなく、目の輪郭に沿って縁を太く見せるのが「インライン」。


ペンシルでまつげの間を埋めるようにラインをひき、特に黒目の上を太目に線を入れることで、目を大きく見せる効果があります。


目が縦に強調され、ナチュラルだけれど目チカラの強い魅力的なアイになりますよ。



アイラインの伸ばし方、目尻のラインをあげるか下げるかで印象も大きく変わります。惹きこまれそうなネコ目にしたり、守ってあげたくなる優しい目をしたイヌ目にしたり、小悪魔のような色気のある目元にしたり…。その時のTPO、気分、服装に合わせてラインの引き方を変えると毎日違った自分になれて楽しさ倍増に♪

Writer : moli さん
海外と日本を行き来する生活中の主婦です。海外旅行に行けば必ず現地のマッサージを体験します♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking