【体験レポート】プチプラブランドのアイライナー4選♡あなたに合うコスパ最強のアイテムはどれ?

アイライナーって、当たり外れがある。 店頭でしっかりと説明文を読んで確認したつもりでも、帰ってから失敗したと気づいた瞬間、一人むなしくなってしまったり…。 アイライナー本体に問題があるというよりも、やはりアイメイクとはいえ、自分のお肌やまつ毛との相性の良し悪しは存在します。 今回は、プチプラブランドのアイライナーを実際に試してみました。

■太く描きやすい!メイベリンのハイパーシャープライナー R


メイベリンのハイパーシャープ ライナー Rは、細く描きたい人には不向きかもしれません。どちらかというとメイベリンの広告からでも分かるように、アイメイクを強調させたい人におすすめのアイライナーです。


さりげなく、というよりかは、アイラインをしっかり引かないと自分らしくいられないわ、という人におすすめのアイライナーです。


リキッドタイプですが、アイラインを引いた瞬間には、かなり乾いている状態。あまり水や汗で落ちることもなく、夏場でも使えるアイライナーです。


商品:メイベリン/ハイパーシャープライナー R/1,200円


■濃密なアイライナーといえばコレ!リンメルのエグザジェレート ラスティングリキッドアイライナー WP


実際に使ってみると分かりますが、あまりにじみにくく、メイベリンのアイライナーと同様にしっかりアイラインを引きたい人におすすめです。色も他のメーカーと比べると、やや濃い目。アイメイク重視の女子にも、もちろんおすすめ!


リンメルといえば、人気アイメイクコスメが揃っているイメージ。アイライナーに関しても、とても使いやすく、メイク崩れもあまり気になりません。24時間の持続性があるとか。安心して使えるアイライナーです。


商品:リンメル/エグザジェレート ラスティングリキッドアイライナー WP/1,100円


■安くてついリピート!セザンヌの極細アイライナーR


セザンヌの極細アイライナー R(毛筆タイプ)は、メイベリンやマジョマジョとは違って細く描きたい人におすすめです。


まぶたにしっかりとアイラインを引きたいという人よりも、少しだけラインを描きたい、あくまでもナチュラルメイクが好き、という女子におすすめのアイライナーです。


とても繊細なアイライナーで、まつ毛とまつ毛を埋める作業には、まさにぴったりのアイテム。お湯で簡単に落とせるから、コスパ的にはかなり高評価をつけられるコスメではないでしょうか。


商品:セザンヌ/極細アイライナー R/580円


■小さくて可愛い!キャンメイクのクイックイージーアイライナー


もう一つチェックしておきたいプチプラコスメブランドといえば、キャンメイク。キャンメイクからも優秀なアイライナーが登場しています。それがクイックイージーアイライナー。


こちらは、かなり極細タイプで、アイライナー自体の大きさもかなり小さめにつくられています。ポーチに入れやすいサイズで持ち運ぶのに便利。


にじみにくく、落ちにくく、もちろんウォータープルーフ対応のアイライナーです。美容保湿成分も配合されていて、まさに上質なコスメ。一度使ったら、やみつきになるアイライナーです♡


商品:キャンメイク/クイックイージーアイライナー/500円



プチプラコスメって、安くて本当に使いやすい!

たまにハイブランドへ浮気したくもなりますが、最終的にはプチプラコスメで落ち着く女子が多いはず。

アイメイクをより美しく仕上げたくなったら、アイライナーを新調してみてはいかが?

Writer : ericaaa811 さん
恋愛コラムニストとして月間300記事以上を執筆中。モットーは瞬間を生きる。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking