冷静に、慌てずに。喧嘩をしてもちゃんと仲直りできる秘訣が知りたい♡

喧嘩をすると、毎回大変。 最初は小さなことがきっかけだったはずなのに、いつの間にか別れるとか別れないとかの話になって、最終的には別れたりくっついたりの繰り返し…。 いくら「喧嘩するほど仲がいい」という言葉があっても限度があります。 そろそろ二人の関係を安定させたいですよね? 今回は、喧嘩をしてもちゃんと仲直りできる秘訣をご紹介します。

冷静になるまで放っておく


Dragon Images/Shutterstock.co

喧嘩をすると、ほとんどの場合が話し合いになります。

大抵、どちらかが不満を持ち始めたタイミングで喧嘩へと発展する流れになっているはず…。

とはいえ、話し合いがヒートアップすれば口もききたくないと思うのは当たり前。


大切なのは、それ以上お互いを傷つける前に距離を置くこと。

冷静になれていない状態で話し合っても、不思議とそういうときは解決せずさらに大喧嘩へと発展するもの。


お互いが冷静になれるまでは、基本的に放置。

話し合うべきタイミングが来れば、どちらかが連絡をとり自然な流れで話し合うことになります。

導火線がついているままで話し合うのはとても危険なのです。


LINEではなく直接会って話し合いをする


wavebreakmedia/Shutterstock.com

私自身もよくやっていたことですが、二人の関係がぎすぎすし始めるとそれ以上関係を壊したくなくて、LINE上でどうにか一定の結論を出したくなりませんか?


LINE上なら絵文字も使えるし、最悪の場合はスタンプも使える…。

ところがLINEやメールの場合、どうしても文章力が必要になってタイミングも読まなければいけません。


直接会って話し合うときよりも、実はかなり難しい!

画面では「何でもないよ」「大丈夫だよ」と言っていても、本当は大丈夫ではないことがほとんど。


直接会っていれば、お互いの表情も確認できてLINEやメールよりも効率的に話し合いが進められるのです。

そろそろ携帯頼りの関係から卒業してみては?


LINEの返信が途絶えても追いかけない


Champion studio/Shutterstock.com

二人の関係が不安定になると、おそらく彼からの返信も途絶えがちになります。

そうなってくると女性側としては不安で仕方がない状態に。


このまま別れたらどうしよう、フラれたらやっていけない、とありとあらゆることを考えすぎた結果、一人空回りしているときも多々あるはず…。

お互いにモヤモヤしているときは、冒頭でも述べたように基本的には放置していることが一番お互いのためになります。


LINEの返信が途絶えても基本的には追いかけないこと。

「気持ちの整理が終わったら連絡をしてほしい」と一言だけ伝えてあとはサッと身を引けば、彼もゆっくり考えたうえで、これからどうしたいのか、何が引っかかったのかを伝えてきます。


自然と元に戻るタイミングが訪れるまでは、流れに逆らわずどしっとゆったり構えていましょう♡


第三者を交えない


Iryna Inshyna/Shutterstock.com

大人になっても彼氏と喧嘩をするたびに親友を交えて話し合いをする人がいます。


きっと二人だけで向き合うのが怖くて、第三者を交えてしまうのでしょう。

しかし第三者を交えると、二人だけで解決することもできなくなる可能性があります。


私の友人には、毎回第三者を交えて彼氏と話し合いをする人がいますが、いつも解決できず、そのまま別れる人がいます。

話を聞いていると、第三者(彼女の親友)は公平な立場というよりも、二人のいざこざを楽しんでいる気配があったのです。


本当に信頼できる第三者であればまだ問題ないのかもいれませんが、二人だけの問題に積極的に首を突っ込むような人は信頼できません。


あくまでも二人の問題は二人だけで解決するのが基本です。

彼以外の人までに依存しないように気をつけて。



夫婦になっても喧嘩をするときはたくさんあります。

だから喧嘩をしたくらいで、不安がる必要はありません。

大喧嘩をしても冷静に対処すればきっと大丈夫♡

(PR)
いかがでしたでしょうか。

みなさんそれぞれ悩みがあると思います。
一人で抱え込まずに、相談することで悩みが軽くなることもありますよね。
友達や家族への相談が難しい場合は、専門家の人に相談してみてはいかがでしょうか。


トークCAREはLINEが提供するサービスなので、LINEで簡単に利用ができます。
Writer : ericaaa811 さん
恋愛コラムニストとして月間300記事以上を執筆中。モットーは瞬間を生きる。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking