2018年は恋愛を学ぶ♡恋をする上で知っておきたいポイント4つ

「今年はいい恋をするぞ!」と意気込んだものの、恋愛なんて久しくしていないから何をどうすればいいのかわからない!という人も多いのではないでしょうか。今回は、2018年、素敵な恋愛をする上で知っておきたいポイントをご紹介していきます♪

1.恋愛の基本のキは「自分を好きになる」こと


drubig-photo/stock.adobe.com

彼氏持ちの友人や、既婚の友人に囲まれて、ついつい「私なんて・・・」と自分を卑下してはいませんか?


自分に自信を持つのは、いい恋愛をする上での基本。

特に社会人同士の恋愛は、自立した男女同士だからこそ素敵に輝くものです。


自分に自信なんか持てないという人は、まずは1日ひとつ、自分のことを褒めてあげてください。

心の中でも、声を出していうのでもよし。

外見や内面を磨いていい女になることは、いい男を呼び寄せる第一歩です。


エステに行ったり、BAさんからメイクアドバイスを受けたり、ダイエットをしたり。

自分に自信が出れば自然と明るくなり、運気もアップし、いいお相手に巡り会えるかもしれません♪


2.忍耐力のある女になろう


Astarot/stock.adobe.com

片思いの彼がいるなら、「忍耐力」を身につけるのも大切なポイントです。

気がついたら自分ばかりがLINEを送っている、いつも自分ばかりがデートに誘っているなんてことになってはいませんか?


多くの男性は基本的に「追われるより追いたい」タイプです。

自分は何もせずとも女性の方からアプローチがたくさんあれば「わざわざ自分から誘う必要もない」と思ってしまいます。


彼の狩猟心をくすぐるためにも、忍耐力のある女性になりましょう。


3.「おせっかい」と「気遣い」の違いを知ろう


Rido/stock.adobe.com

付き合ってから、あるいは付き合う前から世話を焼きすぎる女性は、彼をダメな男にしてしまいます。

付き合った彼には、身の回りのことをなんでもやってあげちゃう!という女性も多いですが、安心感を与えすぎて彼女というよりも、お母さんのようなポジションになってしまいますので要注意を。


いい恋愛をする上で大切なポイントは、おせっかいを焼くのではなく、さりげない気遣いをしてあげることです。

めでたく気になる彼と付き合えたのなら、家では互いに好きなことをして自分の時間を大切に過ごしてください。

その中でも、外出先では彼を立てながら、お店に入ったらさりげなく靴を揃えてあげたり、コートをかけてあげたりと、些細な気遣いをすることで、女性としての魅力もアップしますよ。


4.ダメ男を見極める目を養おう


kelly marken/stock.adobe.com

そもそも気になる彼もいない!という人は、ダメな男に引っかからないように男性を見極める力を培っておくのが大切です。

では、どんなタイプがダメな男なのでしょうか?ポイントを見ていきましょう。


①ギャンブル好きでお金の管理ができない

恋人同士、さらには結婚まで視野に入れるなら、金銭管理がしっかりできる男性を選ぶのはマスト。

ギャンブル好きな男はNGです。

中にはギャンブルだけでなく、キャバクラにハマったりゲームにハマって課金ばかりしているなど、お金の使い方が雑な男性は避けたほうがいいでしょう。


②ネガティブ

何かにつけて「俺なんか」と話すネガティブ男は、一緒にいるだけで気分も下がり雰囲気も悪くなってしまいます。

こちらのテンションも下がってしまいますし、おだてることに必死になって疲れてしまいます。


③女好き

大体の男性は女好きですが、自制心がなく浮気ばかりする男性は典型的なダメ男と言えるでしょう。

会えない日数が続いただけですぐに他の女性と連絡を取り合う、女性が友達と遊びに行っている間に他の女性を家に連れ込むなど、そのダメっぷりは計り知れません。

自分ひとりの時間もしっかりと楽しめる男性を選ぶようにしましょう。



いかがでしたか?

素敵な恋愛をするためのポイントを4つご紹介しました。

まだ好きな人ができていない人、彼となかなか進展しない人、付き合っている彼ともっと仲を深めたい人など、恋愛模様もさまざまかと思います。

自分に自信を持って、今年一年は恋愛をたっぷり楽しみましょう!

(PR)
いかがでしたでしょうか。

みなさんそれぞれ悩みがあると思います。
一人で抱え込まずに、相談することで悩みが軽くなることもありますよね。
友達や家族への相談が難しい場合は、専門家の人に相談してみてはいかがでしょうか。


トークCAREはLINEが提供するサービスなので、LINEで簡単に利用ができます。
Writer : qo6263 さん
美容に関心があります。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking