年齢は手元に出る!40代からおすすめするケアハンドクリーム4選

乾燥が深刻になる季節です。顔や身体の保湿ケアは入念にしていても、水仕事などで酷使する手はいつもカサカサになっていませんか?乾燥をそのままにしているとシワやシミなどエイジングトラブルの原因にも。40代からのハンドケアにおすすめのハンドクリームをご紹介します。

ハンドケアが大切な理由



顔の保湿ケアは念入りにしているけれど、手元を見たらカサカサでシワシワになっている、なんてことはありませんか?

手元って意外と人に見られている部分。

顔の肌は若々しいのに、手元がシワやシミだらけだと、年齢よりも老けて見られてしまうこともあります。


年齢を重ねても、しっとりとしてハリがある美しい手元をキープしたいですね。

実は顔と同じように、手元も乾燥や紫外線、加齢が原因でシワやシミが出来てしまうんです。


手元は水仕事をしたりして、乾燥や洗剤による手荒れなども起こしやすいパーツ。

また、紫外線カットを忘れてしまい、強い日差しにさらされることも多いのです。


そんなダメージが積み重なってしまうと、手元にうるおいやハリが無くなり、シワやシミが現れてきます。

そうなる前にハンドケアを毎日の習慣にして、若々しい手元をキープすることが大切ですね。


若々しい手元に導くハンドケア



ハンドケアも顔の肌同様、基本のケアは保湿です。

ハンドクリームを欠かさずにつけて、うるおいを与え、乾燥を防ぐことが重要です。


手洗いや食器洗いをした後は、なるべくすぐに濡れた手をふきましょう。

水分が蒸発する時に一緒に手元のうるおいも奪われてしまいます。

その後必ずハンドクリームで保湿することを忘れずに。


またシワやシミ予防のためには、顔と同様紫外線カットを行うことが大切です。

紫外線カット効果のあるハンドクリームを使用するか、手袋をつけるなど、直接日差しにさらされないように気をつけたいですね。


おすすめのエイジングケアハンドクリーム


アトリックス ビューティーチャージ



<商品>

アトリックス ビューティーチャージ /オープン価格


角層の奥までしっかりと浸透するヒアルロン酸EXと植物性コラーゲンC配合の美容液ハンドクリームです。

なめらかで伸ばしやすく、べたつかない使用感なので、乾燥が気になった時にこまめにつけやすいクリームです。

無香料のタイプは食事の時などに邪魔にならず、使いやすいのも嬉しいポイントですね。


米肌 活潤ハンドクリーム


<商品>

米肌 活潤ハンドクリーム /1,500円(税抜き)


化粧品ブランドから発売されているハンドクリームなら、美肌効果に期待がもてますね。

米肌のハンドクリームは、発酵ヒアルロン酸やローヤルゼリーエキス、ザクロエキスなどのうるおいハリ弾力成分と、米ぬかから抽出された植物ロウを始めとしたエモリエント成分が豊富に配合されています。


うるおいガード処方で、水仕事や手洗いで奪われがちな手元のうるおいをしっかり守ってくれる効果も。

ほんのりとしたピンク色のクリームなので、肌の明るさをアップして、透明感を与えてくれる効果もありますよ♪

お出かけ前にひと塗りすれば、美しい手元に見せてくれますね!


シャネル ラ クレーム マン



<商品>

シャネル ラ クレーム マン /5,800円(税抜き)


ハイプレステージブランドのシャネルからは、可愛らしい卵型のハンドクリームが発売され話題となっています。

容器の側面を押すと適量のハンドクリームが出てくるという設計。

機能性とデザイン性を兼ね備えたパッケージは、シャネルならでは!


とろけるようなテクスチャーでべたつかず、さらりと使えるので、外出先での塗りなおしにも最適ですね。

華やかなフレッシュフローラルの香りも気分を高めてくれそうです。

バッグの中に忍ばせておけば、ハンドクリームを塗りなおす時に優雅な気分に浸れるかもしれません♪


ニュートロジーナ インテンスリペア ハンドクリーム



<商品>

ニュートロジーナ インテンスリペア ハンドクリーム /オープン価格


何をしてもガサガサ、という手ごわい乾燥には、医療でも使われる高純度のグリセリンが配合されているこちらがおすすめです。

アラントインやパンテノールなどの荒れた肌を整える成分も配合されているので、肌をなめらかにしてくれる効果も期待出来ますよ。



いかがでしたか?

手元が美しいと指輪などのジュエリーも一層映えます。

保湿やエイジングケアを毎日の習慣に取り入れて、すべすべのうるおい手肌を手に入れましょう♪

関連記事

Writer : cobayu さん
40代の一児ママです。女性はいつまでも美しさをレベルアップできると信じて!一緒に美を磨きましょう☆

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking