アイス好き集まれ♡ブルーシールのアイスパークってどんなところ?

アメリカ生まれ、沖縄育ちのアイスクリーム店「ブルーシール」はご存知ですか?約70年沖縄で親しまれてきたブルーシールが、「食べるだけのアイスから楽しむためのアイスへ」と、アイスクリーム作りの体験や歴史を学べる「ブルーシール アイスパーク」をオープン!今回は、そのアイスパークの魅力に迫ります!

そもそも、ブルーシールってどんなアイス屋さん?




ブルーシールは、沖縄を中心に全国展開をしているアイスクリームブランド。

「アメリカ生まれ」というだけあって、アメリカンな店構えが印象的な沖縄の定番アイスクリーム屋さんです。

王道のバニラやチョコといったフレーバーはもちろん、ハワイなど南国産の食材を使った変わりダネフレーバーも人気。

常時30種類以上のそろうフレーバーは、どれも沖縄の高温多湿な気候に合うように作られているのです。

沖縄以外には、空港や首都高速のPAでお目にかかることができるブルーシール。

そんなに遠出できない!という人のために、通販でカップ商品やアイスギフトを購入できますので、気になる方はぜひお試しあれ!


ブルーシールでアイスクリーム製造の見学をしよう




さて、そんなブルーシールから、アイスクリームを食べるだけではなくもっと楽しんでほしいと工場見学などができる施設「ブルーシール アイスパーク」が沖縄県浦添市に誕生。ブルーシール牧港本店の隣に施設を構えています。

ポップでカラフルな店内は、一歩足を踏み入れた途端にお菓子の国に来たような印象。ワクワクすること間違いなしです。

ブルーシールの歴史を学べる「ヒストリーゾーン」、アイスが保管されるマイナス20℃の世界を体験できる「冷凍庫体験」のほか、「ミニプラント」アイスクリームを製造する過程を知ルことができる工場見学ゾーンも用意されています。

普段食べているアイスクリームがどのようにできているのか、アイスパークでじっくり見学しちゃいましょう♪


子どもから大人まで楽しめる!体験メニューも♪


funkyfrogstock/stock.adobe.com

※画像はイメージです

さらに、アイスパークでは子どもだけでなく大人も楽しめる「オリジナルアイスバーづくり体験」も行っています。

好きなフレーバー、好きな形のアイスバーにチョコをコーティングし、ペンで絵を描いてトッピングを施せば、世界に一つのオリジナルアイスバーが完成。

親子で作るのはもちろん、デートとして足を運んでみてもいいですね。


料金や予約方法は?




オリジナルアイスバー作りは有料で、体験料は一人1,000円。

また、オリジナルアイスバー作り体験をした人のみ、工場見学と冷凍庫体験ができます。アイスバー作りは1日5回開催で、予約制。

予約は下記サイトよりできますよ♪



いかがでしたか?

沖縄育ちのアイスクリーム専門店「ブルーシール」が提案する、新しいアイスクリームの楽しみ方。

沖縄旅行に行く際は、家族や友人、恋人とアイスクリームの世界を体験してみてください!

Writer : qo6263 さん
美容に関心があります。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking