メイクのノリが気になったら…40代からの失敗しないメイク術をチェック!

アラフォーの年齢になってくると悩みがちなメイクのり。 ふと気が付くとメイクが上手くお肌になじまなくなっていたり、お肌の調子もイマイチなんて経験もあるのではないでしょうか。 そんな悩みの原因や40代からのメイク術を徹底調査しました♪

まずは土台でもある素肌ケアから♡



メイクのりが悪くなる原因として挙げられるのは、


乾燥

油分と水分のバランスのくずれ

角質肥厚


と言われています。


まずは、土台でもある素肌のケアから見直してみましょう♪


脱・年齢肌!まずは徹底的な保湿から♡



スキンケアの基本はまず「保湿」です。


でもお肌がごわついて感じる時には保湿の前に低刺激のゴマージュやクレイパックなどで角質ケアをしておくことが必要です。角質ケアの後は、シートマスクやスチームなどを使って、時間をかけてしっかり保湿しましょう♪


しっかりと保湿をした後は、乳液やクリームなどの油分を補給し、水分が蒸発してしまわないように蓋をしましょう。


エステに行った後のようなふかふかした触り心地を目指して、とにかく保湿に重点を置いてみることがおすすめです♡


40代の肌には透明感を作り出す♡



化粧のりを良くしてくれるベースの化粧下地はさまざまなタイプがあります。


素肌とファンデーションの間の役割をしてくれる下地は、お肌の状態に合った物を選ばないと化粧崩れの原因になることあるので、自分に合った物をしっかりと選んでみることが大切です♡


また年齢を重ねた40代のお肌はコンシーラーなどを使って透明感を出してあげるとお顔全体にも華やかさが増します。


パール入りの下地やコンシーラーをファンデーション前にプラスしておくのもいいかもしれませんね♪


ファンデーションの塗り方にもひと工夫♡



リキッドファンデーションやパウダーファンデーションなど選び方はさまざまですが、塗り方を工夫すると、お顔の印象も変わってきます。


リキッドファンデーションの場合、しっかりカバーしたい時は手で伸ばした後にスポンジを使ってなじませましょう♪


また、手に抵抗がある人はブラシを使って顔に付けていくこともおすすめです。スポンジで軽く押しなじませると余分なファンデーションが取れナチュラルな仕上がりにもなります。


パウダーファンデーションの場合もスポンジかブラシを使用しますが、ブラシの場合は顔に乗せる前にティッシュなどの上で少しクルクルとブラシを動かせてブラシの中の粉を均等にしてから付けましょう♪


スポンジは軽く濡らしたウエットな状態で使用してマットな仕上がりにすることもできます。


同じ色味の化粧を続けていると老けた印象に見られるかも?!



アラフォーの年齢になってくるとアイシャドウなど、ついついいつもの安全な色味を選び冒険できなくなってしまいがちです。


急に派手な色味を選ぶ必要はないですが、ブラウン系ならバーガンディなど少し明るい色味を足してみたり、くすみがちな40代の肌には目の周りも明るいハイライトを入れるなど意識して色味を選ぶとまた新しい自分を発見できるかもしれません♪


手を抜きがちな唇をぷっくりさせるだけで-5歳に♡



案外見落としがちなリップメイク♪40代は唇だって年齢を重ねています。

しわしわカサカサではせっかくのメイクが台無しです。艶々ぷっくりなクチビルで手抜きなしのメイクに仕上げましょう♡


リップメイクには、しっかりとリップペンシルでラインを描き、口紅、リップグロスを使っていきます。リップグロスは少しパール感のあるものを使用すると、よりぷっくりした印象になります♪


またベージュなどのナチュラルな色味でも、ラインをしっかり取っておくとヌーディな大人っぽい仕上がりになりますよ♡



いかがでしたか?40代になってくると今までとは違ったお肌の変わり目を迎えていたりしてメイクのノリも悪くなりがちです。年齢に合った素肌の整え方、メイクの仕方や色の選び方で、より自分らしい華やかさを表現できたら素敵ですね♡

関連記事

Writer : cassis さん
ワンコを愛するネイリストです。ネイリスト歴15年♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking