いまさら聞けない…!ネイル初心者さんのための基本のセルフネイル講座♪

ネイルサロンに行きたいけど時間もお金もかかるので、自分でなんとかしたい! でも全然上手く塗れないし、乾く前によれてしまったりムラになったり・・とセルフネイルの悩みはつきませんよね。 最近は、セルフネイルでも楽しめるシールやストーンなどアイテムも豊富に販売されています♪ いろんなアイテムを使って可愛いネイルがしたい♡という初心者さんでもネイルを楽しめるように基本のセルフネイルが上達するコツをまとめてみました♡

塗る前の下準備でマニキュアの持ちも違ってくる♪


Andrey Popov/ stock.adobe.com

まず塗る前の準備ですが、爪の周りには甘皮や角質が付いている場合がほとんどです。

この角質を無視して塗り始めると、マニキュアが付いてしまってよれたり、乾いてからも剥がれの原因にもなり見た目が悪くなります。


エタノールなどを付けた綿棒などでも大丈夫なので、優しく爪の生え際をぐるりと掃除するように軽く押し上げていきましょう。

お湯などでしばらく指先をふやかすと角質が柔らかくなり取りやすくなります♪


爪周りの甘皮などを押しあげた後は、コットンなどに同じくエタノールを含ませて爪表面の油分をキレイに取り除きます。


手抜きせずにベースコートは絶対塗るべし♪


satsuki @satsuki_m_orisue

マニキュアを塗る際に外せないベースコートは、密着を高めたり、カラーのマニキュアの爪への色素沈着を防ぐ役割があります。

トップコートとベースコートが併用出来る物も販売されているので、ぜひ1つは持っておきたいアイテムです♪


爪の生え際に付かないように糸一本分空けるような気持ちで塗ってみましょう。

爪のエッジと言われる先端部分も忘れずに塗りましょう♪


塗りにくいと思ったらテーブルに固定してみる♪


varts/ stock.adobe.com

自分で塗る際に、利き手で反対の手を塗るのはやりやすいですが、反対はなかなか難しく感じますよね。

そんな時は、テーブルにペタンと手を置いて塗ってみましょう♪

不安定に持ち上げて塗るよりは塗りやすくなります♡


またカラーは2度塗りが基本です♪

1度にたっぷり塗ってしまうと乾かないだけでなく、重ねる時によれることがあります。

色がなかなか出ない時は、薄く塗り重ねる方が乾きも早くムラにもなりません♡

ベースコートと同じく先端部分も忘れずに塗りましょう。


シールやストーンはトップコート前に♪


canon0k73 @canon0k73

ストーンなどのパーツを乗せる時は、トップコートを少し乗せてその上にストーンを置く方法もありますが、取れてしまいやすいので、より強固に固定できるネイル用の接着剤を使う方がおすすめです♪


シールなどは、下のカラーリングがよれないように少し表面が乾いてから貼るようにしましょう。


またトップコートを塗る前には、はみ出したカラーのマニキュアなどはスティックなどに薄くコットンを巻き付けて除光液を浸し、はみ出した個所を優しく擦って取り除いておきましょう♡


マニキュアを早く乾かせたい時には♡


mami @mami__nail

トップコートまで頑張って塗ったネイル。

乾いたタイミングが分からず、せっかく塗ったのによれてしまったりしたらショックですよね。

マニキュアが完全に乾くまでには、マニキュアの種類にもよりますが8時間から12時間はかかるとも言われています。


巷では、氷水に浸けるやオリーブオイルを上から塗るなんていう裏ワザもありますが一番におすすめしたいのはネイル速乾剤を垂らす方法です。

ネイル表面の乾きを早めてくれるので、強く擦らない以外は手先を使用しやすくなり多くのネイルサロンでもマニキュアの最後にはこの速乾剤を使用しています。


市販もされていて種類も豊富なので持っておくと安心かもしれませんね♪



いかがでしたか?

セルフネイルでも最近はたくさんのアイテムも販売されているので、サロンでしたような上級者ネイルを完成させることもできます♡

まずは、カラーリングの基本をマスターしセルフネイルを楽しんでみてはいかがでしょうか♪

Writer : cassis さん
ワンコを愛するネイリストです。ネイリスト歴15年♪
クリスマス特集

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking