冬に無性に飲みたくなる飲む点滴「甘酒」その効能って何?

寒い冬になると、何となく身体が欲するのが「甘酒」。普段甘いものを食べない&飲まない人でも、身体が疲れてくると甘酒を欲するのは何故?答えはその効能に隠されていました!!思ったより簡単に作れる甘酒。炊飯器一つで作れるので、出勤前に仕込んで帰宅後に飲むのもおススメですよ♪

甘酒は身体に優しい発酵食品




出典:jp.pinterest.com

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、パントテン酸・ビオチンといった天然吸収ビタミンや、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、システイン、アルギニン、グルタミンなどの必須アミノ酸、そして大量のブドウ糖が含まれているわけで、元気が出ないわけがない!

出典:amasake-chaya.jp


甘酒は、日本版「飲むヨーグルト」と言われる日本古来の発酵飲料です。

米麹と米を使って発酵させたプツプツの入っているものと、家庭で気軽に時間を掛けずに濃厚な甘さが楽しめる酒粕に砂糖を加えて作った甘酒があります。

どちらもアミノ酸と食物繊維をたっぷり含んだ体に優しい飲み物。

飲む時間は朝一番がおススメです。

 

一番の効能は体が温まること



出典:weheartit.com


本当の甘酒は、発酵した成分をお湯で割ったり夏は氷を入れてアイスでいただいたりします。

寒い季節は甘酒の成分、ビタミンB2やアミノ酸などが体を温めるのに一役買ってくれます。

コーヒーや紅茶のカフェインは利尿作用で血圧を下げて体温を奪ってしまうので、温かい甘酒や豆乳・牛乳などが冬の飲み物としてはおススメなのです。

 

頭の働きも良くなるんです!



出典:weheartit.com


是非、明日の食後の飲み物を甘酒にしてみて下さい。

基礎代謝量が変わったり、糖分を含む成分が脳を活性化して頭の働きも良くなりますよ♪

朝一杯の甘酒でお昼頃まで効果はもちます。

今日は忙しいぞ!!という日は、アミノ酸やブドウ糖の力を借りて いつもより張り切って仕事しちゃいましょう♪

月末や年末年始に是非力を借りたい飲み物です♡

 

 

ココだけは気を付けて!!甘酒で酔う人も・・・



出典:jp.pinterest.com


米と麹だけで6時間~8時間ほど発酵させて作った甘酒は基本はノンアルコールです。

しかし、麹の種類や作り方によっては微量なアルコールが含まれる場合も。


そして、気を付けなければいけないのが、酒粕と砂糖を使って作った甘酒です。

こちらは微量ですが、確実にアルコールが含まれています。

アルコールを摂取する事によって、酔っぱらってしまう体質の方も居ますので、小さな子供さんや、運転前には要注意です。

 

酒粕を使った甘酒は良く沸騰させればアルコールは飛びますが、アルコールを摂取する事によって逆に身体が疲れてしまう体質の方もいらっしゃいます。

その点だけ気を付けて美味しいからと沢山摂取せず、コップ1杯程の適量を心がけましょうね♡

 

 

いかがでしたか?

甘酒は案外簡単に作れます。

作る時間が無い方はスーパーなどでも簡単に手に入ります。

お休みの日に6時間から8時間かけて、是非炊飯器やヨーグルトメーカー・魔法瓶を使って麹と米から甘酒を作ってみて下さい♪

自然の甘みにホッコリしますよ♡

関連記事

Writer : LEON さん
海とワインを愛する主婦 趣味はドライブ 悩みはシミそばかすなどの肌トラブルやアレルギー
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking